クレジットカードで学生用のもの(学生カード)正解の一枚は? ~選び方から申込方法まで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生向けクレジットカード正解の1枚は?

クレジットカードといえば、海外渡航の必需品であり、Apple Payなどに必要だったりと、いろんな場面で活躍するアイテムです。学生生活でも持っていればけっこうメリットが!

でも、申し込みには審査があるのも事実。「審査ってなにするの?」、「そもそも学生でもカードってつくれるの?」、「カードってなんか危ないイメージあるんだけど…」など、つくるの迷う学生のかたもいると思います。

ただし、はっきり言って大学生のうちにクレジットカードをつくらないのはもったいない!!

というのも、実は学生向けのクレジットカードというものがあるんです。それらは基本的に年会費無料。しかもサービスの優遇などもあります。

また、学生でも持ちやすい一般カードも。こちらは卒業後もずっとサービスが同じなので安心です。

そこで、このページでは大学生など、はじめてカードをつくる方におすすめな9枚をご紹介。同時にクレジットカード自体のメリット、デメリットなども説明していきます。

このページを見れば、すぐにもカードライフがスタートできます(申し込まないと何も始まりませんよ)。

▶この記事を30秒で読む

JCB CARD W

まず、紹介したいのが「JCBカード W」。日本生まれのカードブランドJCBが直接発行するカードをお得に手にできます。

「JCB CARD W / JCB CARD W plus Lのご紹介」

JCBカードが年会費無料に

JCBカードWは年会費無料。しかも、期間なし!実はJCBが直接出しているカードの中ではかなり貴重です(ちなみに一般カードだと年会費は1,250円+税)。これだけでもかなりお得です。

ポイント還元率がなんと2倍!

JCBカードのポイントは「Oki Dokiポイント」。一般カードだと還元率は基本で0.5%と、カードの中では一般的です。が、Wだとこれが2倍(1.0%)に。カードの中でもけっこうな高還元率です。

また、還元率が上がる特約店で使えばさらに還元率がUP!しかも、Wなら特約店でもさらに上がります(+0.5%)。JCBは特約店もよく使う店が多いので、ポイントがけっこう貯まりますよ。

JCB特約店の還元率

特約店 JCB一般カード JCBカードW
スターバックス 2.5% 3.0%
セブンイレブン 1.5% 2.0%
イトーヨードー 1.5% 2.0%
Amazon 1.5% 2.0%
エッソ・モービル・ゼネラル 1.0% 1.5%

「ポイント2倍はあたりまえ」

年会費無料でも充実の付帯保険

JCBカードは一般カードからでも付帯保険が充実しています。もちろん、Wも同じ。

付帯は、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と、最高100万円のショッピング保険。年会費無料でこれだけの充実はなかなかありませんよ!

女性なら「Plus L」を

女性向けのWが「JCBカード W plus L」!こちらはWのサービスに加え、女性専用カード「JCB LINDA」の次のサービスも利用できます

LINDAリーグ

L’OCCITANEやABISTEなどキレイに関する情報がいち早く届くLINDA限定サイト。流行とオシャレに敏感な女性にとって、うれしいサービスです。

お守リンダ

女性特定がんなどを補償する保険が選べます。こちらは別に保険料が必要ですが、月あたり30~390円なので無理なく加入できます。

もはやEXTAGEよりW!

JCBには学生専用の「JCB EXTAGE」があります。年会費無料で還元率がUPになったりと、Wに似たカードです。ただし、特典の多くが更新(最大5年間)でなくなってしまうのが残念なカードでした。

そこに特典がずっと変わらない「JCBカード W」が登場。これによりハッキリいって、EXTAGEのメリットが半減に…。EXTAGEの対象年齢18~29歳でもWのほうがおすすめです。

ただ、ゴールドカードを申し込むなら、若者限定の「JCB GOLD EXTAGE」をおすすめします。

デメリット

海外ではちょっと不安

JCBというと不安なのが海外利用。ただ、Discover cardとの提携でアメリカ全土で使えるようになっています。

また、ハワイなど定番観光地では、VISAやMasterCardよりもむしろ利用しやすいくらいです。

詳細についてはコチラでもどうぞ

JCBカードの詳細

カード名 JCB CARD W
年会費 無料
申込対象 18歳以上39歳まで(高校生を除く)
国際ブランド JCBロゴ
ポイント Oki Dokiポイント
ETC 無料
家族カード 無料
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
キャッシング 可能
Apple Pay 対応

楽天カード アカデミー

CMでおなじみ楽天カードの学生専用が「楽天カード アカデミー」。楽天ポイントをガンガン貯めることができます。

「新・カンタン申込み篇」

ポイントでかなりお得になる

基本還元率が1%

楽天カードの基本還元率は1%。他の多くが0.5%なのに対して2倍です。つまり、ポイントで見れば、基本でも楽天カードは2倍お得ってことになります。

楽天市場などでさらにお得

楽天市場では、カードを利用すればポイントが3%に。さらにアプリなどを使えば、最大6%にアップします。

楽天市場での還元率

利用方法 還元率
通常のポイント 1%
楽天カードでの支払い +3%
楽天市場アプリ
(月1回以上の購入)
+1%
楽天モバイル会員 +1%

楽天市場で何でも揃うことを考えれば、かなりお得にできますよ。

ポイントが使いやすい

楽天ポイントは1ポイント=1円で楽天のサービスなどに使えます。楽天のサービスは楽天市場だけではありません。旅行からクルマ、投資信託までポイントが使えますよ。

年会費がずっと無料

楽天カードは通常のカードも年会費無料。卒業後も変わらず維持費をかけずに持ち続けられます。

海外旅行傷害保険が付帯

海外旅行傷害保険も最高2,000万円までの補償が付帯。

本・DVDなどがさらにお得

楽天カード アカデミーだけに、さらにポイントがお得になるサービスも。

楽天カードアカデミーの特典

サービス 対象商品 還元率
楽天ブックス 本・DVDなど 5%
楽天トラベル 高速バス予約 3%
楽天ダウンロード 本・DVDなど 3%

デメリット

ETCカードが年会費有料

本体カードは無料なのに、ETCカードには年会費500円+税が…。ETCを使う方にとっては実質年会費が発生します。

キャッシング機能が使えない

楽天カード アカデミーは、カード自体にキャッシング機能が付いていません。楽天カードにはあるので、必要なら普通の楽天カードに申し込んでみるもありかも…。

詳細についてはコチラでもどうぞ

楽天カード アカデミーの詳細

カード名 楽天カード アカデミー
年会費 無料
申込対象 18歳以上28歳まで(高校生を除く・学生のみ)
国際ブランド VISAJCBロゴマスターカード
ポイント 楽天スーパーポイント
ETC 年会費500円+税
家族カード なし
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 なし
キャッシング 不可
Apple Pay 対応

三井住友VISAカード

三井住友VISAにも学生・若者専用の「三井住友VISAデビュープラス」があります。

ただし、実は一般カードの「三井住友VISAクラシックカード」にも学生向けのサービスが。どちらもお得に使えます。

VISAの高ステータスカード

三井住友VISAカードは、日本で最初のVISAカードです。直接発行ではないですが、プロパーに近いカードとされています。

日本でも世界でも広く使える

VISAといえば、MasterCardと並んで世界的に使えるクレジットカードブランドとして有名です。

カードが使えない時の悲しさもVISAなら遭わずに済みます。

ブランド 利用地域 加盟店
VISA 全世界 4,000万以上
マスターカードロゴ 全世界 3,800万以上
JCB 日本・アジア中心 3,000万以上
アメリカン・エキスプレス アメリカ中心 2,300万以上
ユニオンペイ 中国中心 1,000万以上

学生優遇のカードが豊富

三井住友VISAカードには、学生が優遇されるカードが豊富にあります。自分にあった1枚を選べるのも大きなメリットです。

三井住友VISAデビュープラス

18歳~25歳までの専用カードが「三井住友VISAデビュープラス」。年会費1,250円+税ですが、年1回以上の利用で無料になります。

ポイント還元が2倍、入会後3ヵ月間は5倍です。ただし、旅行傷害保険は付きません。

デビュープラスカードは、学生向けと社会人向けの差はほぼありません。ただし、社会人向けは更新時にプライムゴールドへ変更されます。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAの一般カードが「三井住友VISAクラシックカード」です。こちらは学生・若者専用ではありませんが、学生の間は年会費無料

海外旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯するので、クレジットカードとしてのサービスは十分使えます。

三井住友VISAクラシックカードA

パワーアップした三井住友VISAクラシックカードの「三井住友VISAクラシックカードA」です。学生の間は年会費がたった125円

こちらは旅行傷害保険の対象に国内旅行がプラス。最高額もUPします。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAカードが女性専用カードが「三井住友VISAアミティエカード」です。こちらも学生の間は年会費無料

国内外の旅行傷害保険、ショッピング保険も付帯で安心。さらに、ケータイ代でポイント2倍になりでお得です。

デメリット

ポイントが貯まりにくい

三井住友VISAカードの難点は、ショッピング利用でポイントがイマイチ貯まりにくいところ。

基本還元率も0.5%といたって普通。しかも、特約店にコンビニなど日常的に使うところが少ないのは、残念なところです。

三井住友VISAの詳細

カード名 三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAクラシックカード
年会費 1,250円+税(初年度・1回以上利用の翌年無料) 1,250円+税(在学中無料)
申込対象 18歳以上25歳まで(高校生を除く) 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド VISAロゴ
ポイント ワールドプレゼント
ETC 無料
家族カード なし 400円+税(在学中無料)
旅行傷害保険 なし 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
キャッシング 可能
Apple Pay 対応
カード名 三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAアミティエカード
年会費 1,500円+税(在学中250円+税) 1,250円+税(在学中無料)
申込対象 18歳以上(高校生を除く) 18歳以上(高校生を除く)・女性
国際ブランド VISAロゴ
ポイント ワールドプレゼント
ETC 無料
家族カード 550円+税(在学中125円+税) 400円+税(在学中無料)
旅行傷害保険 国内外最高2,500万円(一部自動付帯) 国内外最高2,500万円(一部自動付帯)
ショッピング保険 最高100万円 最高300万円
キャッシング 可能
Apple Pay 対応

VIASOカード

学生専用ではないですが、オススメしたいのが三菱UFJニコス発行の「VIASOカード」。自動でポイントがキャッシュバックされる画期的なカードです。

VIASOカードは年会費無料。しかも、年齢制限がないのでずっと無料です。長くお得に利用できます。

ポイントで何もしなくてもお得

自動でキャッシュバック

VIASOカードは貯まった1年分のポイントが、自動的にキャッシュバックされます。交換手続きなしでもお得に。

基本還元率は0.5%。年間1,000ポイントから交換できます。

携帯料金の支払いでポイント2倍

特約店のケータイキャリアをカードで支払えば、ポイント還元率2倍!月々一定額を払うものだから、効率的にポイントが貯まりますよ。

ケータイ以外にもETCやネットの支払いでも2倍になります。

ポイント2倍になる特約店

種類 特約店
ケータイ ドコモ / au / ソフトバンク / Y!Mobile
ネット Yahoo!BB / @nifty / OCN / au one net / BIGLOBE / ODN
ETC ETC対応の高速・有料道路

海外旅行傷害保険が付帯

年会費無料でも海外旅行傷害保険が付帯。最高2,000万円まで保証されます。

デメリット

ETCに発行費がかかる

ETCカードの年会費は無料ですが、発行時に1,000円+税がかかります。完全無料のカードも多い中で、これはちょっと不満な点です。

Apple Payが対応していない

VIASOカードはApple Payに対応していません。今ではほとんどのカードが対応しているだけに残念。今後、対応する可能性もあるそうですが、時期は未定とのこと…。

詳細についてはコチラでもどうぞ

VIASOカードの詳細

カード名 VIASOカード
年会費 無料
申込対象 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド マスターカードロゴ
ポイント VIASOポイント
ETC 無料(発行時に1,000円+税が必要)
家族カード 無料
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円(楽Payに登録が必要)
キャッシング 可能
Apple Pay 非対応

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

ライフカード発行の「学生専用ライフカード」は、学生向けカードとしては1,2を争うサービスの良さです。

ライフカードCM「Fo”u”r LiFE」

海外利用額からキャッシュバック

学生専用カードは、海外利用分の5%がキャッシュバック。卒業旅行などで海外へ行く時には大活躍します。

キャッシュバックがポイントじゃないのもうれしいところ。サービスを受けるには、事前に公式サイトからの申込みが必要です。

携帯料金の支払いでプレゼントが

これも学生限定で、ケータイ料金の支払いをすると、10人中1人にAmazonギフト券500円分が当たります

しかも、抽選は毎月あるので、当たる確率が高い!抽選にはサービスへの申込みが必要です。

海外旅行傷害保険が付帯

学生専用ライフカードには海外旅行傷害保険が付帯。補償は最高2,000万円までです。

誕生月にポイントがお得

誕生月には、誰でもポイント還元率が3倍になります。お得な期間が1ヵ月間なのもうれしいところ。自分への誕生日プレゼントでもポイントがガッツリ稼げますよ。

デメリット

多くのサービスが期間限定

学生専用ライフカードはサービス満点。ただし、残念ながらサービスの多くが学生期間限定です。卒業すると、その後はライフカード(年会費無料)へと変更されます。

詳細についてはコチラでもどうぞ

学生専用ライフカードの詳細

カード名 学生専用ライフカード
年会費 無料
申込対象 18歳以上25歳まで(高校生を除く)
国際ブランド VISAロゴJCBロゴマスターカードロゴ
ポイント サンクスポイント
ETC 無料(発行時に1,000円+税が必要)
家族カード なし
旅行傷害保険 海外最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 なし
キャッシング 可能
Apple Pay 対応

オリコカード THE POINT

一般カードではありますが、おすすめなのが「オリコカード・ザ・ポイント」。ポイントに特化しているので、お得に使えます。

オリコカードTVCM「出会い篇」

年会費が無料

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料。こちらも学年専用ではないので、無期限で年会費無料です。

ポイントでお得

還元率が1%以上

オリコカード・ザ・ポイントは基本還元率が1%入会後6ヶ月間はさらに+1%→2%に!

オリコモール経由でさらに+0.5%

ネットでのショッピング利用で還元率が上がるオリコモール。オリコカード・ザ・ポイントなら、さらに+0.5%されます(一部対象外)。

ポイントを100%の価値で交換できる

オリコカードの「オリコポイント」はポイントの価値そのままで交換できるものが多い!

これはけっこう大切です。他では交換で価値が減ることがけっこうあります。オリコなら、ポイントを貯めた分だけしっかり使えます

オリコポイントの交換品

交換形式 おすすめ交換先
オンラインクーポン Amazonギフト券 / iTuneギフト 券/ LINEギフト券 / nanacoギフト券 / ファミリーマートお買い物券
ポイント WAONポイント / Tポイント / 楽天スーパーポイント / Pontaポイント / dポイント / au WALLET ポイント
マイル ANAマイル / JALマイル

電子マネーを2種類搭載

オリコカード・ザ・ポイントには「iD」と「QUIC Pay」の2種類の電子マネーの機能が付いてます

「2種類いる?」と思われるでしょうが、対応の店舗が微妙に違ったりします。2つあるので使えない心配も減って使い勝手UP。

iDとQUIC Payの対応の違い

iDのみ QUIC Payのみ
マクドナルド / コカ・コーラ(自販機) / 牛角 / 和民 / 笑笑など 甲子園球場 / メットライフドーム / 京セラドーム / ヤフオクドームなど

両方共後払い対応なので、事前にチャージする必要なし。ポイントもちゃんと付きます。ちょっとした買い物はサインレスで利用できます

デメリット

付帯保険がない

オリコカード・ザ・ポイントには付帯保険がありません

海外渡航の強い味方になる海外旅行保険や、買い物する際安心のショッピング保険が全く付きません。これはちょっと残念。

詳細についてはコチラでもどうぞ

オリコカード・ザ・ポイントの詳細

カード名 Orico Card THE POINT
年会費 無料
申込対象 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド マスターカードロゴ
ポイント オリコポイント
ETC 無料
家族カード 無料
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
キャッシング 可能
Apple Pay 対応

おすすめカードを徹底比較

学生向けのカードを比較

では、このページで紹介しているカードを比較しましょう。カード選びの参考にしてみてください。

カードの比較一覧

まずは、カードの特徴を簡単に一覧にしてみました。カードの名前をクリックすると紹介部分に飛びます。

学生カードの特徴一覧

カード お得な利用 旅行傷害保険 買物保険 更新後 社会人の申込
JCBカードW ○ ○ ○ ◎ ○
楽天カード アカデミー ◎ ○ × ○ ×
三井住友VISA デビュープラス ◎ × ○ △ ○
三井住友VISAクラシック ○ ○ ○ △ △
三井住友VISAクラシックA ○ ◎ ○ △ △
三井住友VISAアミティエカード ○ ◎ ○ △ △
VIASOカード ○ ○ △ ◎ ○
学生専用ライフカード ◎ ○ × △ ×
オリコカード・ザ・ポイント ◎ × × ◎ ○

お得を重視しているカード

JCBカード W

楽天カードアカデミー

三井住友VISAデビュープラス

オリコカード・ザ・ポイント

VIASOカード

学生専用ライフカード

どうせ作るなら、なるべくお得なカードがいいですよね?

JCBカード W、楽天カードアカデミー、三井住友VISAデビュープラス、オリコカード・ザ・ポイントの4枚は、ポイントでお得。基本の還元率が1.0%と他のカードの2倍です。

VIASOカードポイントを自動キャッシュバック。だから、ポイント失効がないので、面倒くさがりな方には特におすすめです。

学生専用ライフカードには、海外利用のキャッシュバックやケータイ支払いのプレゼントでポイント以外がお得。もちろんポイントもちゃんと付きます。

旅行保険が付いてるカード

デビュープラス、オリコ・ザ・ポ イント以外のカード

三井住友VISAクラシックA、アミ ティエカード

特に海外旅行に行くのにほしいのが旅行保険。ないと、旅行のたびに入りますことに。

三井住友VISAデビュープラスとオリコカード・ザ・ポイント以外のカードなら。海外旅行傷害保険が付帯します。どのカードも最高補償額が2,000万円以上と内容は十分。

三井住友VISAクラシックカードAとアミティエカードには、国内旅行傷害傷害も付いてきます。在学中ならクラシックAは年会費250円+税、女性専用のアミティエカードならなんと無料です。

ショッピング保険が付いてるカード

JCBカード W

三井住友VISAカードの各種

VIASOカード

うっかり買いたてで壊した場合、あれば助かるのがショッピング保険。

JCBカード W三井住友VISAカードの各種は、どちらもショッピング保険が自動付帯。最高100万円まで補償なので安心です。

一方、VIASOカードは、最高100万までのショッピング保険が登録型リボにすると付帯。ただし、これに登録すると一括・分割払いが使えなくなるので気をつけましょう。

卒業後もそのまま使えるカード

JCBカード W

VIASOカード

オリコカード・ザ・ポイント

楽天カード アカデミー

学生優遇のサービスは、卒業したら学割と同じで消えてしまいます。それに対して、卒業後もお得なカードも。

JCBカード Wには年齢制限(18~39歳と学生限定カードとはいえませんけど)はありますが、サービスは年齢制限を超えても継続します

VIASOカードオリコカード・ザ・ポイントはそもそもが一般カード。学生優遇ではないので、社会人になっても変わらず同じサービスで使えます

また、楽天カード アカデミーは、普通の楽天カードとサービス内容はぶっちゃけそれほど変わりません。このため、普通のカードに変わっても同じように使えます

学生の期間にカードを作るメリット

学生の期間にカードを作るメリット

そもそも「学生からカードって必要なの?」と疑問を持っている方もいるかもしれません。「借金地獄」とか悪いイメージがあるのも事実です。

ただ、それでもカードは大学生のうちにつくっておくのがオススメ!

その理由は次の通りです

学生だとつくりやすい

実は「学生」であることはカード審査が有利になります。なぜなら、学生のうちにユーザーになれば、ずっと使ってくれる可能性が高いから。カード会社もけっこう審査で優遇しています。つまり、学生はカードがつくりやすい!

また、学生だと収入がほとんど審査基準に入らないので、収入がなくても申し込めちゃいます。ぶっちゃけ、これは学生の特権です。

社会人になってしばらく経つと、年収などが審査に絡んできます。つまり、カード審査の難易度はグっと上がることに…

今のうちに1枚作っておけば、後々助かりますよ。

持ってると信用にプラス

実はクレジットカード、持ってる人の信用を表すアイテムの1つでもあります。

カードを持ってるということは審査を通過しているので、「信用がある」ということにつながるわけです。

だから、実は持ってるカードも大切。1枚ちゃんとしたカードが財布の中にあるだけで、周りの見る目が違ってきますよ。

ポイントでお得になる

ほとんどのカードにはポイント還元があるので、その分お得です。

とはいっても、ポイントの還元率は0.数%の世界。一見するとあまり大したことはないように思えますが…

肝心なのは、クレジットカードはどんな支払いにも使えること。広く使える分、ポイントはだんだん貯まっていきます。

チリも積もれば何とやら、使ってる内に気がつくとポイントがガッツリ、なんてこともけっこうあるんです。あるんです(ただし、有効期限切れには注意が必要)。

様々なサービスが使えるようになる

現在、キャッシュレスの便利なサービスが増えてきてます。カードがあれば、そのほとんどが使えるようになりますよ。

ネットショッピング

ネットショッピングの支払いはカードが基本。振り込みや代引きで買う方もいるでしょうが、それって手間を増やしてますよ。

カードがあれば、支払いはクリックするだけでOK。ネットショッピングのほんとうの便利さ発揮されます(とはいえ、買いすぎはNGです)。

Apple Pay

近頃、広まってきたApple Pay。これ、カードがないと使えないサービスです。

チャージ不要で電子マネーが使えるので支払いがスマート!iPhoneやApple Watchを持ってる方は、使わないのはもったいないですよー。

他の電子マネーも、カードで自動チャージできるものがあります。チャージのあの手間、カードがあれば解決できるかも!?

交通系IC

Suicaなど交通系ICのオートチャージもカードが必要です。残高不足で自動改札に止められた時の気恥ずかしさも、カードでお別れできます。

海外渡航の必需品

クレジットカードはアメリカ、ヨーロッパなどでは必要不可欠なもの。現地で苦労しないためにも、1枚は持っておくことをおすすめします。

外国ではメジャーな支払い方

日本では未だに現金払いをしている人がけっこういますが、アメリカなどはカード払いのほうが普通です。自販機も対応してたりします。

海外へ旅行や留学をする際は、カードを持っていくのが当たり前です。予定がある方は早めに作っておきましょう。

為替手数料の節約にも

海外旅行で気になるのが現地の通貨への両替。現地の買い物がカード利用なら、両替所よりも手数料が安くなります

現金が必要になっても、ATMのキャッシングをすれば、現地で両替もできます。

身分証明書にもなる

海外では、クレジットカードが支払いだけではなく、身分証明書としても使われています

持ってないとホテルで宿泊を断られるなんてことも!レンタカーを借りるのにもクレジットカードが必要です。

いざという時にキャッシングが使える

カードにはクレジット機能と共に、キャッシング機能も付いてます。これは、ATMなどにカードを入れれば、現金が借りられるもの。口座残高がない!でも現金が必要な場面で活躍します。

ただし、借りられる場合も学生は最高10万円未満がほとんど。キャッシング機能が無いカードもあります。また、未成年は原則使えません。

また、申し込みの際にキャッシングの希望枠を高くすると審査通過が難しくなります

後々のカードが使いやすくなる

カード利用では「クレジットヒストリー(略して「クレヒス」)」が重要になってきます。

これ、簡単に言うと「返してくれる信用度」のこと。これによって、カードの利用限度額が高まったり、別のカードが作りやすくなったりします。

クレヒスを上げる一番確実な方法は「長く、しっかり返し続けること」。つまり、早めに使い始めれば、この先のカードが使いやすくなるってことです。

クレジットカードを使う上でのデメリット

クレジットカードを使う上でのデメリット

良いことばっかり言っても仕方ないので、ここからはカードの注意点を紹介します

カードの危ないイメージのほとんどは、使い方が悪いから起こることです。使い方さえ知っていれば、危ないことはありません

カードの分割払いには利子が付く

カードの説明に載ってる「手数料」、これ、実は利子のことです。

一括、2回払いまでは無利子ですが、3回以上の分割からは手数料が発生します。しかも利率はけっこう高め!つまり、現金よりも割高になります。

今、なにかと宣伝されている「リボ払い」も分割払いの1つ。当然手数料がかかります

返すのが長引けば、それだけ手数料を払わされることに…。というわけで、なるべく一括か2回払いで利用しましょう

利用できる金額には限度がある

カードには「利用限度額」があります。これはカード会社が立て替える金額の限界のこと。実際の限度額は個人ごとに設定されます。学生は1~10万円程度が多いようです。

これを超えるとカードが使えなくなります。俗に言う「カードが止まる」状態に。利用分を払えば、また使えるようにはなります。

ただ、繰り返すと「計画性がない利用者」と、カード会社から見られて警戒されることも

つきなみですが「ご利用は計画的に」が大事。どれだけ使えるかは各カードの個人ページや問い合わせダイヤルで確認できます。こまめにチェックすることをおすすめします。

支払いの遅れなどはNG

カード業界には「信用事故」とものがあります。これになったら大変なことに…。

この信用事故、起こすとカードは即停止。しかも、起こした情報は消費者金融、銀行などにも広がり、まともにお金を借りることもできなくなります。期間はなんと最長10年!

カードによる原因の多くは支払いによるものです。長期の延滞や、複数の延滞が信用事故の対象となります。他にも自己破産や債務整理も対象です。

ピンチの月でもとりあえずはカードの支払いは遅れないように。危なかったら途中から分割、リボ払いにできるサービスもあるので、そちらを利用しましょう。

申し込み方法

クレジットカード申し込み方法

つくるカードが決まったら、次はいよいよ申し込み。ここでは申し込みについて、簡単に説明していきます。

発行にかかる期間

クレジットカードの発行は、一般的に1週間程度かかります。

ただし、これはすべてネットで行った場合。学生や未成年だと、カードによっては書類を郵送する必要があります

このため、申し込んでから発行までは、数週間程度はかかると考えといたほうがいいでしょう。

用意するもの

クレジットカードを申し込む際に必要なものは次の通りです。

申込みに必要なもの

種類 使えるもの
本人確認書類 運転免許証 / パスポート / 在留カード / 特別永住者証明書 / マイナンバーカードなど
口座情報関係 キャッシュカード / 預金通帳など

学生限定のカードの場合は学生証のコピーも準備しましょう。

インターネットで申し込む

申し込みは電話や書類郵送などの方法がありますが、イチオシはインターネット申込

時間と場所を選ばずに申込みができます。また、カードによっては、ネット申込限定のサービスもあるためオススメです。

申し込みのステップ

4カードに申し込む手順を、簡単にまとめてみました。準備ができたらスタート!

STEP1

まずは、「公式サイトへ」ボタンを押して公式の申込フォームを開きます。

「公式サイトへ」ボタン

STEP2

開いた申込フォームで、順序に従って情報を入力します。

学生カード申込フォーム

STEP3

引き落しの口座を設定します。ただし、学生や未成年だと、ネットの手続きができない場合もあります。

ネット
→ 情報入力と同時に設定。

郵送
→ 郵送される書類に記入し返送。

書類に引き落しの口座を記入

STEP4

申し込み、口座の設定が完了すると審査開始。結果が通過であれば、カード発行され郵送されます。

審査結果通過

STEP5

郵送されてきたカードを受け取ります。簡易書留なので、本人による受け取りと、印鑑と身分証明書が必要です。

簡易書留でカードを受け取る

STEP6

受け取ったら手続き完了です。

手続き完了

申し込みの注意点

ここからは、学生が申し込む時の注意点についてご紹介。ここをおさえて審査通過を確実にしましょう。

学生が申し込む時の注意点

年齢制限に注意

学生専用カードなどには年齢制限があるので気をつけましょう。

残念ながら、制限を超える年齢だと学生でもつくることはできません

10代は親権者の承諾が必要

20歳未満の場合は、親権者の承諾が必要です。

承諾の確認は、カード会社からの電話や、同意書の提出で行われます。申し込む時には親権者の方に相談しておきましょう。

対象外の学校も

「学生」と言ってる場合は、対象が大学と専門学校(認可校)の学生(正科生)となります。

学生でも、高校や、認可校以外の専門学校、大学院などは対象外です。

収入は低くてもOK

学生が対象なので本人の収入はあまり重要とはなりません(もちろん高いほうがいいですが)。

実家暮らしの場合は、親権者も含めた世帯収入が審査基準となります。一人暮らしでも、ある程度の仕送りはあるとされ、無収入でも審査に通る可能性は十分あります

収入で不安がある場合は、キャシングの希望枠を0円にしておくと通りやすくなりますよ。

卒業後はサービスが変わることも

学生専用カードは卒業すると優遇サービスはなくなります。年会費が発生したり、ポイント還元が変わったりするので要注意。

卒業後も同じように使いたい場合は、一般カードを選びましょう。

まとめ

30秒で分かる!学生でもカードを作るべき5つの理由

学生のうちにカードを作ったほうがいい理由を5つにまとめました。30秒で読めます。

基本的に年会費が無料

学生カードは基本的に年会費が無料。使わなくても、別に損することがありません。

収入がなくても作りやすい

学生は世帯収入で審査を受けるので、無収入でも審査が通りやすく、カードが作りやすくなってます。

海外へ行くなら持っておくべき

旅行や留学、出張で海外に行く時には、クレジットカードは必需品。旅行保険があるカードなら安心も付いてきます。

Apple Payなどが使えるように

Apple Payなどのサービスではカードの登録が必要。カードがあれば、便利なサービスも使えるようになって、生活が変わりますよ。

持ってるだけで信用の証

カード発行には審査があるので、持ってるだけである程度の信用があることの証明となります。カードのステータスが高いほど、その信用が上がります。

おすすめカードのまとめ

このページで紹介した、即日発行できるクレジットカードの特徴をまとめました。

JCBカード W

ポイント重視のJCBカード。ずっと年会費無料で、しかもポイント還元率が2倍になるお得な1枚です。日本のカードブランドJCBが発行するから安全感も違います。

楽天カード アカデミー

学生専用の楽天カード。学生特典は正直微妙。でも元々サービス満点の楽天カードだからお得に使えます。

三井住友VISAデビュープラスカード

若者専用VISAカードでポイントに特化。基本還元率が2倍に。ただ、旅行保険は付きません。

三井住友VISAクラシックカード / クラシックカードA

通常の一般カードですが、学生なら年会費無料(Aは125円+税)。もちろん、サービスはそのままです。

三井住友VISAアミティエカード

女性専用の三井住友VISAカード。こちらも在学中年会費無料です。

VIASOカード

若者向けの一般カードの1つ。ポイントの自動キャッシュバックで使うだけでお得になります。

学生専用ライフカード

学生限定のライフカード。海外利用の5%をキャッシュバックなど1,2を争う学生特典。ただし、サービスは学生の期間限定です。

オリコカード THE POINT

もう1つの若者向けの一般カード。いつまでも年会費無料。ポイントが基本で1%、入会から半年は2%です。しかもポイント交換で損しにくいのも魅力。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。