イオンカードセレクトがイオンユーザーにとって最強にお得なカードである理由【徹底分析】

イオンカードセレクトが最強にお得なワケとは

イオンカードセレクトは、イオンカードと、イオン銀行カード、電子マネーWAONカード、の3枚が1つにまとまったカード。まさに、
おトクなイオンカードを、さらにおトクにしたようなカードです

買い物もイオン、銀行もイオンというイオンのヘビーユーザーなら、このカードを持つのがベスト。持ってないことで、むしろ損しているとすら断言できるカードです。

すべての年会費が無料、食料品が5%OFFになる「お客様感謝デー」、オートチャージによるWAONポイントの二重取りといった、イオンカードの特典はもちろん受けられます

さらに、イオン系列の銀行が連携しているので、普通預金の金利がなんと約100倍に上がります。そのほかにも、追加のWAONポイント付与などセレクト独自の特典が満載。キャンペーンも豊富なので、期間中をねらうと、よりお得になります。

このページでは、そんなイオンカードセレクトについて解説していきます。特に、お金を節約したい方は見逃すと損ですよ!

イオンカードセレクトとETCカード

イオンカード完全ガイド~9枚の候補カードと比較!

イオンカードセレクトのおすすめポイント

  •  本体・ETCカード・家族カードの年会費が無料
  •  ポイントの還元率が上がる
  •  毎月2回、イオンで食料品などが5%OFF
  •  普通預金の金利がプラス約0.1%
  •  映画館やカラオケなどで優待割引
  •  カード利用でときめきポイントが付いてくる
目次

イオンカードセレクトとは
 基本情報
 3役が1つになったカード
 すべての発行費・年会費が無料
 ゴールドカードも年会費いらず

イオンカードセレクトだけの特典
 普通預金が定期なみの金利に
 どの支払い方でもポイントが付く
 オートチャージでポイントが付く
 給与口座にするとお得
 ポイントクラブでさらにお得

イオンカードのサービス
 毎月2回お買物が5%オフ
 もしもの補償が充実
 映画館などで優待割引

イオン銀行の特徴
 イオン銀行の特徴
 ATMがダントツに使いやすい
 窓口もダントツに使いやすい
 ネットバンクも使える
 公共料金の振込でお得

まとめ
 10秒で分かるイオンカードセレクトで得する方法
 イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトの詳細情報

イオンカード関連ページ

電子マネー・ポイントで節約できるカードの関連記事

すでにイオンカードをお持ちの方は

イオンカード(通常カード・WAON一体型カード)をすでにお持ちの方は、イオンカードセレクトへの切替ができます。

また、イオンカードは複数枚つくることができるので、新しく申し込むことも可能です。国際ブランドやデザインの変更を希望する方は、新規の作成もオススメします。

切替、新規作成ともイオン銀行の口座開設が必要です(口座もお持ちの場合は、引落し口座への設定)。切替手続きは、公式サイトからできます。

イオンカードセレクトとETCカード>
              </p>
   </div>       

<div id=

イオンカードセレクトとは

ここではイオンカードセレクトがどんなカードかを簡単にご紹介していきます。

ココがポイント!

★ 1枚で3つの機能
★ カード・ETCカード・家族カード・ゴールドカードの年会費が無料
★ ディズニーデザインも選べる

基本情報

イオンカードセレクトの基本情報
カード名 イオンカードセレクト イオンカードセレクト
(ディズニー・デザイン)
カードデザイン イオンカードセレクトの券面 イオンカードセレクトのディズニーデザインの券面
国際ブランド ・VISA
・MasterCard
・JCB
・JCB
申し込み資格 満18歳以上で電話連絡が可能な方
入会金・年会費 無料
支払い方法 一括払い・ボーナス一括払い・分割払い・リボ払い
締め日・引落し日 毎月10日締め、翌月2日払い
家族カード 無料
申し込み資格 満18歳以上で電話連絡が可能な方
ETCカード 無料
担保・保証人 原則必要なし
口座引落 イオン銀行のみ

※公式サイトの画像を掲載((c)Disney)

ディズニーデザインカードは…

イオンカードのディズニーデザインのカード

ディズニーデサインのイオンカードの場合、国際ブランドはJCBのみとなります。また、国際ブランド、デザインの途中変更などはできないので注意してください。

また、デザインは1つのみとなります。カードデザインにこだわるは、ディズニーキャラクターごとのデザインがある、JCBカードもオススメです。

JCB一般カード

3役が1つになったカード

イオンカードとイオンバンクカードとWAONカードが1つになったイオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、WAON機能のあるイオンカードと、イオン銀行のキャッシュカード(イオンバンクカード)がいっしょになったものです。1つでクレジットカード、WAONカード、キャッシュカードの3つの機能が使えます

クレジットカードのとしては、イオンカード(WAON一体型)とほぼ同じです。ただし、同じグループのイオン銀行が連携しているため、特典が上乗せされています。このため、イオンで、さらにおトクに使うことができます

家族カードは…

家族カードには、キャッシュカードの機能は付きません。イオンカード(WAON一体型)と、おなじ機能のカードになります。

そのほか、引落し口座などの条件は本体カードといっしょです。家族カードは、限度額が本体カードやほかの家族カードと合計されるので、使いすぎには気をつけましょう。

カード本体・ETCカード・家族カードの発行費・年会費が無料

年会費無料のイオンカード本体・ETCカード・家族カード

イオンカードセレクトは、カード本体の年会費が無料です。そして、ETCカード、家族カードの年会費もなんと無料。しかも、特別な条件もないのに、ずっと無料です。

維持費がかからないので、使わなくても損はありません。もちろん使った方が得になるので、使うことをオススメします♪

ゴールドカードも年会費無料

ゴールドカードも年会費無料のイオンカード

イオンカードは、ゴールドカードもなんと年会費無料!ただし、イオンゴールドカードとしての申し込みは受け付けていません。イオンカード会員の中で、条件に合った人にのみ発行されます

明らかにされている条件は、「直近の年間のカードショッピングが100万円以上」だけです。ほかの条件もあるとのことですがはっきりはわかりません。ただ、イオン銀行も利用している分、セレクトの方が、ゴールドになりやすいとは言われています

イオンゴールドカードの特典は次の通り。

国内外の旅行保険が無料で付帯する

通常のイオンカードには付いてこない旅行傷害保険が、無料で付帯します。

保険 最高補償額 付帯条件
海外旅行傷害保険 3000万円
(死亡・後遺傷害・賠償責任)
自動付帯
国内旅行傷害保険 3000万円
(死亡・後遺障害)
カード利用が前提

ショッピング保険の限度額がアップ

イオンカードに付いているショッピング保険の年間限度額が、通常50万円までのところ、ゴールドは300万円まで上がります。そのほかの条件は通常のイオンカードと同じです。

イオンのショッピングセンターと羽田空港にあるラウンジが使える

イオンゴールドカードの会員になると、通常のイオンカード会員では入れないラウンジを利用することができます。

イオンゴールドカードで使えるラウンジ
ラウンジ 提供場所 利用条件
イオン
ラウンジサービス
イオンのショッピングセンター 同伴者は3名まで
羽田空港エアポートラウンジサービス 羽田空港第一・第二ターミナル 当日航空券が必要・同伴者は原則有料

週末などのショッピングセンターで、混雑を避けるオアシスとして大活躍しますよ♪

イオンカードセレクトとETCカード

イオンカードセレクトだけの特典

イオンカードセレクトが最強の理由はここからです。さっそく、セレクト限定の特典についてみていきましょう。

ココがポイント!

★ 普通預金の金利が約100倍に!
★ イオンでは還元率が1.0%に
★ 銀行利用もお得に

普通預金の利息が大幅UP

普通預金の金利が上乗せされるイオンカード

イオンカードセレクトを作ると、引落しに使っている銀行口座の普通預金金利が約0.1%上乗せされます。普通預金の年利としてはまさにケタ違いです。

イオン銀行の預金金利
口座 年利
普通預金(通常) 0.001%%
普通預金(セレクト) 0.100%
定期預金(5年) 0.100%
定期預金(積立式) 0.150%

イオン銀行は通常の金利もメガバンクなどにくらべて高い銀行です。そのうえセレクトをつくると、金利が約100倍に上がります。この預金金利のためにつくっても良いのではないでしょうか?

しかも、普通預金なので定期預金や残高制限のような条件はありません。ただカード発行と、イオン銀行に口座開設をするだけです。お買ものだけなく、銀行預金でもトクしちゃいましょう!

イオンの利用なら、どの支払い方法でもポイントが付く

イオングループの店舗や加盟店で利用するとポイントがつくイオンカード・電子マネーWAON・現金

イオンカード共通のサービスですが、イオングループの店舗やWAON POINTの加盟店では、クレジットカード、電子マネーWAON、現金のどの支払い方でもポイントが付きます。

支払い方法とポイント
支払い方法 ポイント 200円の付与 還元率
クレジット ときめきポイント 2ポイント 1.0%
電子マネー※ WAON POINT 1.4ポイント 0.7%
現金・商品券 WAON POINT 1ポイント 0.5%

※月間WAON POINTを含む

おすすめはクレジット払い。還元率が1.0%と高めだからです。この還元率は、イオン関連の店舗や加盟店の限定ですが、イオングループでなんでも売っていることを考えれば、貯めやすいと考えていいでしょう。

2番目は電子マネーWAON払い。お買物時の付与は200円につき1ポイントと現金と同じです。ただし、「月間WAON POINT」として、1ヶ月のお買物金額に500円につき1ポイントが別に付きます。合計で還元率が0.7%となります。

貯まった「ときめきポイント」と「WAON POINT」は、両方とも1ポイント=1円として交換などに使えます

WAON POINTとは

「WAON POINT」は2016年にできた、イオンの新しいポイント制度です。
読み方はいっしょですが、「WAONポイント(電子マネー)」とは違います
こちらは「smart WAON」の会員を対象にしたポイントです。イオングループの店舗や加盟店で付与、利用できます。

一番の特徴は、グループや加盟店では、交換しなくてもそのまま使えるという点で、Tポイントに似ています。もちろん、電子マネーや商品への交換も可能です。また、家族どうしなどでも合算できます。利用するには「smart WAON」の会員登録が必要です

詳しくはこちらでも解説しています。

電子マネーWAONの利用とオートチャージでポイントがもらえる

利用やオートチャージでWAONポイントがもらえる電子マネーWAON

セレクトで、電子マネーWAONを利用すると、イオンなど対象のはWAON POINT、対象以外の店ではWAONポイント(電子マネー)が200円につき1ポイントずつもらえます。

オートチャージ機能も使えて、チャージをする時にも、200円につきWAONポイント(電子マネー)1ポイントがもらえます。WAONオートチャージとWAON利用のそれぞれで付与されるので、ポイント二重取りとなります

WAONポイント(電子マネー)とは

「WAONポイント(電子マネーWAONポイント)」は電子マネーWAONを利用するごとに付いてくるポイントです。よく似てますが、「電子マネーWAON」、「WAON POINT」とは別ものとなります。

1ポイント=1円分としてポイントを電子マネーWAONに交換ができます。交換はイオン店舗内にある「WAONステーション(1ポイント単位)」や、コンビニにも設置されている「イオン銀行ATM(100ポイント単位)」などでも可能です。

詳しくはこちらでも解説しています。


WAONオートチャージとは

オートチャージは、WAON残高が設定額未満になると、自動的に入金されるサービスです。一部の電子マネーWAONカードに、この機能を付けることができます。設定はWAONステーションなどで可能です。

しくみは、Suicaチャージなどとほとんど同じ。登録したクレジットカードからチャージ分が支払われます。カードごとにオートチャージ設定の上限額は違いますが、イオンカードセレクトの場合は、5万円まで、利用は1日1回までとなっています

イオンでのお買物は、オートチャージのWAONがオススメ。小銭もチャージもいらないから便利で、さらにポイントがついてくる分おトクです。

給与振込口座の指定で特典

給与振込口座をイオン銀行に指定で特典がつくイオンカードセレクト

イオンカードセレクトを持っていて、給与口座をイオン銀行にしている場合、それだけで毎月10ポイントのWAONポイントが付与されます

さらに、他行の振込をすると、振込手数料と同額のWAONポイントがもらえます

条件 回数制限 付与
通常 1回まで 216ポイント
住宅ローン利用者 3回まで 最大648ポイント

また、教育ローンの金利は0.1%マイナスされます。これに金利のボーナスが付くので、イオン銀行の特典をフルに活かすなら、給与振込に指定することをオススメします

ポイントクラブでお得に

イオン銀行ポイントクラブは、イオンカード、WAON、デビットカードをイオン銀行の口座引落で利用する方へのサービスです。このため、セレクトは自動的に対象となります。

サービス内容は「ステージ」によって変わります。ステージが上がるほどに、おトクになっていくしくみ。どのステージになるかは、半年間(4月から・9月から)の利用金額で決まります。

ステージの条件
段階 半年の利用金額 1ヵ月あたりの利用
ステージ1 10万円以上 1.7万円
ステージ2 30万円以上 5万円
ステージ3 50万円以上 8.5万円

ポイントクラブのサービス内容は次の通りです。

5の付く日はオートチャージのポイント還元率UP

イオンでは、毎月5日・15日・25日は「お客さまわくわくデー」として、WAONの利用によるポイント付与が2倍(200円につき2ポイント)になります。

さらに、ポイントクラブの対象だと、わくわくデー当日のオートチャージのポイント付与も上がります。上がり方は、ステージによって違います。

わくわくデーのステージ特典
段階 ポイント付与 2000円につき
通常 1.0倍 10ポイント
ステージ1 1.5倍 15ポイント
ステージ2 2.0倍 20ポイント
ステージ3 3.0倍 30ポイント

他行との取引の手数料が実質タダに

振込やATM利用でほかの銀行を利用すると、手数料がかかってしまいます。ポイントクラブでは、その手続きにWAONポイント(電子マネー)を付与、負担が軽くなります。

特に、ほかの銀行宛の振込は、銀行振込手数料と同額のポイントが付与、実質タダになります。

手続きで付与されるポイント
手続き 付与
他行への振込 216ポイント
他行ATMでの引出し(手数料有料のみ) 108ポイント
他行からの入金 50ポイント

ただし、これには回数制限があります。制限を超えると手数料がかかるので、注意してください。

ステージ別の制限回数
段階 回数制限
ステージ1 月1回まで
ステージ2 月3回まで
ステージ3 月5回まで

銀行商品などの利用でポイントがもらえる

イオン銀行の定期預金やローンなどの利用があると、WAONポイント(電子マネー)が毎月もらえます。

ポイント付与される条件
利用・商品 条件(月末時点)
定期預金 残高100万円以上
投資信託 残高の時価評価額100万円以上
住宅ローン ローン残高あり
無担保ローン ローン残高10万円以上
公的年金 イオン銀行での受取実績
ステージ特典で付与されるポイント
段階 毎月のポイント付与
ステージ1 25ポイント
ステージ2 50ポイント
ステージ3 100ポイント

イオンカードセレクトとETCカード

イオンカードの共通のサービス

ここからはイオンカード共通の優待サービスについて紹介していきます。

ココがポイント!

★ お客さま感謝デーはイオンが5%OFF
★ ショッピング・盗難補償が充実
★ 映画館などで優待サービス

毎月20日・30日はAEONなどが5%OFF

イオングループのスーパーなどでは、毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」です。この日は、イオンカード・WAONの利用者は、衣料品、食料品、生活用品が5%OFFで買うことができます。また、イオンモールなどでは、同じ日にサービスを行っている店舗もあります。

55歳以上はさらに…

55歳以上の方は申し込まれると、カードに「G.Gマーク」が付きます。このマークが付くと、毎月15日も「G.G感謝デー」として5%引きなど、イオンの利用がさらにおトクになります。

ただし、イオン系列店でも対象外店舗があったり、対象外商品もあるので、お買物時はよく確認しましょう。

お客様感謝デーの主な対象店舗
イオンのお客様感謝デーの対象店舗

実は持ってるだけで…

「お客さま感謝デー」では、現金や商品券でも、上のマークが入ったカードをレジで出すと5%の割引を受けられます

もしもの時の補償が充実

イオンカードに共通で付いているショッピング保険

イオンカード共通で、5000円以上のクレジット決済での購入品にはショッピング保険が付きます。この補償は購入日から180日間に起きた事故(破損・火災・盗難)が対象です。ただし、貴金属や自転車などは対象外商品となります。

ショッピング保険の内容
カード 年間保証額
通常 5000円~50万円
ゴールドカード 5000円~300万円

また、カードが盗まれた時の不正使用についても、損害額の補填を受けることができます。こちらは、届け出日の61日前からの損害額を全額補償してくれます。

補償などの問い合わせ先

○ 紛失・盗難専用ダイヤル(有料)
  0570-079-110(24時間)
(繋がらない場合は043-331-0100)

○ そのほかの問い合わせダイヤル(有料)
  0570-071-090(9:00~21:00)
(繋がらない場合は043-296-6200)

映画館などもお得に

イオンカードで割引になるイオンシネマ

イオンカードを利用すると、全国のイオンシネマで、2名まで割引特典(一般料金からのみ)を受けられます。お買い物ついでの映画も、おトクに観ることができますよ♪

イオンシネマでの割引
日時 割引額 対象
通常 300円引き カードでの購入
お客様感謝デー 700円引き カードか、現金(カード提示)の購入

また、イオンシネマ以外でも割引サービスを受けられる施設があります。日頃のお買物だけでなく、休日のレジャーもおトクにできます。しかも、期間限定のキャンペーンでさらにおトクになることも!優待情報は定期的に確認することをオススメします。

オススメの優待割引
施設・店舗 優待
カラオケ ビッグエコー 一般室金から30%OFF
レストランカラオケ シダックス 通常ルーム料金から20%OFF
オリックスレンタカー 基本料金から15~50%OFF
スパリゾートハワイアンズ 入場料金から10%OFF
鴨川シーワールド 入園料が特別価格
東京お台場 大江戸温泉物語 入場料が契約団体料金

イオンカード共通のサービスについてはこちらでも詳しく解説しています。

イオンカードセレクトとETCカード

イオン銀行とは

「カードがいくら便利でおトクでも、ネット銀行はちょっと心配…」という方もいるかもしれません。ここでは、そんな方のためにイオン銀行について簡単に紹介していきます。

新しい銀行だからといって、実は、イオン銀行は最高に使いやすい銀行なんです。そのわけはここを見れば分かりますよ♪

ココがポイント!

★ ATMがいつでもタダで使える
★ 窓口も365日開いてる
★ 公共料金が少しお得に

イオン銀行の特徴

イオングループのイオン銀行

イオン銀行は文字通り、イオングループの銀行です。「新たな形態の銀行」として2007年に生まれました。

グループの規模を活かして、全国にあるイオン店舗などに、ATMや窓口を設置しています。このため、新たな形態の銀行の中では、サービスはトップクラスです。

新たな形態の銀行とは

2000年以降に数多く設立されるようになった、新しいサービスを中心にしている銀行。楽天銀行などのネット専業銀行や、新生銀行などのほかの形態から転向した銀行が含まれています。イオン銀行は、セブン銀行などと同じく小売業と連携する銀行に入ります。

メガバンクなどの普通銀行とくらべて高い金利が利点です。ただし、国庫取り扱いがないため、税金の納付などできないなどの不便な点もあります。

タダで使えるATMが充実

イオン銀行では使うことのできるATMが充実しています。

イオン銀行ATM

豊富に設置されているイオン銀行のATM

まずはイオン銀行のATM自体が豊富。イオン系列の店舗の多くに設置されています。スーパー・コンビニなどにあるピンクのATMです。しかも、利用手数料が365日24時間ずっと0円(設置店舗の営業時間内)。だから、昼間に長蛇の列に並ぶこともありません。

主なイオン銀行ATM設置店舗
イオン銀行ATMが設置されている店舗

他行ATM

イオンカードのATM手数料無料のみずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行

イオン銀行ATM以外にも使えるATMはもちろんあります。しかも、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行などは、通常営業時間内のATM手数料が無料です。特に、ゆうちょ銀行ATMがタダで使えるのは助かります。日本中にある郵便局には大体設置されてますから。

手数料 無料(入出金) 有料
金融機関
イオンカードのATM手数料無料のみずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行
イオンカードのATM手数料が有料のりそな銀行・三井住友銀行・イーネット銀行・ローソンATM

窓口が休日、夜でも開いている

朝から夜まで開いているイオン銀行の窓口

イオン銀行はネット専業銀行と勘違いされがちですが、窓口もちゃんとあります。銀行窓口はイオンモールなどに、カウンターのかたちで設置されていて、朝から夜まで開いています

銀行窓口の営業時間
銀行 営業日 営業時間
イオン銀行 年中無休
(設置施設の営業日)
9時~21時
(設置施設の営業時間)
大手銀行 平日 9時~15時

※一部店舗では異なる

これなら学校・仕事帰りや休みの日にも行くことができます。貯金やカードローンなどの相談は、窓口の方が安心ですよね。

ネットバンクも充実

充実しているイオン銀行のネットバンク

イオン銀行はネットバンクもやっています。ATMや店舗に行かなくても、PCやスマホなどからも振込手続きなどが可能です。

また、イオン銀行は取引明細書はネットでの確認(Web明細(環境宣言))が基本となります。郵送の方だと、発行手数料がかかるので、ネットでの確認がオススメです。

これらの手続きは、イオン銀行の公式サイトで「インターネットバンキング」にログインするとできます。

公共料金口座振込で特典

公共料金口座振替で特典があるイオン銀行

公共料金をイオン銀行の口座に振り替えると、1件につき毎月5ポイントのWAONポイントがもらえます

対象の公共料金
特典の対象となる公共料金一覧

オススメなのが電気とガス。これらは口座振替に対して金額に関わらず50円(+税)分の割引があるので、合計60円近くおトクになります。一方、携帯電話料金などは、この割引がないので、クレジット払いの方がオススメです。

実は、公共料金の口座振替には…

電気・ガス・水道の中には、口座振替に50円(+税)分の割引が付けているところがあります。これは、料金の額に関係なく同じ額です。

還元率0.5%で考えると1万円分です。これ以上だと、カードの方がおトクになるので、ご自身の利用状況に合わせて選んでみてください。


イオンカードセレクトのまとめ

最後に、イオンカードセレクトについて、まとめてみました。

10秒でおさらい!イオンカードセレクトで120%得する方法

1.いつものお買物はイオンで
2.イオン銀行をメインバンクに
3.お支払いは電子マネーWAONで
4.感謝デー、わくわくデーを活用

イオンカードセレクトでおトクになるには、まずは日常生活のお買物で積極的に利用してください。こうすると、生活費を浮かせることができます。

特に、毎月5回ある「感謝デー」や「わくわくデー」にお買物をまとめると、さらに節約になります。お支払いは、ポイントが貯めやすく、使いやすい電子マネーWAONでするのがオススメです。

そして、イオン銀行も積極的に利用しましょう。セレクト限定の普通預金金利は定期預金レベルの高さです。給与口座などに使って預金残高を増やせば、それだけおトクになりますよ。

イオンカードセレクトの残念なところ

1.ポイントがややこしい
2.旅行保険が付かない
3.口座開設が必要

イオンカードセレクトにも残念ながらデメリットはあります。ここでは、それを隠さずご紹介します。

ポイントがややこしい

イオンカードがやっているポイント制度は「ときめきポイント」と「(電子マネーに付く)WAONポイント」、「(新しい)WAON POINT」と3つもあるので、正直分かりづらいです。たくさんある分、おトクではあるんですけどね。

わかりやすく、ポイントでトクするカードならこちら。

楽天カード

国内・海外ともに旅行傷害保険が付いてこない

イオンカードはゴールドカードでなければ、旅行傷害保険が付帯しません。このため、特に海外旅行が好きな方には、オススメはしにくいです。旅行保険が付く、ほかのカードとの2枚持ちを考えてみては?

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯のカードはこちら。

エポスカード

イオン銀行の口座開設が必要

イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座開設をしなければつくれません。イオン銀行の良さは説明しましたが、それでも口座を増やしたくない方には残念ながら向きません。

イオン銀行の口座がいらないイオンカードはこちら。

イオンカード完全ガイド

イオンカードセレクトがオススメな方は?

1.カードに年会費はかけたくない
2.ETCカード・家族カードが欲しい
3.近くのイオンによく行く
4.生活費は節約したい
5.預金の金利を高くしたい

5つの中で、ひとつでも当てはまった、あなたはつくる価値アリです。

なぜなら、イオンカードセレクトは「日常生活のコスパを最強にするカード」だからです。マイルやショップの優待といった、特定の目的に絞った特典はありませんが、普段のお買物では確実に力を発揮してくれますよ

イオンカードセレクトとETCカード

イオンカードセレクトの詳細情報

申込み資格 高校生を除く18歳以上で、電話連絡(携帯電話を除く)のとれる方
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
限度額 最大50万円
審査時間 最短即日
発行時間 通常1~2週間
入会金 無料
年会費 無料
支払い方式 1回、2回、ボーナス1回、ボーナス2回、リボ払い、分割払い
分割払い(年率) 10.05~12.04%
リボ払い(年率) 実質年率15.0%
キャッシング(年率) 7.8%~18.0%
遅延損害金(年率) 14.5%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
イオンクレジットサービス株式会社の詳細
金融機関名 イオンクレジットサービス株式会社
住所・所在地 東京都千代田区神田錦町3丁目22番地 テラススクエア
電話番号 043-331-0999
貸金業登録番号 関東財務局長(1)第00215号

イオンカード関連ページ

イオンカード(ETC無料)の完全ガイド~9枚の候補カードと比較!

電子マネーで節約できるカードの関連記事

楽天カード(クレジットカード)の申し込みで損しないポイント。ETCカードの年会費を 無料 にする方法

セブンカードプラスでETCカードを申し込むべき3つの理由

ポンタカード(ローソンカード・ローソンPontaカード)完全解説!

ファミマTカード(ETCカード無料)8つのメリットと2つのデメリット

Yahoo!JAPANカード/ETCカード | 5つのメリット・3つのデメリット



 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.