ポンタカードの作り方と登録の手順を図解で解説!

ポンタカードの作り方と登録の手順を図解で解説!

この記事で分かること

☑ 「ポンタ」とは?
☑ 「ローソンポンタカード」の3種類のカード、それぞれの違いとメリット&デメリット
☑ 無料で作れるポンタカード。利用までの手順(図解で解説)
☑ カードを発行するだけでは使えない?ポンタカード登録方法

色々な店舗で使えて便利な「ローソンポンタカード」。今では提携店も増え、ファミマTカードオリコカードといった有名なカードと同様によく聞くポイントカードとなっています。

その中でもクレジット機能がついたJMBローソンPontaカードVisaはJALのマイルとも相互提携されており、旅行のときにもポイントが貯まって便利になりました。また、ポンタカードよりもポイント還元率が高いというのも魅力の一つです。貯まったポイントを普段の買い物で使ったり、公式サイトに掲載されているポンタ特典交換やキャンペーンの応募に使ったり…いろいろなことに使えてお得なカードです。

「いろいろな所でみかけるから使ってみたい」
「一枚持ってみようかな」

と興味を持たれた人にはぜひ見てもらいたいのがポンタカードには3種類のカードがあり、それぞれの特徴を見て、これがいい!という一枚を選んでほしいのです。

ここでは、
・ポンタカードはどんなカード?
・ポンタカードの発行方法
・利用するための登録手順

を解説していきます!

ローソンポンタカードのメリット&デメリットを徹底解説!

ポンタカードのポイント活用法

ポンタカードの再発行の方法と破損・紛失の対処法

ポンタカードの加盟店一覧【サービス内容をご紹介】

ポンタカードの種類による違いとは?デザインは?

ポンタポイントが貯まるアプリやゲームはこちら

ポンタポイントvsTポイント・どちらがお得?【2017年度版 徹底比較】

ポンタカードを3分で解約・退会する方法と手順と電話番号

【目次】

ローソンポンタカードとは?
 そもそも「ポンタカード」とは?
 ポンタカードは3種類
 クレジット機能付きカード
 ポイントカード
 プリペイドカード

カードを作ってみましょう
 クレジット機能付きカード/JMBローソンPontaカードVisaの利用手順
 ポイントカードの利用手順
 プリペイドカードの利用手順

ポンタカードを利用するには登録が必要
 ポイントカード登録手順
 プリペイドカード登録手順

ポイント移行や統合も可能
 ポイントカードへのポイント移行や統合なら電話でカンタン!
 おさいふポンタへの移行はちょっと面倒?

ポンタカードの関連ページ

コンビニ系カードの関連記事

このページをご覧の方に人気のカードはこちら!

ローソンポンタカードとは?

そもそも「ポンタカード」とは?

「ポンタカード」は、ローソンやゲオ、昭和シェルなどの加盟店で使える共通ポイントカードです。

一度は見たことがあるのではないでしょうか?このキャラクターの名前は「ポンタ」。ローソンpontaカードにもデザインされていますね。

このポンタというキャラクターの由来は2つあります。1つは、ポイントが「ポンポン貯まる」というところから「ポンッ」が昔話のたぬきが変身する音のようで、たぬきがキャラクターとなっています。もう1つの由来は「Point terminal(ポイントターミナル)」。つまり、消費者と提携企業でポイントが行き来するような「ターミナル」をイメージしています。そして、このポイントサービスが無限に広がるようにロゴには「∞(無限)」のマークも入っています。(ポンタの目の周りの白い部分も無限のマークがイメージされているのです。)

可愛らしいキャラクターですよね。このポンタ、色々なお店で見かけませんか?そして、そのお店の制服を着ていたり…そう、実はこのポンタは、「ポンタカード」の提携店舗のお店の制服を着ているのです。つまり、ポンタカードはそれだけ使えるお店が多く、幅広い活躍が期待できます。

では、どのように活躍するのか。それはやはり提携先のポイントが交換できるということです。実際に交換できるポイントを一部あげてみます。

【JAL】…マイルと交換(JMBローソンPontaカードVisaならマイルを貯めることも可能)
【リクルート】…リクルートポイントと交換
【ドコモ】…dポイントと交換(ドコモポイントとは交換不可)

この他にも交換できるポイントはありますので、ぜひ一度確認してください。

しかも、こんなに使えるのに入会金・年会費無料!!

提携店舗もローソンだけでなく、旅行会社や飲食店、ガソリンスタンドなどと提携しているのです。(Ponta提携企業一覧

一枚は持っておいて損はないポイントカードと言えますね。Ponta提携社サービスの内容に関して(会員登録をしたり、ポイント交換、キャンペーンなど)は、ポイント連携サイト「Ponta Web」に紹介されています。一度チェックしてみてください。

では、実際にポンタカードとはどんなカードか、もう少し詳しく解説をしていきましょう。

ポンタカードは3種類

ポンタカードは最初に説明した通り、全国の加盟店で使えるポイントカードです。しかし、そのポイントカードには3種類あります。

まずはじめにその3つはこちら。

クレジット機能付き(JMBローソンPontaカードVisa/ローソンPontaカードVisaなど)
ポイントカード(ポンタカード)
プリペイドカード(おさいふPonta)

以上となります。

それぞれ用途が異なりますが、それらもポンタポイントが貯められ、加盟店舗であればそのポイントを共有できます。

この3枚はどう違い、それぞれどのような特徴があるのかを比べていきましょう。

クレジット機能付きカード

この2つのポンタカードは、クレジット機能が付いたものです。つまり2種類あるのです。どこが違うかわかりますか?

「JMBローソンPontaカードVisa」
「クレジット機能付きポンタカード」

この2つの違いは、JALのマイルが貯まるかの違いです。

とはいっても、どちらもJALのマイルを交換することは出来ます。しかし、「JMBローソンポンタカードVisa」での支払いをしたときに、ポンタポイントJALのマイルが両方貯まります。

一方、「クレジット機能付きポンタカード」の方はJALのマイルを交換することは可能です。しかし、このサービスを利用するには、「JMB×Ponta会員ID」の登録が必要だったりと少し手間がかかってしまいます。

そのため、よく旅行に行くのでJALのマイルを貯めている、という人には「JMBローソンPontaカードVisa」がおすすめです。このカードを持っていれば月々の買い物でもポンタポイントと一緒にJALのマイルは貯まるし、そのマイルを使うことも、ポンタポイントとして交換することも可能です。少しでも旅行に行く人ならば貯まったマイルをポンタポイント交換して普段の買い物なので使うというやり方もあるのです。

ポイントをより貯めることが可能な「JMBローソンポンタカードVisa」をお勧めします。

JMBローソンPontaカードVisaについてもっと知りたいという人はこちらの「JMBローソンPontaカードVisaってどんなカード?」をご覧ください。

ポイントカード

よく見かけるのがこの「ポンタカード」かと思います。クレジット機能が付いていないポイントカードとなっています。作り方も簡単でしかもカードのデザインも多いのでお気に入りの1枚を選んでください。

ポイントカードの利点はカードを店頭で受け取れるので、その時からポイントが貯められるということです。しかし、この時点ではポイントを貯めるだけ…貯めたポイントを使うには、別に登録が必要となります。

この登録方法は「カードの登録方法」でも説明をさせていただきますので、その方法がすぐに知りたい!という人はそちらをご覧ください。

他にもたくさん利点はあります。たとえば、提携店が多いため、活用する場が多いこと。もちろん、一番ポイントを貯めやすいのはローソンですが、提携店の多さでカバーできるでしょう。お店で確認をするのもいいですが、事前にこちらにある提携店舗の一覧を確認しておくと便利です。中にはPonta会員価格で提供しているところも…もし、提携店舗の中によく行くお店があったら持っておいて損はありません。

ポンタポイントを集める手段は買い物だけでなく、遊ぶだけでポイントが貯まるミニゲーム「Ponta PLAY」もあります。これなら、お子さんと一緒に楽しく遊びながらポイントを貯めることができます。

さらにポンタカードにはお得なサービスがあります。それは、「お試し引換券」というものです。

このサービスは、貯めたポイントを対象の商品と交換してもらうというものです。それだと普通ではないか?と思われるかもしれませんが、実はその割引率がすごいのです。

それがどのくらいお得なのかという詳しい説明はこちらの「ポンタポイントは「お試し引換券」が断然お得!」でされているので、ぜひご覧ください。

このように、さまざまな場面でポイントが貯められ、しかもそのポイントを賢く使える「ローソンポンタカード」は、クレジット機能がなければ基本的に誰でも入会は可能です。しかし、中学生未満(小学生以下)の人は親権者(法定代理人)の同意が必要となります。ですが、ポイントが貯まるので、学生さんもこのポイントカードを一枚持っておくと便利です。

プリペイドカード

こちらのカードは前もってお金をチャージしておくプリペイド機能がついた「おさいふPonta」です。

このカードがあればレジで財布から小銭を出したりという手間がなくなり、スムーズな買い物ができるようになります。

さらに、このカードで支払いをすると、ローソンやポンタ提携店舗だけではなく、JCBマークのお店で買い物してもポイントが付いてくるので他のポンタカードよりもポイントが貯まるのです。(ただし、JCBマークのお店では、おさいふPontaで支払った場合のみ対象となります)

では、ポイントを貯めるには必ずおさいふポンタでなければいけないのか。そんなことはありません。もし、チャージがなくて現金で買い物をしなくてはならない時は、このおさいふPontaをレジで見せることでポイントを貯めることができます。

「お買上げ」「お支払い」の違いは?
このカードで重要なのは、おさいふPontaから支払った(お支払いポイント)か、カードを提示して現金で買い物をした(お買上げポイント)かの違いが出てきます。

説明をしたようにおさいふPontaの特徴で「JCBマークのお店で買い物をした時にお支払いポイントが付く」というものがあります。このポイントが付く条件は、おさいふPontaで支払った場合のみとなります。

他のローソンやポンタ提携店ではおさいふポンタカード提示でポイントがつくので、この部分をうっかりしてしまうとせっかくのポイントを貯める機会を逃してしまうのでご注意ください。

そして、プリペイド機能の特徴が事前にチャージをしないと使えないという部分です。

人によってはいちいちチャージするのが面倒という人がいるかもしれません。ですが、この一手間があるので余計なお買い物をしないよう気にするようになります。そうなると、自然と節約に繋がっていくことでしょう。主婦であれば、毎月の買い物にかけるぶんだけお金をチャージしておくと余計な買い物をしなくて済みます。

また、チャージよりもクレジット機能の方がお得なのでは?と感じる人もいるでしょう。確かに、クレジットカードの方がチャージといった手間がなく、ポイントもより多くつきます。ならば、おさいふPontaの使い方とは?

先ほども述べたように、主婦の人が毎月の家計で制限したりする使い方と同じにはなりますが、学生の人にも同様に使えます。毎月のお小遣い代わりに、お財布を忘れたり落としたりしたときにこの一枚を別で持っていてもいいかもしれませんね。前もってチャージするとそのお金でと決められるので無駄遣い防止にもなります。

ですが、このカードで注意するべきは有効期限があるということです。

この有効期限は最後に使った日(支払いやチャージ)から2年です。この有効期限を過ぎてからの払い戻しなどは無いのでご注意ください。

チャージはローソンで現金でチャージ、インターネットではマイページからクレジットチャージができますので、有効期限が近いと思ったらその前に買い物のついでにチャージや支払いをしておきましょう。

カードを作ってみましょう

では、3種類のカードの違いをわかっていただけたことでしょう。今度はポイントカードの利用です。次は、ポイントカードの作り方をお教えします。

クレジット機能付きカード/JMBローソンポンタカードVisaの利用手続き

このクレジット機能付きのカードはクレジット会社への申込みとなりますので、ご注意ください。

[クレジット機能付きカード利用手続き]

Step.1 カードを決める
まずは、どのカードにするかをこちらの公式Pontaサイトにある「Pontaカード一覧」より選んでください。(ここでの対象は「クレジット機能付きカード一覧」となります。)
Step.2 対象の会社へ連絡
希望するカードをクリックすると、そのクレジットカードを発行している会社のサイトへ飛びます。それぞれの会社によって手続きが変わってきますので案内に沿って手続きを完了させます。


[JMBローソンポンタカードVisa利用手続き]

Step.1 カードを決める
まずは、どのカードにするかをこちらの「ポンタカード一覧」より選んでください。(ここでの対象は「クレジット機能付きカード一覧」となります。)
Step.2 カード会社のサイトへ
カード一覧の中にある「JMBローソンポンタカードVisa」をクリックし、カード会社へ飛びます(ここから先は、カード会社での申し込み作業となります)。
Step.3 インターネット申し込み
まずはインターネットでの申し込みをします。この申し込み受付時間は24時間可能となっていますが、19:30以降になってしまうと、翌日の対応となります。19:30までに申し込みをされれば、メールを送ったアドレスに30分以内で受付完了のメールが届きます。
※この申し込みをする前にドメイン指定の確認をし、「@mail.saisoncard.co.jp」のメールが受信できるようにしておきましょう。
Step.4 カード会社からの電話
申し込み後、カード会社より申し込み内容の確認のための電話が入ります(10:00~20:00の間に)。本人の意思や未成年であれば親権者の同意があるかの確認、他にも確認すべき点などを含めた手続きが行われます。そのため、この手続きに数日かかる場合があります。
この申し込み確認の電話が、場合によっては勤務先にも行く可能性があります。ですが、手続きの結果次第で電話をしない場合もありますのでその点は覚えておいてください。
Step.5 審査結果
手続きが終わりましたら、改めて審査の結果がメールにて届きます。こちらのメールは登録時に記入したアドレスへと送られます。
Step.6 カードの受け取り
審査が受かったら今度はカードの受け取りとなります。この受け取り方法は「郵送」「店舗来店」の2通りあります。この方法は、申し込み時に選べるようになっています。
受け取り方法
【郵送の場合】
審査結果のメールが届いてから翌日より最短3営業日後にカードが発送されます。
ですが、ETCカードも同時に申し込まれた場合は追加で1~2日程かかることがあります。

※セゾンカードが初めてという人には「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」にて発送されます。詳しくはこちらを参照ください。
【店舗来店の場合】
指定したセゾンカウンターにて受け取ります(最短即日発行)。もし、審査結果のメールが届いてから7日以内に受け取りがなかった場合は、解約されてしまい、再度申し込むことになってしまいますので、ご注意ください。

◆受け取り時に必要なもの
1.受付番号
2.本人確認書類(運転免許証または運転経歴証明書、個人番号カードなど。もし、各種保険証の場合は追加資料があります。本人確認書類についての詳細はこちらをご覧ください。)
3.金融機関の届印
4.キャッシュカードや通帳の口座番号がわかるもの

※運転経歴証明書は平成24年4月1日以降に交付されたもの対象です。
※最短即日発行受付の時間は営業時間と異なる場合があります。
※休業日は店舗によって異なるので、事前に電話で確認してから受け取りに行きましょう。

もし、すでにセゾンカードやUCカードを持っているのであれば、この申し込みの時に提出した名前や住所などを最新の情報として全てのカード(一部カード除き)の登録内容を統一されます。

もし、来店できずに解約となってしまうことを心配されるのであれば、郵送での受け取りがいいでしょう。その方が住所に間違いがない限り、確実に自宅へ届きます。

ポイントカードの利用手続き

ポイントカードの手続き方法は

インターネットからの申し込み
申込書からの申し込み
電話からの申し込み

以上3つの手段があります。

一番手間がかからない手段はインターネットからの申し込みです。しかし、インターネットだとよくわからないという人もいるかもしれません。そんな人のために、それぞれどのような手順で手続きをしていくのかを説明していきましょう。

提携社ポンタカードはデザインの種類が豊富なので、作りたいと思ったときに「ポンタカード一覧」をご覧ください。中には発行終了しているデザインもあります。

ポンタカード一部紹介
発行中 発行終了
・オリジナルPontaカード
・ローソンPontaカード
・シェルPontaカード
・ゲオPontaカード
・ルートインホテルズPontaカード
・ヒマラヤPontaカード
など
・オリジナルゴールドPontaカード
・ローソンマートPontaカード
・日本通運Pontaカード
・セガPontaカード
・ウィラートラベルPontaカード
・ゼンショーPontaカード
など


[インターネットからの申し込み]

Step.1 カードを入手
まずは、ポンタカード入手から始めます。申込時にカードの発行をするか、カードはローソンなどのポンタポイント提携社にも置いてあるのでレジにてその旨を伝え、受け取ることができます。(デザインも異なりますので、ぜひ見比べて下さいね)詳しいカードのデザインは「ポンタカード一覧」を参考にしてください。
この時点では、まだカードへポイントを貯めることのみ可能となっています。レジで受け取る場合には、何かの用事のついでに入手するのもいいですね。
Step.2 会員登録をしよう
カードを無事入手したらあとはインターネットでの作業となり、「Ponta Web利用手続き」からの登録となります。この手続きを行わないとポンタポイントやWEBサービスを利用することができません。
WEBサービスへの詳しい登録手続きはこちらをご覧ください。
Step.3 手続き完了
登録手続きまで完了しましたら、あとはその登録情報が反映されるまでお待ちください。約1日~2日かかるかと思われます。
ですが、この間にもポイントは貯められますので、レジなどでさっそくポイントを貯めていきましょう。


[申し込み書からの申し込み]

Step.1 申し込み書を入手
申し込み書は、店頭に置いてあったりするので、まずは店員にポンタカードの申し込み書がないかを聞いてください。あれば、そちらをもらいましょう。
この時、ポンタカードをレジでも手に入れることができますが、郵送でも受け付けていますので、全て郵送で任せる場合には申し込み書へカード発行を記載しましょう。
Step.2 申込用紙の準備
では、入手した申込用紙に必要な内容を記入します。特に、誤字脱字、そして必須項目の記入漏れなどに気を付けてください。こちらの情報の記入が終わりましたら、ポストへ投函して下さい。
Step.3 手続き完了
投函後、手続き完了の連絡がきます。その会員IDなどで一度確認(会員サイトへログインしてみるといいかもしれませんね)し、使えるようであればポンタカードのポイントを使うことも可能になります。

[電話からの申し込み]

Step.1 カスタマーセンターへ電話
ポンタカスタマーセンターで電話をしましょう。この時、手元にポンタカードを用意しておけばさらに手続きは楽になります。(カスタマーセンターへの電話の際は、ほとんどPonta会員IDなどを聞かれます)
【Pontaカスタマーセンター】
[フリーダイヤル]0120-0-76682
[ナビダイヤル]0570-0-76682

(ナビダイヤルは携帯から/通話料有料)

[受付時間]
年中無休(9:00~21:00)
Step.2 手続き完了
手続きの完了後、数日は手続きに時間がかかりますし、その間は「Loppi」では使えませんのでご注意ください。手続き完了の連絡がきましたらポイントの利用が可能となります。

以上がそれぞれのカード発行の手続きとなります。

期間としてはインターネットからの手続きであれば2、3日(余裕をみて1週間程度)であり、郵送や電話の場合は2週間~3週間ほどかかります(カード発行を含む場合は少し時間がかかります)

ですが、この期間を過ぎても連絡がこない場合はカスタマーセンターへご連絡をお願いします。記載漏れなどの何かしらのトラブルの可能性もあります。

【ポンタカスタマーセンター】
[フリーダイヤル]0120-0-76682
[ナビダイヤル]0570-0-76682

(ナビダイヤルは携帯から/通話料有料)

[受付時間]
年中無休(9:00~21:00)

プリペイドカードの利用手続き

このおさいふPontaは、プリペイドカードとなっていますので、基本的にはカードにお金をチャージし、買い物に使えます。しかし、ポンタポイントを使うには会員登録をしなくてはならないのです。まずはここでおさいふPontaのカード入手方法をお教えし、ポンタポイントを使うための会員登録方法はこちらでお教えします。

[カードはローソンで受け取り]

Step.1 ローソンにて入手
おさいふPontaは、ローソンでの配布となります。
ちなみに、このカードにチャージできるのは、全国のローソン系(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100)で、インターネットからならマイページでクレジットカードの登録をした場合のみ可能となります。

※おさいふPontaは通常のものとは別に、限定で配布されるカードもあります。受付期間中であればそれも発行できますので、随時更新される「おさいふPontaの種類」をご確認ください。

また、ここで注意していただきたいのは、学生の人でも利用は可能となっていますが、ポンタポイントを使うためには会員登録の必要があります。その会員登録では未成年の人は、親権者の同意が必要となります。さらに、中学生未満の方も親権者の同意の取得が必要です。

親権者の同意以外には必要なものなのはありません。そのため、おさいふPontaを入手した際には、チャージをする前にまずは会員登録を済ませてしまった方がポイントも早くに付きます。

既にポンタカードがある人はそのポイントをおさいふPontaに移行することもできるようになります。

ポンタカードを利用するには登録が必要

カードを入手したら今度はそのカードを使うために会員登録をしなくてはポイントやWEBサービスを利用することができません。

ただし、クレジット機能付きのカードをお持ちの場合は、こちらはすでに会員登録をした状態で手元に届きますので必要はありません。ですが、WEBサイトも活用したいという人がいましたらログインできるか確認してもいいでしょう。

この会員ページでは、ポイント通帳(ポイント残高などのポイント利用に関する情報)が見られて便利ですので、登録しておくことをおすすめします。

では、ポイントカードとプリペイドカードの会員登録の手順をお教えしましょう。

ポイントカード(ポンタカード)

プリペイドカード(おさいふPonta)

ポイントカードの登録手順

こちらの登録は「Ponta Web」よりログインする必要があります。初めての人は、新規利用手続きを行ってください。

また、自分がどんな状況なのか分からないという人は共通ポイントPonta公式サイトに掲載されている「Ponta Web利用手続きガイド」からはじめることをおすすめします。

[Ponta Web新規登録手順]

Step.1 まずは手続きのページへ
TOPの「新規利用手続き」から手続きを開始します。この時、リクルートIDを持っているか持っていないかの選択が出てきますので、それぞれから手続きを始めてください。
Step.2 必要情報を入力
情報入力の際、ポンタカードの所持の有無項目でカードを持っている人は「持っている」を、持っていない人は「持っていない」のボタンを選択してください(持っていない場合には郵送にてカードが発行されます)。
また、ここでカードを持っている人は「Ponta会員ID」を入力します。
Step.3 セキュリティーコード入力
情報の入力を進めていくとセキュリティーコードを入力する画面へと進みます。こちらのコードはポンタカードに記載されていますので、それを入力します。
Step.4 手続き完了
すべての情報が入力完了しましたら間違いがないか確認画面が出てきます。記入漏れや入力ミスがないかを確認し、間違いがなければ「完了」をクリックしてください。
これで登録手続きは完了となります。

こちらの作業はあくまでも「登録手続き」であり、まだ登録は完了されていません。入力した情報が反映されるには、1日か2日ほどかかります。反映されたかの確認をするには、一度サイトからログインしてみるのがいいでしょう。ログインができれば登録が完了です。

プリペイドカードの登録手順

おさいふPontaはポンタカードとは別に公式サイトがあります。会員登録は「こちらのページ」より行われます。ポンタカードのサイトとお間違いないようご注意ください。

こちらの会員情報登録をしておくと、残高照会や利用ポイント確認などの他に、ポンタポイント移行が可能となります。ですが、一部引き継ぎができないサービスもあります。その部分をご了承いただいてからのポイント移行をお願いします。(ポイント移行の場合、会員情報登録の内容が今までのカードと新しいカードで一致していないと手続きができません)

そして、こちらの登録手段としては

インターネット
・Loppi(新規登録既存のポンタカードの情報を登録
電話

以上の3通りありますので、それぞれの手順を案内していきます。

[インターネットからの会員情報登録手順]

Step.1 メールアドレスの登録
最初に行うことはメールアドレスの登録です。こちらのメールアドレスは、最初にログインするためのIDとなります。登録をしましたら仮登録メールが配信されますのでそちらに掲載されているURLをクリックし、本登録の作業が始まります。
Step.2 情報入力
ここから情報を入力していきます。

本人確認(Ponta会員ID、セキュリティコードの入力)
利用申込(名前、住所など必須項目全て)
Step.3 情報入力確認
入力した情報が表示されますので、その内容の抜けや誤字などがないかを確認し、大丈夫であればOKをクリックし、登録は完了となります。


[Loppiからの会員情報新規登録手順]
ここでは、おさいふPontaを新規で登録する場合の手順をご紹介します。

Step.1 Loppiがある店舗へ
会員情報を新規で登録される場合は、おさいふPontaを持参してください。
Step.2 情報入力
ローソン店頭に設置されているLoppiにてカードをスキャンして「新規登録」を選択し、規約や注意事項の確認、個人情報などを入力してください。
Step.3 手続き完了
内容の確認が完了し、手続きが終わりましたら申請は完了となります。
申請した日の翌日以降、情報が反映されます。


[Loppiから既存のポイントカード会員情報の登録手順]
ここでは、すでにポンタカードを持っている人がおさいふPontaへその情報を登録する場合の手順をご紹介します。

Step.1 Loppiがある店舗へ
おさいふPontaと既存のポンタカードを持参してください。
Step.2 情報入力
ローソン店頭に設置されているLoppiにてカードをスキャンして「移行する」を選択し、規約や注意事項の確認をし、今度はポンタカードをスキャンします。
Step.3 手続き完了
内容の確認が完了し、手続きが終わりましたら申請は完了となります。
申請した日の翌日以降、情報が反映されます。


[電話での会員情報登録手順]
おさいふPontaデスクという窓口への電話で登録となります。こちらの連絡先もポンタカードのものとは異なりますのでご注意ください。

Step.1 おさいふPontaデスクへ電話
おさいふPontaを準備し、下記連絡先へ電話をしてください
【おさいふPontaデスク】
[ナビダイヤル]0570-064-836
(通話有料)

[国際電話・IP電話を利用する場合]
東京:03-5996-1205
大阪:06-6261-3702

[受付時間]
9:00~17:00(元旦除く)
Step.2 情報を伝え、登録完了
オペレーターが出ますので、その指示に従い、情報を伝えていきます。
この作業のみで会員情報の登録は完了となります。

ですが、ここで注意していただきたいのが、このローソンLoppiと電話から会員登録をされた人。おさいふPontaのサイトのマイページへログインするには、一度、このサイトへのログインIDとパスワードの登録が必要となります。とはいっても、こちらで紹介した「インターネットからの会員登録手順」とほぼ同じ手順となっています。

■マイページへログインするための手順

Step.1 メールアドレスの登録
まずは、メールアドレスの登録です。こちらのメールアドレスは、最初にログインするためのIDとなります。登録をしましたら仮登録メールが配信されますのでそちらに掲載されているURLをクリックし、本登録の作業が始まります。
Step.2 情報入力
ここから情報を入力していきます。

本人確認(ポンタ会員ID、セキュリティコードの入力)
ログインパスワード入力(同時に秘密の質問の設定も行います)
[Loppiでの登録をされた人]
情報の反映までに時間がかかるため、ここで名前や住所など再度情報を入力する場合があります。
[電話での登録をされた人]
電話で受け付けが完了しているため、ここで名前や住所の入力の必要はありません。

一度トップ画面からマイページへログインを試みて、ログインできれば完了となります。

以上の手続きが済めばショッピングをしてポイントを貯め、貯まったポイントで買い物をしたり景品と交換したりといろいろなことができるようになります。

【ちょっとした豆知識】
ローソンでは「ボーナスポイント」というシステムがあり、これがポイントを貯めるのに持って来いのサービスなのです。

このボーナスポイントというものは、対象商品を買ったときにレジにてポンタカード、またはdポイントカードを提示すると通常のお買上げポイントに加算してもらえるポイントとなっています。

期間が決められていますが、そのボーナスポイント対象商品の数が多いのです。せっかく買うのであればより多くのポイントがつく買い物をしてみませんか?

期間中の商品はローソンホームページ「ボーナスポイント」をご覧ください。

使い方をもっと詳しく知りたいという人はこちらの「ポンタポイント・お試し引換券について」をご覧ください。ポンタカードでどんなことができるのか、解説をしています。

ポンタポイントの移行や統合も可能

今まで新規の人を対象に手順を説明してきましたが、もちろん、今までポンタカードを使っていたという人が新しいポンタカードへ移行する、複数カードがあるから統合したいという場合もあるでしょう。

そんな人はこちらの手順を参考にしてください。

ポンタカードへのポイント移行や統合なら電話でカンタン!

ポイント移行や複数カードの統合手順はとても簡単で、ポンタカスタマーセンターへ「新しいポンタカードに今までのポイントを移行したい」「複数あるカードを1枚のカードにまとめたい」と電話をするだけです。

【ポンタカスタマーセンター】
[フリーダイヤル]0120-0-76682
[ナビダイヤル]0570-0-76682

(ナビダイヤルは携帯から/通話料有料)

[受付時間]
年中無休(9:00~21:00)

この手順はポンタカードを再発行する時のものと同じなので、詳しい手順はこちらの「ポンタカードの再発行手順」をご覧ください。

ただし、Pontaクレジットカード同士のポイント移行はできません。この場合はどちらかのポイントを使い切ってからクレジットカードの解約をすることをおすすめします。

もちろん、複数のカードでポイントを集める「グループ機能」もあります。ですが、こちらはグループ登録をしても、オーナーとなるカードでしかポイントを貯めることも使うこともできなくなるのです。ちょっとこれだとクレジットカードを複数持つ意味がなくなってしまいます。

そのため、クレジットカードが複数ある場合はどれか1つに絞る方が手間も少なくなるかと思います。

おさいふPontaへの移行はちょっと面倒?

そしてもう1つ気をつけることは「おさいふPonta」へのポイント移行です。

このおさいふPontaへの移行はインターネット、またはローソン店頭Loppiにて可能となっています。ですが、ポイント移行をする前おさいふPontaの会員登録をしておかなければなりません。こちらの手順は「プリペイドカードの登録手順」にて説明しています。

ただ、このポイント移行で注意していただきたいのは、ポンタカードとおさいふPontaではポンタが使える店舗と使えない店舗が異なっています。詳しい店舗についてはこちらの一覧に記載されています。

さらに、ポンタカードを会員証として使っていた人はその会員証がどうなるのか気になるかと思います。これに関しても自動で引き継ぐものと引き継がれないものがあります。

▼ポイント移行後に自動で引き継がれる・引き継がれないサービス一例
引き継がれる 引き継がれない
ローソンWEB(HMV店舗やローチケHMV) カーネルクラブ
ローソンID ピザハットオンライン会員登録
リクルートIDコネクト Edyのポンタサービス登録
Ponta関連登録情報(JMB×Ponta会員登録やPonta会員ID登録・Ponta Webログイン) Ponta PLAYコンテンツ・Pontaタイム
ゲオレンタル会員機能、ゲオアプリ ヒマラヤオンラインの会員登録

などがあり、中には今まで貯めたポイントも引き継げないという場合もあります。細かな条件などはこちらの一覧をご覧ください。

また、これは自動で引き継げないものということであり、ポイント移行後にご自身で変更を行うというものです。会員証機能がなくなる、会員情報登録内容がなくなるわけではありません。

このように、ポンタカードのポイント移行はカスタマーセンターへの電話で完了しますし、おさいふPontaならWEBかLoppiで解決します。ただ、引き継ぐカードによってはサービスなどの細かい点が変わってくる場合もあります。そのため、ポイント移行の前にまずはどんなサービスがあるか、ポイント移行をすることでどんなデメリットがあるかなどを確認してください。

ポンタカードの関連記事

ポンタカード(ローソンカード・ローソンポンタカード)完全解説!

ポンタカードのポイント活用法

ポンタカードの再発行の方法と破損・紛失の対処法

ポンタカードの加盟店一覧【サービス内容をご紹介】

ポンタカードの種類による違いとは?デザインは?

ポンタポイントが貯まるアプリやゲームはこちら

ポンタポイントvsTポイント・どちらがお得?【2017年度版 徹底比較】

ポンタカードを3分で解約・退会する方法と手順と電話番号

コンビニ系カードの関連記事

「セブンカードプラス」でETCカードを申し込むべき理由とnanacoポイントがお得な理由

ファミマTカード(クレジットカード)のメリット・デメリット徹底解説

ファミマTカードの審査【完全ガイド】審査期間は?状況と結果の確認は?落ちたら?

ファミマTカードにTSUTAYAのレンタル機能を登録する方法!有効期限や登録料は?

ファミマTカードで公共料金をクレジット払いする方法&ポイントを貯めまくる方法!

ファミマTカードを紛失・盗難・不正利用の被害に…再発行と保険請求の手順

ファミマTカードのログイン方法!ログインできない?【すべて解決】

このページをご覧の方に人気のカードはこちら!

「JMBローソンポンタカードVISAもいいけど、他も気になる!」という中々決めきれないあなたのために、当サイトで人気の一押しカードを合わせてご紹介しておきます。

ぜひ色々検討して、自分にあったカードを選んでくださいね!

楽天カードの申し込みで損しないポイント

出光カードまいどプラス:出光ETCカードの実力を5つのポイントから検証

オリコカード・ザ・ポイントの申し込み前に読むべきこと

ライフカード完全ガイド



このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
代表的なETCカード比較

ETCカード徹底比較・・・目的別・ポイント比較
楽天 ETCカード
イオンETCカード
三井住友ETCカード
オリコUPty iD【ETCカード】
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
P-oneFLEXY
東急カード
NEXCO中日本プレミアムドライバーズカード
NTTグループカード
コスモ・ザ・カード オーパス
JCB ドライバーズプラスカード
ライフカード
MUFGカード
JCB EITカード
セゾンカードインターナショナルでETCカードを作る3つのメリットと3つのデメリット
エポスカードを申し込む前に確認したい7つのポイント(ETCカード無料付帯)
VIASOカード(+ETCカード)を徹底検証 –4つの強みと3つの弱み
セブンカードプラスでETCカードを申し込むべき3つの理由―nanacoポイントがお得!
レックスカードでETCカードを発行する前に絶対押さえておくべきメリットとデメリット~4枚のカードと徹底比較!
オリコカード・ザ・ポイントを申し込む前に。5つの長所と3つの短所(ETCカード無料)をアップしました!
【必見】漢方スタイルクラブカードを申し込む前に確認したい3つのポイント(ETCカード無料)をアップしました!
JMBローソンPontaカードVISA(ETCカード無料)の3つのメリットと1つのデメリットをアップしました!
ファミマTカード(ETCカード無料)8つのメリットと2つのデメリット!


年会費無料のETCカード・・・結局どれがイイの!!???
「ETCカードまるわかりガイド」がオススメする 年会費無料ETCカード 徹底比較はこちら


>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.