楽天カード紹介キャンペーンでポイントがつかない原因は?紹介者IDはどこ?

この記事で分かること

☑ 楽天カード紹介キャンペーンを利用する上でやってはいけないこと
☑ 紹介ポイントを確実にもらえる手続き方法
☑ 「紹介者ID」には何を記入すればいいのか

楽天カードには紹介キャンペーンというポイント還元サービスがあります。

これは既に楽天カードを持っている人がご家族・お友達を楽天カードに紹介すると楽天スーパーポイントのごほうびがもらえる…というもの。

カード申し込み時の記入項目にも紹介者IDという欄がありますね。このIDとは何なのかについても後ほどお話します。

さて、実はこの紹介制度には条件や制約が多く、タイミングを見誤ったり手続きにわずかな不備があっただけでも紹介が無効になってしまい、1ポイントももらえないことがあるのです。

そのような悲劇をこの世から一掃すべく、本記事では楽天カード紹介における注意点、手続き時の気になるあれこれを、細部に至るまで徹底解説いたします。

お急ぎの方はまとめから先にご覧ください。
まとめ~確実に紹介ポイントをゲットするには

【目次】

まず最初に知っておきたいこと
 ポイントが進呈されるまでの手順
 紹介された人にメリットはないの?
 紹介キャンペーン対象カードは6種類

キャンペーンを適用させる申し込み方法
 紹介の方法は4パターン
 一番ラクで確実なのはメールでの紹介
 スマホからはLINEでの紹介もおすすめ
 「紹介者ID」はどこにある?どこに入力する?
 紹介する相手が家族でも大丈夫?

知らないと獲得ポイントがゼロになりかねない注意点
 紹介が無効になってしまう4つのパターン
 ボーナス特典のエントリーを忘れずに

まとめ~確実に紹介ポイントをゲットするには

「楽天カード」の関連ページ

まず最初に知っておきたいこと

ポイントが進呈されるまでの手順

まずはキャンペーン概要から。

キャンペーン入会ポイントが手に入るまでの流れは以下の通り。

楽天カードを紹介して入会キャンペーンポイントが入るまで

入会申込URL、もしくは紹介者IDを楽天カード新規入会を希望する友人・知人に送る


受け取ったURLから楽天カードを申し込んでもらう、または申し込みフォームに紹介者IDを入力してもらう


カードが発行される


約2ヶ月後、紹介者の楽天ポイント口座にポイント進呈

細かい条件や手続方法は後ほど詳述します。

紹介ポイントはいつもらえるの?
キャンペーン締め切り日の翌々月20日ごろに付与されます。

たとえばキャンペーン期間が10月末までであれば、ポイントは12月20日ごろに加算されます。

ポイント還元額とその内訳
1人紹介するごとに2000ポイントが付与されます。
ただし2人目以降は、さらにボーナス特典ポイントが1人につき1000ポイントずつ進呈されます。(2016年10月現在)

ちなみにこの紹介キャンペーン、以前は「1人につき1500ポイント、2人紹介したら合計5000ポイント」という内容でした。2015年から進呈ポイント数が増額され、現在の2000ポイントに落ち着いています。

注意点としては、期間限定ポイントでの還元であること。これは通常のポイントサービスでもらえるものと違い、有効期間がポイント獲得の翌月までと短めに設定されています。
使いみちは通常ポイントとほぼ変わりませんが、ついうっかり期限切れしてしまいがち。ポイント失効の前に使い切っておきましょう。

そしてもうひとつ、ポイントは紹介した人だけに対して進呈されます。

…ん?紹介されて新規入会したほうにはポイントプレゼントとかないの?

紹介された人にメリットはないの?

そうなんです。楽天カードの紹介キャンペーンでは、得をするのは紹介した人だけなのです。

もし紹介を受けて新規入会したところで、入会ポイント付与数もポイント還元率も変わらないし、新規入会特典が上乗せされるわけでもありません。カード入会の審査基準にも、まず影響はないでしょう

なので、あなた自身が申し込むときは、無理に紹介してくれそうな人を探す必要はありません。
「紹介者ID」の欄は空欄のまま申し込みを進めてOKです。

こういった紹介制度って、新規入会者にも入会ポイントアップとか何か特典がありそうなものですけどね。
新規契約者本人が対象の入会キャンペーン自体は紹介のあるなしで変動はしないので、別に損するわけではないのですが。

ちなみにTwitterなどを見てみると「申込ページで、この紹介IDを入力すると5000ポイントもらえます!」とか言っている方がちらほら見受けられますが…
紹介IDを入れても入れなくても、申込者が獲得できる新規入会特典ポイント数は変わりません。
公式サイトで調べてみればすぐわかります。論より証拠。

もし入会ポイント目当てで紹介制度を利用するなら、紹介してくれる人を探す必要はありません。むしろ自分が人に紹介する側にまわれるよう、先にカードを作ってしまうのが得策ですね。

たまには紹介された側も得するキャンペーンもある

2015年10月頃は、紹介キャンペーンページ上にこのように掲示されていました。

※現在このキャンペーンは終了しています

ここには「紹介された方に500ポイント」とあります。
時期によっては新規入会者にもポイントがつくのか?と思いきや、これは楽天カードとは連動しない「楽天市場紹介キャンペーン」。カードとは関係なく、紹介した人が楽天市場で初めて買い物をするとポイントが入るという期間限定キャンペーンでした。

このように別の施策が同時に展開されることこそあれ、カード新規入会の紹介に関しては、少なくとも2014年以降は、ずっと紹介者にしかポイントが入らない内容で統一されているようです。

紹介キャンペーン対象カードは6種類

楽天カードとひとえに言ってもいくつもの種類があります。
その中で、紹介相手が申し込んでくれると紹介者がキャンペーン特典をゲットできるものはこの6種類。

楽天カード
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
楽天ANAマイレージクラブカード
楽天PINKカード
楽天カード アカデミー(学生カード)

年会費無料、有料関わらず大部分が対象となっています。
逆にキャンペーン対象外のカードは以下のもの。

●各種家族カード
●楽天ビジネスカード
●楽天銀行カード
●ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

挙げてはみたものの、これらはそもそも申し込みページ自体が別の場所なので間違えることはまずありません。

キャンペーンを適用させる申し込み方法

紹介の方法は4パターン

では、具体的にどのような手続きをとるのかというと、方法は4つ。
おおまかに分けると、「紹介URLを送信する」ものと、「紹介IDを送付する」ものがあります。

紹介URLを送信する方法
メールで招待状を送る
Twitterで招待メッセージを送信する
LINEで招待メッセージを送信する

この3つはいずれも相手に楽天カード入会ページへのリンクが記載された招待メッセージを送信します。
それを受け取った方がメール・メッセージ内のリンクから入会手続きを進め、カード発行に至ると紹介者に対しポイント付与されます。

紹介IDを送信する方法
④ 楽天e-NAVIで紹介者IDを確認し、入会希望者に伝える

楽天カード会員専用ページ、e-NAVIに表示されるIDを自分で入会希望者に伝える方法です。

このIDは楽天会員一人ひとりに違った文字列が割り当てられています。新規入会する方が申し込みページの「紹介者ID」欄に入力してカードをつくると、そのIDを発行した会員にポイントが入ります。

この方法はメールアドレスやTwitterのアカウント情報などを楽天に入力しなくて済むのが利点ですが、IDの記入漏れ、記入ミスにより招待が無効になってしまう可能性があります。

なので、安全性でいえば①~③のURLを送付する方法の方がおすすめ。

一番ラクで確実なのはメールでの紹介

相手のメールアドレスがわかっているなら、以下のリンク先から招待メールを送信しましょう。

楽天カード紹介キャンペーン:メール送信ページ

こちらに招待する相手の名前とアドレスを入れて送信すると、こんなメールを送ることができます。

※画像内の入会ポイント額などは2016年10月時点のものであり、変動することがあります。

このメールから相手が申し込みを終え、カードが発行されるとポイントゲット。

この招待状が迷惑メールに振り分けられてしまうこともあるので、念のため別口で「招待したよー」とでも一報入れておくと安心。

スマホからはLINEでの紹介もおすすめ

iPhoneなどのスマートフォンからご覧の方はコチラのほうが楽かもしれませんね。

LINEでこのような招待メッセージを送ることもできます。実際に送信してみました。

うっかり楽天カードとライバル関係にある某カードの公式アカウントを招待してしまいました。デリカシーがなくてすみません。

メールと同様、相手がこのURLから申し込みを進めてカード発行に至ればポイントを獲得できます。

今このページをスマートフォンで見ているなら、以下のURLを開くとLINEアプリが起動してメッセージを送信できます。
楽天カードをLINEで紹介する

PCなどで見ている方は、このQRコードをスマホで読み取ってアクセスしてください。

引用元:楽天カード紹介キャンペーン

表示されたページで楽天にログインすると、このような画面からLINEが起動します。

アプリが起動すれば、あとは送信する相手を選ぶだけ。かんたんです。

「紹介者ID」はどこにある?どこに入力する?

もう一つの方法は、8文字のIDを相手に伝え、カード申込時にそれを入力してもらう方法です。

このIDは楽天e-NAVIで調べることができます。 以下のリンクで確認ページへショートカットできます。

楽天e-NAVI:紹介者IDを確認する

「S」からはじまる8文字の英数字が招待IDです。
この番号を相手にメールで伝えるもよし、なんなら奥ゆかしく紙の手紙で伝えても構いません。

ただし、何度も言いますがポイント獲得条件は新規入会者が申し込みページでこのIDを間違えずに入力し、カードを発行すること。
入力忘れ、入力ミスは問答無用でポイント獲得対象外となります。

IDを入力する欄は申し込みフォームの下部、下から2番めあたりの項目にあります。

楽天カード申し込みページ

紹介する相手が家族でも大丈夫?

はい、問題ありません。
ただし、冒頭でも述べたように家族カードはキャンペーン対象外。ご家族ご自身の名義で個人カードを申し込む必要があります。

紹介相手が身内だからという理由でキャンペーン入会特典が無効になってしまうのは、自分自身を紹介したときくらいなものです。

知らないと獲得ポイントがゼロになりかねない注意点

紹介が無効になってしまう4つのパターン

入会手続きも不備なく済ませ、無事にカードも発行されて、めでたしめでたし。
…だったはずなのに、ポイントが届かないぞ?なんてこともあります。

その原因として見落としがちなものを挙げてみると…

申し込みが遅れ、キャンペーン期間外になってしまった
楽天カードの紹介キャンペーンは、2週間~1ヶ月程度に期間を区切られて繰り返し開催されています。
一つの期間が終われば、通常はすぐに来期のキャンペーンが始まります。

ただし、招待メールやメッセージからの申し込みは、招待したのと同じ期間内に申し込みを済ませる必要があります。

申し込むのが遅れて次のキャンペーン期間に入ってしまった時は、再度紹介メール・メッセージを送りなおしてください。

なお期間内であっても、送信から30日を超えている招待メールからの申し込みもポイント付与対象外となります。

カードの発行が遅れ、キャンペーン期間の翌月末までに発行できなかった

キャンペーン期間内に申し込みが済んでいても、規定の有効期限内にカード発行まで至らなかった場合、紹介ポイントはもらえません

この期限は、紹介ポイントが付与される月の前月まで

たとえば、本記事の執筆時点でのキャンペーンは12月20日がポイント進呈日です。この場合、11月末までにカードが発行されないと紹介が無効になってしまいます。

楽天カードは入会審査、発行の早い部類に属するカードなのでまず心配はありませんが、カード発行手続きに何らかのトラブルが生じた場合は期限をすぎてしまうことも。

紹介した相手が、過去に楽天カードを作ったことがあった

キャンペーン適用条件のひとつが、紹介された人にとって初めての楽天カード契約であるということ。再入会や他の楽天カードからの切り替えではいけません。

つまり、紹介を受けた人が楽天カードシリーズのどれか1枚でも持っていたことがあると、ポイント進呈の対象外なのです。

なお、一度作っているとアウトなカードには楽天銀行カード、FCバルセロナオフィシャル楽天カードも含みます。
セーフなのは楽天ビジネスカードだけですね。

ちなみに、これは紹介ポイントだけでなく、紹介される側の入会ポイントプレゼントも同じ。
初回の利用特典ポイントなど、入会キャンペーンは初めて楽天カードを持つ人だけの特権なのです。

別の人からの紹介が優先されてしまった

紹介先の方がさらに別口から楽天カードの紹介を受けている可能性にもご用心。

招待メッセージから開いた申し込みページでも、記入フォームには紹介者ID欄が用意されています。
ここに他の人やポイントサイトなどの紹介IDを記入されてしまうと、メッセージを送信した紹介元にはポイントが入りません。

これは紹介キャンペーンポイントの付与対象には紹介メール・メッセージの送信者よりも、申込時に記入された紹介者IDが優先されるからです。

じゃあ自分もメール紹介ではなくIDを教えればいい…と言いたいところですが、それはそれで記入ミスが心配。
一番安全なのは、「紹介者ID欄は空欄のまま」にしておくよう、念押しした上で招待メールを送ること、でしょうか。

ボーナス特典のエントリーを忘れずに

もうひとつ忘れてはならないのが、ボーナス特典1,000ポイントにエントリーすることです。

少しこの記事をさかのぼってみます。わたくし、最初の方でこんなことを申しておりました。

ただし2人目以降は、さらにボーナス特典ポイントが1人につき1000ポイントずつ進呈されます。(2016年10月現在)

実はキャンペーンポイントのうち、この1000ポイントの部分については、紹介が成立するまでに事前エントリーをしていないと付与されません。

エントリーボタンは紹介キャンペーンページのこの部分。
目立たない作りではないので、まず見過ごしてしまうことはないとは思います。

▼PCサイトの場合

▼スマートフォンの場合

楽天カード紹介キャンペーン

このエントリーによりキャンペーン登録を済ませてはじめて、2人以上紹介した際に特典ポイント獲得となります。

楽天PointClubでキャンペーンエントリー履歴を見てみると、エントリー情報が表示されているはずです。

おそらくシステム上の都合で一部だけエントリー形式になっているのだとは思いますが、利用者にとっては単なるトラップでしかありません。

ただ、楽天カードは入会特典キャンペーンの複雑な仕組みを年々改善してはいるので、このエントリー方式もいずれは廃止されるのかもしれません。

まとめ~確実に紹介ポイントをゲットするには

では、以上を踏まえ、楽天カードの紹介キャンペーンでポイント特典の取りこぼし、トラブルを避けるための攻略ポイントをまとめます。

① 紹介する人、される人とで話し合いをしておく

楽天カード紹介キャンペーンは既存会員向けのポイントサービスで、紹介を受けて新規加入する側には特にメリットがありません。
紹介に関わるもの以外は通常の入会キャンペーン内容と変わらないので、誰も損はしませんが…

紹介者だけがもらえる2000ポイントの使いみちを取り決めておくなど、事前に話し合って不公平感のないようにしておくことが大事です。 なお、このポイントは利用期限が短いので、ポイント失効にはご注意を。

② 特典ポイントのエントリーを忘れずに

二人以上紹介すると、一人につき1000円分の特典ポイントが追加されます。
ただし、このポイントは紹介キャンペーンサイトから事前エントリーを済ませていないと付与されません。

③ 以前に楽天カードを持っていたことがないか確かめる

無事にカード発行されたとしても、必ずしも入会ポイント獲得に至るとは限りません。

その典型的な例が「完全な新規入会ではない」という理由での失効。
紹介する相手が楽天と名のつくカードを過去に一度でも持っていたなら、紹介ポイントどころか、申し込む本人の入会キャンペーン特典までもが対象外となってしまいます。

相手の方が入会ポイント目的でカードを持とうと思っているなら、こんなときは他のカードを勧めたほうがいいかも。

④紹介キャンペーン期間をチェックする

紹介を成立させてポイントを得るには、規定の期間内に申し込みを済ませること、そしてキャンペーン期限の翌月末までにカードが発行されることが条件です。

あまり期限が迫っているようなら、次回の入会キャンペーン実施を待つべきでしょう。

⑤ 別の紹介IDを入れてしまわないよう念押ししておく

紹介相手が別の人やWebサイトの紹介者IDを記入して申し込むと、あなたからの紹介は無効になってしまいます。

たまにある事例が、「このIDで申し込めば最大○○ポイントゲット!」などの触れ込みでネット上に出回っているIDを使ってしまうパターン。
保険をかける意味でも、そのようなIDを記入したところで獲得ポイント数は変わらないことを相手に伝えておきましょう。

そもそもカードの審査に通るかどうかが不安と言われたら、紹介相手にこちらの記事を読ませてみてください。

楽天カードの審査【完全ガイド】審査時間・本人確認の電話・落ちたら?通らない理由は?

楽天カード審査通過者の写真付き口コミ体験談

まぁ、見ての通り審査のゆるさに定評があるカードなので、まず問題はないでしょうけれど。

 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.