三井住友VISAデビュープラスカード完全ガイド:学生は?審査は?

三井住友VISAデビュープラスカードとは、18歳から25歳までの若年層だけが申し込める、三井住友VISAカードの入門編とも言えるクレジットカードです。

三井住友VISAカードの高いステイタスはそのままに、シンプルで使いやすいスペックを持つデビュ-プラス。クレジットカードを始めて持つ人には分かりやすい内容となっています。

最大の特長は、一般的な三井住友VISAカードと比較すると、ポイントが常時2倍付与となっている点です。つまり、ポイント還元率は基本的にずっと1%還元!ステイタスカードでありながら、高還元率で知られる楽天カードと同じ1%還元とは、お得なカードを探している25歳以下の人には、見過ごせない内容ですね。

さらに初年度は年会費無料で、2年目以降も年に1度の利用で無料になるため、実質年会費無料カードとして持つことが可能です。

ここでは三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリットを徹底解説しながら、お得な利用方法も分かりやすく紹介しましょう。

ちなみに!
三井住友VISAカードの詳しい情報はこちらにあります。デビュ-プラスにも関連した内容となっておりますので、ぜひ合わせてお読みください。

三井住友ETCカードの年会費を無料にする方法

【20秒でわかる!】三井住友VISAデビュープラスカード10のメリット

  • 18歳~25歳だけが申込み可能!年齢限定のシンプルなクレジットカード
  • 初年度年会費無料
  • 2年目以降も年に1度利用するだけで年会費無料に!(通常1,250円/税別)
  • ポイントがずっと他の三井住友VISAカードの2倍
  • さらに入会後3か月はポイント5倍
  • 最高100万円のショッピング保険付き
  • 紛失・盗難の際は24時間受付で対応
  • 「電子マネー」iDは専用カードか携帯アプリで利用可!
  • ネットショッピング専用のバーチャルカード無料発行可能
  • 26歳以降の更新時にプライムゴールドカードにランクアップ!
【目次】

三井住友VISAデビュープラスカードって、ずばりどんなカード?
 年齢限定!18歳~25歳までの人だけが申込み可能
 三井住友VISAのブランド+高還元が狙えるハイリターンカード
 三井住友VISAクラシックカードとの違いは?

三井住友VISAデビュープラスカードの申込み方法
 3営業日で発行!最速でデビュープラスを申しこむ方法

三井住友VISAデビュープラスカードの9つのメリット
 1.実質年会費無料カードとして使える!
 2.ポイントが常時2倍もらえる
 3.入会後3か月はポイント5倍
 4.ポイントアップモール経由でネットショッピングが最高20倍ポイント
 5.ポイントアップモールから「ココ行こ」登録で実店舗でもポイントアップ
 6.豊富に用意されているポイント交換先
 7.最高100万円のショッピング保険付帯
 8.バーチャルカードなど豊富な追加発行カードで利便性UP
 9.プライムゴールドカードへ自動ランクアップ

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット
 海外・国内旅行保険、どちらもついていない…裏技は?

まとめ|こんな人は三井住友VISAデビュープラスカードがオススメ

「三井住友VISAデビュープラスカード」の関連ページ

三井住友VISAデビュープラスカードって、ずばりどんなカード?

まず、三井住友VISAデビュープラスカードの重要な点を説明いたします!

年齢限定!18歳~25歳までの人だけが申込み可能

三井住友VISAデビュープラスカードは、申し込み年齢が18歳~25歳までに限られているクレジットカードです。

お仕事をしている人ならば満18歳から申込みできます。高校生は在学中は申込み不可なので、卒業後にお申し込み下さい。「人生で初めてクレジットカードを持つ!」という若い人におすすめのカードです。

大学生や大学院生、専門学校生(認可校のみ)など、まだ働いていない学生の場合も、もちろん申し込み/審査が可能です。ただし、社会人と学生では限度額に差があり、社会人はショッピング枠の最大限度額が80万円つきますが、学生は学生カードとしての発行となり、30万円の利用となります。また未成年の場合は親権者の同意も必要です。

年齢制限の満25歳まではデビュ-プラスカードのまま更新が可能です。一般的なクレジットカードの有効期限は3年程度ですので、申込のタイミングによっては最長で満29歳くらいまでデビュ-プラスを使える可能性があります。

では、デビュ-プラスの利用年齢を超えてしまった場合はどうなるでしょうか?

満26歳以降で初めて迎える更新時には、20代の人だけが持てるゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動的にグレードアップします。早くゴールドカードを持ちたい、という若年ユーザーには、ゴールドカードに自動更新できるデビュ-プラスはゴールドへの近道としてポイントが高いと言えるでしょう。

また、ゴールドカードの機能はいらない、という場合は、もちろん三井住友VISAクラシックカードかクラシックカ-ドAの一般カードに更新することも可能です。

三井住友VISAのブランド+高還元が狙えるハイリターンカード

三井住友VISAカードと言えば、国内発行のクレジットカードとして初めてVISAカードを発行した、草分け的な一枚。1960年代からと歴史は長く、銀行が母体となっていることから、クレジットカードとしての信頼度、VISAブランド力は特別なものがあります。

若い人が初めて持つクレジットカードとしては、安心して使えるものをおすすめしたいところ。特に、保護者が学生の息子・娘に持たせる記念すべき初クレジットカード選びには、気を使うものです。

三井住友VISAデビュ-プラスカードは、三井住友VISAカードのプロパーカードにつき、安心感は抜群です。しかも実質年会費無料カードとして使うことができるので、コストをかけずにクレジットカードの利便性を体験することができますね!

さて、高還元と言われる三井住友VISAデビュ-プラスカードですが、どの程度ポイント還元が受けられるでしょうか。

ポイントが常時2倍ポイント

三井住友VISAカードのポイントサービスは、ワールドプレゼントと呼ばれます。

ワールドプレゼントポイントは、通常の三井住友VISAカードの場合、
・1,000円=1ポイント付与
になります。
ギフトカード換算等は1ポイント5円計算になりますので、1,000円で5円還付⇒0.5%還元、ということです。
これは、クレジットカードとしてはごく一般的な還元率で、還元率が良い、悪い、と評する場合は、0.5%還元を基準に判断されています。

三井住友VISAデビュ-プラスカードは、常時2倍ポイントなので、
・1,000円=2ポイント付与
になります。
つまり、1,000円で10円分のポイントがつきますので、常時1%還元となるわけです。

常時1%還元というのはクレカとしては破格な還元率で、しかも期間限定のボーナスポイント等ではなく、プロパーカードのポイント付与なので、お宝カードと言っても言い過ぎではありません。

入会後3か月間は5倍ポイントに!

さらに注目すべきは、カード入会後3か月間はポイントが5倍付与される点です。つまり、
・1,000円=5ポイント付与
となります。始めの3か月だけとはいえ、還元率は2.5%に!

例えば1か月に5万円使った場合は…

三井住友VISAデビュ-プラスカードがどれだけお得か、具体的に例を挙げて説明しましょう。

例えば毎月食費やショッピング、遊興費などで5万円をクレジットカード払いにする場合を考えてみましょう。

三井住友VISAカードクラシックなどの一般的な0.5%還元カードの場合、カード利用時の年間ポイント還元は以下のようになります。

▼一般的な0.5%還元カードの例
1か月の利用金額 5万円
1か月のポイント 50ポイント
1年間のポイント 50×12か月
=600ポイント
1ポイント5円相当なので、
600ポイント=3,000円還元!

一方、三井住友VISAデビュ-プラスカードを利用した場合のポイント還元はこちら。

▼デビュープラスの例
1か月の利用金額 5万円
1か月のポイント 常時2倍につき100ポイント
当初3か月ポイント5倍 1,000円で5ポイントにつき、 1か月250ポイント×3か月で合計 750ポイント
残り9か月のポイント 100ポイント×9か月=900ポイント
最初の1年間のポイント 750ポイント+900ポイント
=1650ポイント
1ポイント5円相当なので、
初年度1650ポイント=

8,250円還元!
2年目以降も年間で
1200ポイント=
6,000円還元

1か月あたり5万円の利用でもこれだけの差が出ますので、例えば一人暮らしの方で、家賃や光熱費などもクレジット決済できるケースでは、還元分をもっと増やし、クレジットカードを節約に生かすことも可能です。使うメインカードはデビュ-プラスカードと決めて、徹底的に使うことが高還元を手に入れるコツです。

三井住友VISAクラシックカードとの違いは?

三井住友VISAデビュ-プラスカードは18歳~25歳限定で申し込めるカード、と言いましたが、では、18歳~25歳の人が申し込める三井住友VISAカードはデビュ-プラスカードしかないかというと、そんなことはありません。

三井住友VISAカードでは、申込の年齢制限は以下のようになります。

▼三井住友VISAカードの入会資格
デビュ-プラス 満18歳~25歳限定
★学生可
クラシック/クラシックA 満18歳~★学生可
アミティエ 【女性専用】
満18歳~
★学生可
エブリプラス 【リボ専用】
満18歳~
★学生可
エグゼクティブカード 満18歳~
安定収入のある人
プライムゴ-ルド 満20歳~30歳未満
安定収入のある人
ゴールドカード 満30歳以上 安定収入のある人
プラチナカード 満30歳以上 安定収入のある人

現在、18歳から申し込める三井住友VISAカードのプロパーカードは

・デビュ-プラス
・クラシック/クラシックA
・アミティエ
・エブリプラス
・エグゼクティブ

の5種類になります。

エブリプラスカードはリボ払い専用カード、エグゼクティブは安定収入が求められることから、少々ハードルが上がります。

また、アミティエは女性専用で旅行保険等は充実していて、女性の方にはおすすめです。しかし、そこまでスペックを求めておらず、初めの1枚で分かりやすいカードが欲しい、となると、この中からおすすめ出来るのはやはり

・デビュ-プラス
・クラシック/クラシックA

のいずれかになります。

デビュ-プラスとクラシックの大きな違いは、旅行保険がついているかどうか、という点です。デビュ-プラスは高還元に特化した分かりやすいカードなので、旅行保険は付帯していません。海外旅行などでどうしても旅行保険を手厚くしておきたい場合は、クラシックかクラシックカ-ドAを選ぶ方法もあります。

双方の違いを簡単にまとめてみました。

▼【早見表】デビュープラスカードとクラシックカード比較
デビュ-プラス クラシックカ-ド クラシックカ-ドA
年会費

初年度無料、2年目以降も年に1回利用で無料

つまり
実質
年会費無料

(通常1,250円)

初年度無料、2年目以降は条件付きで割引~無料

通常1,250円

初年度無料、2年目以降は条件付きで割引~無料

通常1,500円

年会費(学生)

在学中は無料

通常1,250円

在学中は無料

通常1,500円

入会条件 18歳~25歳限定 18歳以上
入会特典 ★入会後3か月はポイント5倍
その他随時キャンペーンあり
随時キャンペーンあり
ポイント ずっとポイント2倍(1,000円で2ポイント) 1,000円で1ポイント
限度額 10万~80万円
限度額(学生) 10万~30万円
旅行保険 なし 外旅行保険最高2,000万円(利用付帯 海外・国内旅行保険最高2,500万円(海外は自動付帯/国内は利用付帯)
ショッピング保険 年間100万円まで補償
その他 26歳以降の更新でプライムゴールドカードにランクアップ 写真入りカードの
作成可能

どちらも初めて持つ1枚としては十分な内容です。違いを理解したうえで、付帯してほしいサービス内容から選ぶようにすると良いでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの基本情報

年会費 初年度無料
2年目以降も年に1度利用すれば無料
通常1250円
ポイント期限 2年間
ポイント 還元率 1.0%
利用枠 一般10万円~80万円
学生10万円~30万円
(親権者の許可がない場合は10万円まで)
発行期間 10日前後
ブランド
ETC 初年度の年会費無料 2年目以降も年位1回で無料 通常500円/年
マイレージ    
電子マネー WAON
旅行保険 なし

三井住友VISAデビュープラスカードの申込み方法

次に三井住友VISAデビュ-プラスカードの申し込み方法をまとめて行きましょう。

クレジットカード申し込みは近年インターネット経由が中心になってきています。デビュ-プラスカードもホームページなどからネット経由で申し込むのがいちばん確実で早いです。

また、インターネットで申し込んだけれども、詳細な情報を打ち込みたくない、または苦手、という場合は、印字された書類を送ってもらい、書面で手続きをする事も可能です。

ほか、入会申込書を取り寄せて申し込むこともできますので、好きな方法をお選び下さい。

ここではインターネットを使って最も早くデビュ-プラスを手に入れる方法をお伝えしましょう。

3営業日で発行!最速でデビュープラスを申しこむ方法

クレジットカードの申し込みの際には、利用代金の引き落とし口座を設定する必要がありますが、次の金融機関を引き落とし先に指定する場合は、カード発行まで最短3営業日が可能です。

▼指定金融機関
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・りそな銀行
・イオン銀行
・地方銀行の一部

手順としては、ホームページからデビュ-プラスの申し込みボタンをクリックします。申し込みページへのリンクやボタンは、TOPページやデビュ-プラスの詳細ページにあります。

申し込み画面が開いたら、住所、氏名などの必要情報を入力し、完了後に発行される申込番号を確認したら、そのままネット上で口座引き落としの設定を行います。

ネット上で完了出来れば、最速でカードが郵送されます。発送まで申込日から最短で3営業日。手元に届くにはもう1日~2日かかりますので、しばしお待ちくださいね!

三井住友VISAデビュープラスカードの9つのメリット

では、ここで三井住友VISAデビュ-プラスカードのメリットについてまとめてみましょう。

1. 実質年会費無料カードとして使える!

三井住友VISAデビュ-プラスカ-ドは初年度の年会費が無料です。2年目以降は1,250円/年・税別の設定ですが、1年に1回利用するだけでその年の年会費は免除。したがって、普通に使用していれば、ずっと年会費無料で持てるクレジットカードです。

大手・三井住友カード株式会社の発行で、会員サービスも充実。Vpass(ブイパス)と呼ばれる会員専用サイトに登録するすることで、WEB明細や利用状況の照会ができるほか、ポイント交換や各種変更手続もネット経由でサクサク行えます。

2. ポイントが常時2倍もらえる

三井住友VISAクラシックカードなど、通常の三井住友カードのポイントは1,000円で1ポイントです。

デビュ-プラスはずっと2倍ポイントなので、1,000円で2ポイント。1ポイントが通常5円換算になりますので、常時1%還元の高還元カードです。

3. 入会後3か月はポイント5倍

さらに、入会後3か月間は5倍ポイント付与です。1,000円の利用毎に5ポイントが付きますので、換算すると2.5%還元です。ここまでの高還元カードはなかなかありませんね!

4. ポイントアップモール経由でネットショッピングが最高20倍ポイント

各クレジットカード会社では、インターネットショッピングの際にポイント付与率をアップできる、ポイントアップサイトを設置しています。

三井住友VISAカードも「ポイントアップモール」を経由して、楽天やYahoo!ショッピング、Amazonなどおなじみのお店も多数ある提携ショップでお買い物をすれば、ポイントがさらにお得にたまります。

5. ポイントアップモールから「ココ行こ」登録で実店舗でもポイントアップ

通常ポイントアップサイトではネットショッピングが対象ですが、三井住友カードのポイントUPモールでは、リアルにお買い物するお店をポイントアップさせることができます!

サイト内の「お店でショッピング」のタグを開くと、ショップリストが掲載されています。そのお店にお買い物に行く際に、あらかじめショップページにある「ココ行こ♪」ボタンを押してください。

ボタン押下したら、有効期限内にそのお店でショッピングしましょう。ポイントアップの対象になります。

例えば東急ハンズでは「ココ行こ♪」ボタンの有効期限は7日間。ボタンをクリックして手続完了してから7日以内に東急ハンズでお買い物をすると、通常の3倍のポイントが付与されます。

ポイント倍率はショップによって3~20倍、有効期限はだいたい1週間ですが、中には2日間、というところもあるので、確認してくださいね。

6. 豊富に用意されているポイント交換先

ザクザクためたポイントは、景品に交換したりするほか、ほかのポイントに移行したり、ギフト券にしたりすることも可能です。

▼ポイント交換の例
ポイント移行 ・楽天スーパーポイント
  1ポイント⇒5ポイント
・ヨドバシカメラゴールドポイント
  1ポイント⇒5ポイント
・Tポイント
  1ポイント⇒1.5ポイント
・ANAマイル
  1ポイント⇒3マイル
景品交換 ・タニタ体組成計
  1000ポイント
・パナソニックコードレススチームアイロン
  1400ポイント
キャッシュバック ・キャッシュバック
  1ポイント⇒3円
・ギフトカード
  1100ポイント⇒5,000円分

三井住友カードは交換先が幅広く豊富に用意されているのが特徴です。好みの交換方法でお得に使いましょう。

7. 最高100万円のショッピング保険付帯

購入した商品の盗難・破損を90日間補償※するショッピング保険が付帯しています。金額は最高100万円まで。
※購入当日と購入の翌日から90日間の補償

補償対象は、海外でのショッピング全般と、国内でリボ払いか3回以上の分割払いで購入した商品となります。

なお、カード自体の紛失・盗難は、海外・国内を問わず、24時間365日対応。クレジットカードは近年ICカード化が進み、クレジットカード利用時に暗証番号が必要など、不正利用もしにくいように工夫されていますが、万が一の際には速やかに発見し、対処してもらえるので安心ですね。

8. バーチャルカードなど豊富な追加発行カードで利便性UP

三井住友VISAカードは、ETCカードや電子マネーなど、組みあわせて使える追加発行カードが多いことで知られています。

三井住友VISAデビュ-プラスカードで追加申し込みできるカードは、こちらになります。

▼デビュープラス追加カード一覧
ETCカード
初年度の年会費無料
通常500円/年・税別
2年目以降、年に1回以上利用すれば年会費無料に。
iD専用カード
クレジットカードとは別にiDカードを発行。チャージなしで使えて利用分はクレジット利用料と合わせて支払い。
iD携帯型
おさいふケータイ(ドコモ)対応の携帯電話やスマートフォンに、アプリをダウンロードして使うタイプ。
バーチャルカード
初年度の年会費無料、通常300円。
インターネット決済専用カード。ネットショッピング用のカード番号が発行される。
PiTaPa(ピタパ)
年会費無料・2年目以降も1年に1回以上の利用で無料(通常1,000円)。
WAON(ワオン)
発行手数料300円。
お客様感謝デー(5%OFF)や、お客様わくわくデー(ポイント2倍)など、イオンの優待サービスも利用可能。
家族カード
1枚目は初年度の年会費無料。年に3回以上家族カードの利用があれば、2年目以降も無料。 2枚目以降は有料。
Visa payWave(ビザペイウェーブ)
年会費無料。国内だけでなく海外でも使える電子マネー。おサイフケータイ対応のスマートフォンで利用可能。

9. プライムゴールドカードへ自動ランクアップ

満18歳~25歳だけが申し込める三井住友VISAデビュ-プラスカードは、満26歳になってから最初の更新時に、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードにグレードアップできます。

ただし、カード更新時に審査がありますので、ゴールドカードにならないケースもあります。ご注意ください。

また、プライムゴ-ルドカードまではいらない、むしろクラシックカード会員(またはクラシックカ-ドA)の方が良い、という場合は、もちろんクラシックカ-ドへの更新も可能です。

▼プライムゴールドとクラシックカ-ド比較
プライムゴ-ルド クラシックカ-ド クラシックカ-ドA
年会費 初年度無料
2年目以降
5,000円/年

ただし条件を満たせば最大1,500円まで割引
初年度無料、2年目以降は条件付きで割引

通常1,250円
初年度無料、2年目以降は条件付きで割引

通常 1,500円
入会条件 満20歳~30歳未満の安定収入のある人 18歳以上 (学生可)
ポイント 1,000円で1ポイント
限度額 50万~200万円 10万~80万円
旅行保険 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
※旅行代金の当該カード支払いの有無で補償額が変動
海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯) 海外・国内旅行保険最高2,500万円(海外は自動付帯/国内は利用付帯)

年会費や各種サービスを比較の上、都合の良い方で更新すればOKです!

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

三井住友VISAデビュ-プラスカードの残念な点はこちら。

海外・国内旅行保険、どちらもついていない…裏技は?

若い時間のあるうちに、国内外のいろいろなところに行ってみたい!そのような人も多いでしょうが、残念ながらデビュ-プラスカ-ドには国内・海外ともに、旅行保険が全くついていません(保険はショッピング保険のみ)。

デビュ-プラスの常時1%還元は貴重なので、旅行保険はその時だけ必要なものに入るようにするのが良いでしょう。

もしくは、旅行保険の有無のほうが還元率よりも重視する、というなら三井住友VISAクラシックカード/クラシックAカード(女性ならアミティエも可)を選ぶようにしてください。

または年会費完全無料で、持っているだけで旅行保険がついてくる(自動付帯)クレジットカードを作っておくのもひとつの方法です。

年会費無料で旅行保険自動付帯のクレジットカードの例



裏技でデビュープラスに海外旅行保険を追加できる!と思いきや…

デビュープラスは特典が分かりやすく、カード初心者にも使いやすいカードであることから、旅行保険がないデメリットをどうやってカバーすればよいかを、筆者、色々と模索しました。

デビュープラスを持とうとしているユーザーが、一番分かりやすい形で旅行保険部分をカバーする方法とは…?

すると、次のような方法が使えるのでは!?とひらめいたのですが…。

三井住友VISAカードにはクレジットカードに追加できるETCや電子マネーのカードがいろいろありますが、注目したのは海外でも使える電子マネーVisa payWave

というのも「Visa payWaveで旅行代金を支払っておけば、最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯される」と三井住友カードのホームページ内で明記されているのです!

デビュ-プラスに追加しておけば、これは使える!とひらめいた筆者。ではどこの旅行会社を利用すればVisa payWaveで旅行代金を支払えるのか?

調べてみると、なんとVisa payWave、国内ではほとんど利用できるところがないそうなのです…。

ただ、スマートフォンに入れたまま、そのまま海外で使える電子マネーというところは利便性◎。また海外で申し込んだオプションツアーなどが補償の対象になるか、などは不明点も多いため、活用しようと思う場合は確認を取った方が良さそうです。

まとめ|こんな人は三井住友VISAデビュープラスカードがオススメ

では、最後にずばり、三井住友VISAデビュ-プラスカードをおすすめするのは、このようなケースです!

◆18歳~25歳の、学生・新社会人のファーストクレジットカードに!

大手都銀・三井住友銀行系列の三井住友カード株式会社発行なので、初めての人でも安心して持つことができる、信頼度の高いステイタスカードです。

◆18歳~25歳で、シンプルな高還元のカードを探している人に!

常時ポイント2倍、1%還元のシンプルな作りになっているため、メリットを感じやすいカードです。「ごちゃごちゃした特典は分かりにくい」「ポイント還元を中心に選びたい」という人には最適なカードです。

◆18歳~25歳で、ゴールドカードに憧れている人に!

26歳以降の最初の更新時には、20代向けのゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動グレードアップ!(注:審査はあります)「ゴールドカードが早く欲しい」「ゴールドにスムーズにランクアップしたい」という人は、まずデビュープラスカードから始めましょう。

「三井住友VISAカードやデビュー系カード」の関連ページ

三井住友VISAカードについて詳しく解説しています。これから三井住友VISAに申し込みをする人は必見です↓

三井住友ETCカードの年会費を無料にする方法

三井住友VISAゴールドカード獲得の条件と保有メリット

三井住友VISAカード以外の、社会人デビューカード、学生用カードはこちらです。

JAL CLUB ESTの20代でもセレブ気分、ラウンジ特典など

学生専用ライフカード(年会費無料)



 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.