LIFE-Web Desk(ライフ ウェブデスク)を使わないと損する理由




ライフカード公式サイトはこちら

ライフカードの会員専用サイト「LIFE Web-Desk」。
ちゃんと利用登録してますか?

登録していない方は面倒くさいとか使い方がわからないとか、理由はそんなところでしょうか。
だとしたら実にもったいない。
このインターネットサービスの登録をせずにライフカードを使っている人は、もれなく損をしてしまっているのですから。 本来もらえるポイントが半分以下になっている、と言えばお分かり頂けるでしょうか。

このページを読めば、誰でも5分以内にWebデスクの登録ができ、そして今まで使っていなかったライフカードのお得なサービスを利用できるようになるはずです。

目次
登録したら何ができるようになるの?
 ポイント増額ショッピングモール「L-Mall」の利用
 その他、LIFE-Web Deskサイト内でできること

LIFE-Web Desk新規登録の方法
 ウェブデスクの利用者登録をする
 ログイン時に「追加認証」が表示されたら

「Vプリカ」を使うにはWeb Deskとは別の利用登録をする
 Vプリカのログイン方法
 Vプリカの利用方法

ライフカードの関連ページ

登録したら何ができるようになるの?

ライフカードを使う上で、ポイントを最大限に稼ぎたいなら外せないサービスが2つあります。
その一つを利用するためにはWeb Desk登録が必要不可欠なのですが、それがこちらです。

ポイント増額ショッピングモール「L-Mall」の利用

ライフカードを持っていながら、これを利用しないなんてとんでもない!というのが「L-Mall」。
ネットショッピングの利用時に、そのサイトをLモールを経由して開いていれば通常ポイントに加えてボーナスポイントまで頂けるというありがたいポイントサービスです。

そのポイント倍率は最低でも2倍、多いものではなんと通常の25倍。たとえばネット通販で一番良く使われるであろうAmazon楽天市場もポイント2倍。

これを使わないということは、本来受け取れるポイントの半分以下しか獲得できないことに他なりません。

ライフカードは基本還元率が平凡なこともあり、誕生日月専用のサブカードとして使う方が多いとのこと。
しかし、カードショッピングをオンラインストアでしかしないような方であれば、このL-Mallの利用で十分メインカードに据えられる高還元カードになるかもしれません。いや、なります。

L-Mallのサービス内容について、詳細はこのページで。
ライフカードL-Mall(エルモール)の利用ガイドとログイン方法

ちなみにLモールでは一等賞だと1000ポイント(=5,000円分!)がもらえるビンゴ大会も楽しめます。

ライフカードでポイントを稼ぐなら外せないサービスのもう一つについて先に知りたい方、むしろそっちを詳しく聞きたいという方は、こちらの詳細記事へどうぞ。
ライフカードのポイント交換方法、還元率についての完全ガイド

その他、LIFE-Web Deskサイト内でできること

ちなみに、他にはどんなことがこのWebサービスでできるのでしょうか。

ポイント交換
おそらく最も多く利用することになるであろう項目ですね。

ライフカードの売りである、誕生月5倍のポイント還元率。
貯まったポイントはこのウェブデスクにログインして各種景品やギフトカードとの交換をします。

ANAマイルなどにも交換できますが、おすすめはやはり、一度にまとめて交換するほどお得になるAmazonギフト券JCBギフトカードあたりでしょうか。
もしたまたま近いうちにスーツを買う予定があるなら、洋服の青山で使えるAOYAMAギフトカードセット通常の倍の額面で特典交換できるのでおすすめです。
1000ポイントあれば通常だと5,000円分のところを10,000円分のAOYAMAカードと交換できるって算段です。

詳しくはこちらのページですでに解説したとおり。ポイントを貯めるコツや裏ワザなども紹介しています。
ライフカードのポイント交換方法、還元率についての完全ガイド

ちなみに、ポイントを家族に分け与える「ポイントギフト」、同じLIFEサンクスポイントが貯まる提携カードとのポイント合算などもWeb Deskから申し込みできますよ。

利用代金明細紹介
郵便で届く利用明細を待たなくともカード利用額を照会できます。

このような画面で請求額や利用可能額、利用残高などを確認できます。

取引ごとの利用明細やボーナスポイントの獲得額、LIFEサンクスポイントの残高なども調べることができます。

ETCカード・家族カードの申し込み
カードを作るときにETCカードや家族カードの同時発行を申し込まなかった方は、後から必要になればWebデスクから改めて申し込むことができます。

ライフカードの場合これらの追加カードは年会費無料なので、今後必要になる気配があるなら本人カード発行時にいっしょに作っておくのがベストかなとは思いますが。

家族カードは単独でWeb Deskを利用できない
家族カードはあくまで本カードに付随するサブカードなので、そのカード一枚だけでWebデスクのIDを作ることはできません。

なので、家族カードについては本カードのIDを使ってWebデスクのサービスを利用します。 本カードでログインして「ご利用カードの追加・削除」を選択し、そこに家族カードを登録して下さい。

登録情報の確認、変更
カード申し込みの際に登録した住所電話番号引き落とし口座連絡用Eメールアドレスなどの会員情報を確認、変更することができます。

暗証番号も同様に確認・変更が可能なのですが、こればかりは個人情報の中でも特にセキュリティに関わる項目なので、設定方法自体は郵送または電話での手続きを行うように決められています。
これについては書類の郵送願いなど、手続きの申し込みだけWebで行える形ですね。

利用可能枠増額の申し込み
ショッピング枠、キャッシング枠の限度額増枠を申し込むことができます。

高額の買い物や、行事や冠婚葬祭で出費がかさんだので…というケースだけでなく、海外旅行の前に増枠を申し込むケースも多いとか。
短期間の旅行であれば、現地通貨に手数料を払って両替するより海外キャッシングした方が数千~数万円も得なので、普段利用していないキャッシングの枠を開けるんだそうです。

リボ払い変更(あとからリボ払い)
ご利用は計画的にとはよく言いますが、買いすぎてしまったものは仕方がない。潔く分割払いに切り替えて地道に支払っていきましょう。

いや、クレジットカードの使いすぎを開き直っているのでは断じてありません。
もし口座残高が足りず未払いになってしまったら、自分の信用情報にその履歴が残ってしまい、今後数年間に渡ってカードを申し込むときの審査で不利になってしまうんですよ。

そんなことになるよりは、多少の金利手数料を払ってでも滞納せず支払い続ける方がマシな場合もあります。
開き直ってませんってば。

LIFE-Web Desk新規登録の方法

ウェブデスクの利用者登録をする

まずはWeb Desk登録をしなければ話は始まりません。

もし、既にライフカードの公式ページを開いているなら、ここをクリックします。

ちょっと小さくてわかりづらい。

ライフウェブデスク」と検索し、一番上に出てきたサイトのTOPページを直接開いた方が楽かもしれません。

さて、Web Deskトップページに入ると、このような物々しい注意喚起が表示されています。
偽サイトを用意してカード番号やセキュリティコードを聞き出そうとする手口が横行しているのだそうな。気をつけましょう。

しっかりと注意を受け止めたら、その下の新規登録ボタンをクリックします。

出てきたページで利用規約を読んだら同意ボタンを押します。すると、

こんな画面が出てきました。
後はライフカードを手元に用意し、カード番号、有効期限などを入力していくだけです。

暗証番号はカードを申し込んだ時に記入したものを、Eメールアドレスはライフカードからのお知らせなどを確実に受け取れるアドレスを入力しましょう。

こういった重要なメールの受け取りが確実にできるよう、以下の様なアドレスは避けたほうが無難です。

携帯電話のメールアドレス
携帯のメールサービスは強力な迷惑メールフィルターがかかっており、中には電話帳に登録されていないアドレスや、携帯電話以外から送信されたメールを自分でも気づかないうちに全てブロックしている方も少なくありません。
それらの受信設定がどうなっているかを自身であまり把握できていない場合、こういった重要なメールの送信先に設定するのはおすすめしません。

あまり普段使っていないアドレス
Web Deskのパスワードを忘れてしまった場合、パスワード再発行依頼をすると手続きのメールがここで入力したアドレス宛に届きます。
しかし、万が一そのアドレスのパスワードも忘れてしまっていては元も子もありません。

ログイン時に「追加認証」が表示されたら

これでLife-Web Deskにログインできるようになりました。

さて、早速ログインしてみようとすると、こんな画面が表示されることがあります。

これはカード会社がセキュリティ強化のために行っている2段階認証です。何かと物騒な昨今ですが、フィッシングサイトではないのでご安心ください。

この追加認証ではカードに記入されているアルファベットの名義からランダムに選んだ2文字を入力するよう求められます。

「Vプリカ」を使うにはWeb Deskとは別の利用登録をする

LIFEカードはネットショッピングでの決済に使えるプリペイド(前払い)式のカード、「Vプリカ」というサービスも行っています。


別に本カードがあればプリペイドなんて使わないでしょ、と思った諸君はちょっとそこにお直り下さい。
ライフカードの誕生月ポイント5倍ボーナス制度を最大限に使うためにはプリペイドカードが必須なんです。

なぜなら、これを利用することで、誕生月以外のお買い物もポイントを5倍にできるからなのです。

それをここで説明するには残り文字数に一抹の不安がよぎるので、参考ページをご覧ください。
ライフカードのポイント交換方法、還元率についての完全ガイド

さて、このカードを使うにはアカウント登録が必要なのですが、その登録はWeb-Desk登録とはまた別物なので、別途手順を踏む必要があります。
それについても少し解説をば。

Vプリカのログイン方法

では、その新規アカウント登録方法ですが、流れを簡単にさらうと…

(1)Vプリカアカウント開設をクリック

(2)メールアドレスを入力して事前登録

(3)送られてきたメールを開き、本登録ページを開く

(4)氏名や生年月日、バーチャルカード券面に表示するニックネームやパスワードなどを設定
※住所の登録はありません。都道府県名だけ入力します。

(5)Vプリカ会員登録完了!

これだけです。

Vプリカの利用方法

では実際にプリペイドを購入してみましょう。

(1)VプリカMyページ(会員専用ページ)にログイン

(2)Vプリカ購入
券種(購入金額)、カードデザインを選べます。
デザインと言ってもVプリカは実物のカードを発行しないバーチャルカードなので、画面上での表示が変わるだけですが。

Vプリカはコンビニでも購入できますが、このMyページからのライフカード決済による購入以外は200円程度の手数料が上乗せされます。
もったいないのでカード決済で購入しましょう。

ちなみにVプリカ購入時やVプリカギフト登録時、SMS認証または電話認証が必要です。
単にアカウント作成時に登録済みの携帯番号に宛ててメールが届く電話がかかってくるかだけなので、別に大したことではありません。

(3)カード番号発行!
この手順が完了すれば、もうMyページからVプリカのカード番号や残高などのカード情報が確認できるようになっています。

なお、コンビニで購入した場合は店頭で「Vプリカ発行コード」が発番されるので、Myページメニューから「発行コード入力」の手順を踏んで下さい。




 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.