エポスカードを持てばカラオケが常に10~30%OFFの件(シダックス・ビッグエコー・カラオケ館)

年会費もETCカードも無料のエポスカード。マルイでのお買いものがお得なだけでなく、全国5,000以上のお店で割り引きなどの優待サービスが受けられるのが大きな特徴です。

その優待特典の中でも、特に目立つのがカラオケ店の高い割引率。カラオケの優待割引にメリットを感じるなら、エポスカードを選んでおけば間違いありません。断言します。

なので、今回はエポスカードでカラオケの料金をどれだけ節約できるかを特集してみました!

エポスカードについての詳細はこちらで徹底解説しております。

エポスカードを申し込む前に確認したい7つのポイント【徹底解説】



【目次】

どのカラオケ店で、どれくらいお得になるの?
 対象チェーンはこの7つ

シダックス

ビッグエコー・カラオケCLUB DAM

カラオケ館

ジャンカラ・スーパージャンカラ

一部店舗で優待実施のチェーン、その他
  カラオケRAINBOW
  カラオケの鉄人
  カラオケ歌之助、カラオケ黄金虫

エポスカード関連ページ

どのカラオケ店で、どれくらいお得になるの?

率直に申し上げますと、グループで行けば一回で3,000円は軽く割り引かれます。それでは詳細をば。

対象大手チェーンはこの7つ

エポスカード会員限定割引があるカラオケチェーンはこの7つ。一部ではありますが、中には利用料50%offというヤバいお店も。

なお、いずれのお店であっても優待割引を受ける際は入店時にエポスカードを提示して下さい。


シダックス

ルーム料金:30%割引
コース料金:10%割引
エポスポイント5倍

食事も楽しめるカラオケ屋という概念を世に広めたSHIDAX。もし会員カードを持っていれば、割安な会員料金からさらに3割引きされます。

詳細はこちら


ビッグエコー・カラオケCLUB DAM


ルーム料金:30%割引
コース料金:10%割引
エポスポイント5倍

店舗数第一位のカラオケBIG ECHO。その数はなんと439店舗(2016年1月現在)。400店超えはカラオケ店では初だとか。カラオケクラブダムは姉妹店。

詳細はこちら


カラオケ館

ルーム料金:30%割引

通称カラ館。料金(特に日中)が割安で、一人でも大勢でもコスパ最強。中にはレコーディングもできる「ひとりカラオケルーム」がある店舗もあり。

詳細はこちら


ジャンカラ

ルーム料金(4名以上):20%割引
ルーム料金(3名以下):10%割引

ジャンボカラオケ広場略してジャンカラです。あれ?他は3割なのにここは2割引か…と思いきや、室料が飲み放題込みな上フードも安価で実は割安。

詳細はこちら


カラオケRAINBOW

ルーム料金:渋谷店で50%割引
※2016年3/31まで

カラオケレインボーの店舗のうち2015年11月にオープンしたばかりの渋谷店のみ、かつ期間限定ではありますがなんと半額。是非とも有効活用を。

詳細はこちら


カラオケの鉄人

ルーム料金:中野店、溝の口店で20%割引

配信曲数50万曲を誇る「鉄人システム」を武器に都内及び近隣都市部で展開しているカラオケの鉄人のうち2店舗がエポス会員割引を行っています。

詳細はこちら


節約術として株主優待がよく話題にされますが、数か月に一回程度の利用であってもそれよりお得になる計算ですね。
それでは各店の詳細に参りましょう。

大人数で飲み食いするならシダックス

それまで簡素なおつまみ程度しか提供していなかったカラオケ業界に「レストランカラオケ」という新しい切り口で参入したのがシダックス。
食にこだわっているのは、そもそもがカラオケから始めた会社ではなく、社員食堂運営や給食、栄養管理などのフードサービス事業が中心だったからなんですね。どうりで。

シダックスのエポスカード会員優待
通常ルーム料金 30%割引
フリータイム 10%割引
コース料金 パーティーコース10%割引
エポスポイント
(エポスカードでの会計時)
5倍(200円につき5ポイント)

シダックスではWebクーポンなども用意していますが、それらはせいぜい20%引き、コース5%引き程度。
大人数で行けばトータルの利用料は数万円にのぼりますし、そうなると割引率10%の違いは千円単位で現れます。クーポン券の印刷なんかしてる場合じゃないですよ。本当に。

それと重要なのはルーム料金と料理がセットのパーティーコースも優待対象であること。
例えば、仮にルーム料金込み2,800円のコースを8人で利用したとするとお会計が2,240円もお得に。
歌いながら飲み食いするならシダックスが最有力候補なのは間違いありません。
なお、通常の30分単位での利用やフリータイムだと飲食の料金は割り引き対象外となります。

ちなみに他と比べて料金が高いと言われがちなシダックスですが、実は原価率が飲食店並に高くてさほど利益出てないとか。そう考えるとある意味割安なのでしょうか?

店舗数日本一のビッグエコー・カラオケCLUB DAM


カラオケ業界最大手のビッグエコー。カラオケ店を比較するにおいては、もはやここが基準という感がありますね。CLUB DAMはその姉妹店です。

経営しているのが最もメジャーなカラオケ機DAMを開発している第一興商なので、新機種の導入が早いという大きな強みがあります。DAMの性能を最大限発揮させたいのか、音響設備の質も高め。
シダックスほどではないものの料理のメニューも豊富で、特にポテト等の揚げ物に定評があります。

ビッグエコーのエポスカード会員優待
通常ルーム料金 30%割引
フリータイム 10%割引
飲み放題付コース・プラン 10%割引
※パーティーコースは対象外
エポスポイント
(エポスカードでの会計時)
5倍(200円につき5ポイント)

ビッグエコーの場合、一般Webクーポンだと割引率は10%止まり。30%割り引かれるエポス会員優待との差は歴然です。
ただし、やはり飲食代は対象外。フリータイムでの利用や飲み放題を含めた利用の際は10%引きとなります。

安さが魅力のカラオケ館

カラオケ料金の安さで比べるときにカラオケ館の名が挙がらないことはありません。
設置機種もf1CROSSO等のJOYSOUND系とLIVE DAM等のDAM系列とを取り揃えており、カラオケそのものが好きな方によく利用されています。

カラオケ館のエポスカード会員優待
通常ルーム料金 30%割引

元々の料金が安く設定されているからか、飲食代はもとよりフリータイムや飲み放題、パーティーコースは割引対象から除外されています。
とは言え1~2時間程度の利用で考えるとここで挙げている中で最もコストパフォーマンスに優れていることに変わりはありません。純粋にカラオケを楽しむならカラオケ館を選びましょう。

ちなみに、カラオケ館はひとりカラオケにも力を入れており、力を入れすぎた店舗に至ってはデモテープなどのレコーディングまでできてしまう始末。
カラオケ店なのにコンデンサーマイクで歌えるという異常事態がどれだけの人に伝わるでしょうか。伝わらないと思うので説明すると、部屋の中を飛んでいるハエの羽音すらもリアルに録れるくらい高精度で繊細なマイクです。

ジャンカラ・スーパージャンカラは飲み放題付き

ジャンカラことジャンボカラオケ広場は大阪を中心に九州~東海、北海道で展開しているカラオケチェーンです。なので関東の方にはあまりなじみが無いかもしれません。
特徴は何よりもルーム料金だけで自動的に飲み放題も付いてくること。加えて、フードメニューも総じてワンコイン以内で安価。店員さんの接客の質の高さも評判です。

ジャンカラのエポスカード会員優待
ルーム料金(4名以上) 20%割引
ルーム料金(3名以下) 10%割引

他のチェーンだと飲み放題は割り引き対象外、あるいは優待料金でも10%引きなので、むしろジャンカラの方が割引率が高いということに。

ちなみに、ジャンカラには高級路線のスーパージャンカラが2016年現在4店舗あります。体感としては飲み放題を抜きにすれば価格、質ともにおおよそシダックスと同程度というところでしょうか。
しかし、何をどう差別化しようと思ったのか、河原町にある本店では今話題のボルダリングとカラオケを同時に楽しめる部屋が2015年末にオープンしました。誰だこんなの発案した奴は。

画像は公式サイトより。

一部店舗で優待実施のチェーン、その他

カラオケRAINBOW

ルーム料金無料の時間帯を設けるなど低価格を売りに近畿、関東でチェーン展開しているカラオケレインボーですが、2015年11月に渋谷店がオープンしました。
そのキャンペーンという位置づけでしょうか。2016年3月31日まで入店時にエポスカードを提示するとなんと時間制の利用料金が50%引き。半額です。

カラオケの鉄人

DAM、JOYSOUND、UGAを統合した「鉄人システム」により50万曲の配信を可能にしたり、アニメやアイドルとのコラボイベント、コスプレ衣装無料レンタルといった独自の施策が目を引くカラオケの鉄人
その中で中野店、溝の口店で入店時にエポスカードを提示すると室料を20%引きしてもらえます。

カラオケ歌之助、カラオケ黄金虫

白木屋、魚民などで知られるモンテローザが経営するカラオケ店、カラオケ歌之助、カラオケ黄金虫。エポスカードでお会計をするとポイントが5倍(200円につき5ポイント)もらえます。

ポイント還元率だけがクレジットカードのすべてではない

カード選びにおいて、やはり重視されるのはポイント還元率。当サイトでも1%還元の楽天カード、誕生月ポイント5倍のライフカードは人気があり、申し込み数も群を抜いています。
そこでエポスカードはどうなのかというと、還元率は0.5%。決して高い方ではありません。
しかし、それを補って余りあるメリットが、カラオケだけでなくあらゆるジャンルに渡る優待割引特典の充実ぶり。

エポスカードの特典・優待・割引される店【2016年完全ガイド】

これらのページで紹介しているケースだと一回の店舗利用で数百円~数千円の割引が適用されていますが、もしポイント還元で同じ額を節約しようとしたら数万~数十万円もカードを使わなければいけません
ネット通販含めたショッピング利用が年間で~30万円程度の方は、節約カードとして申込むなら還元率だけを見て選ぶのは得策ではないのかも知れません。

カード利用額の大きい人は、還元率の高いものをメインカードに据え、エポスをサブカードとして用いることも多いとか。
年会費無料でありながら海外旅行傷害保険が自動付帯であり、高還元率のカードにありがちな欠点を補えるというのもその理由の一つです。



 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.