ビックカメラSuicaカード│ETCカードも発行可・6つのメリット・3つのデメリット!

ビックカメラSuicaカードは、Suica機能付きのクレジットカードを作りたい方、ビックカメラでお得にお買い物をしたい方に大人気のカードです。

もともと、初年度年会費無料ですが、年1回以上のカード利用で「翌年の年会費が無料」になります。つまり、維持費がかかりません。

またビックカメラSuicaカードでうれしいのは、JR東日本の切符購入やチャージなどで、ビューカードのポイント還元率が1.5%にアップする点です。

もちろん、ビックカメラのポイントサービスも受けられます。電車通勤・通学をしていて、家電量販店の買い物をする方には、オススメなクレジットカードです。

Suicaユーザーでビックカメラのポイントカードを持っている方は、2枚をこのカードにまとめることができます。もちろん、まとまるだけでなく、よりオトクにもなりますよ!

 ビックカメラのお買い物で、ポイントが最大11.5%付いてくる!

ビックカメラでの買い物を、このカードでSuica払いすると、最大11.5%の大幅還元が受けられます。

11.5%という数字は「現金払い」以上の高い還元率です!(通常のキャッシュ払いでは8.0%)。他のクレジットカードで買うのはもちろん、現金で買うよりもオトクになります。こんなにオトクなのはこのカードだけ!

 ETCカード・海外旅行保険に対応!モバイルSuicaもオトクに!

最高1,000万円の国内旅行保険や500万円までの海外旅行傷害保険、ETCカードの追加発行にも対応しています。

また、モバイルSuicaやApplePayにも登録できます。クレジットでチャージなどをすると、ポイント付与がされてオトクになります。

本記事では、ビックカメラSuicaカードの6つのメリットと3つのデメリットを取り上げます。クレジットカードが欲しいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

このほか、ビックカメラSuicaカードに並んで人気の高い「Suica付帯カード」を3枚も紹介します。それぞれ比較してみると、自分に合うカードが見つかりやすくなりますよ♪

なお「お急ぎの方」は、「ビックカメラSuicaカードのまとめ!」をご覧ください♪

ビックカメラSuicaカードの特長

  •  年1回以上の利用で、年会費がタダに!
  •  定期や切符、チャージだとポイントが1.5%に!
  •  ビックカメラの買い物は、ポイント最大11.5%に!
  •  オートチャージが使えて、移動がスマートでオトクに!
  •  全国主要都市でチケットレス、電子マネーにもなる!
  •  国内は最高1000万円、海外は最高500万円の旅行傷害保険が付帯
  •  ETCカードも発行可
【目次】

ビックカメラSuicaカードの何がいい?
  1. 年1回以上の利用で、維持費がかからない!
  2. チャージや切符、定期を買うとポイント3倍に!
  3. ビックカメラでポイント11.5%にする方法とは?
  4. 意外に大事!?国内・海外旅行の保険付き!
  5. 電車移動がスマート&オトクに!
  6. ケータイ・スマホがあれば、もうICカードもいらない!?

ビックカメラSuicaカードの欠点は?
  1. IC定期券にはならない…
  2. ETCカードが有料…
  3. ポイント交換で損することも…

「Suica付帯カード」を比較すると?
  ビュースイカカード
  イオンSuicaカード
  JALカードSuica
  どのカードを選ぶべき?
  回数券 vs Suica、お得なのは?

まとめ

ビックカメラSuicaカードが人気の理由

まずはメリットについて見ていきます。6つあるので、それぞれ詳しく紹介します。

年1回の利用で、年会費無料に!

年1回使えばOK!!

ビックカメラSuicaカードの年会費は、実質無料です

初年度はもともと全員タダになります。さらに初年度以降も、クレジットの利用が年1回以上あれば、翌年の年会費がなくなるのです。

つまり、毎年1回以上カードを使ってさえいれば、維持費がかからなくなります。カードを複数持ちする場合には、とても助かりますね。

 家族カードは無し!

ビックカメラSuicaカードは、家族カードをつくることはできません。ただ、実質維持費が0円なので、各個人で持っても家族カードを作るより高くなることはありません。

家族カードが欲しい場合は、同じくSuica付帯のビュースイカカードを利用しましょう。

メモ:家族カードは必要?
「家族カード」とは、契約者本人の家族に対して作れるカードです。
1つのカードを、家族各人に分けるようなものと言えます。
このため付帯サービスなどは、本人のカードとほぼ同じになります。ただし、請求や引落を分けることはできません。

チャージや切符、定期の購入で還元率は3倍に!

切符やチャージならポイント3倍!!

ビックカメラSuicaカードなど、各種ビューカードは、クレジット利用で0.5%のビューサンクスポイントが付きます

ただし、JR東日本の定期券や切符の購入、チャージやオートチャージなどは違います。この場合、「VIEWプラス」と言って、還元率が3倍(1.5%)に上がります

VIEWプラスの主な対象

・乗車券、定期券、回数券、特急券の購入

・JR東日本の国内ツアーの購入

・Suicaのチャージ関係の支払い

・モバイルSuica・Suicaアプリの支払い

同じお金を払うなら、ポイントを効率よく貯めて、カードをよりオトクに使いこなしましょう♪

メモ:Suicaポイントも忘れずに!

Suicaポイントとは、「Suicaポイントクラブ」に登録すると使えるようになるポイントです。Suicaポイント加盟店での電子マネーの使用が対象となります(乗車での使用は対象外)。還元率は、最高で100円あたり1ポイント。1ポイントは1円分なので、登録してないと損ですよ!

Suicaポイントクラブ

 駅ナカ、駅ソトでいろいろ使える!

現在、電子マネーSuicaとして利用できる範囲は広がっています。JR東日本の駅ナカにある店の多くは、IC対応がもはや当たり前です。財布の小銭に手間取って、電車に乗り遅れることもなくなります。

JR東日本の主な駅ナカ店舗
コンビニ
売店
バーガー
コーヒー

また、駅ソトでもコンビニ・スーパーや自動販売機、飲食店などにIC対応が広がっています。街中のお買い物もスマートになりますよ♪

Suica決済ができる主な店舗
コンビニ



自販機
スーパー




薬局

飲食店




Suicaエリアの都市部では、駅ナカ・駅ソト問わずに広く使えます。財布が代わりになると言ってもいいでしょう。コンビニなどでは残高への入金も可能です。

メモ:ネットでSuicaにチャージ?

Suicaはネットでも入金や支払いができます(Suicaインターネットサービス)。5枚までの登録可能なので、ご家族のSuicaの管理にオススメです。これだと、お子さんのSuicaのチャージが家のパソコンからできます。しかも、年会費はなし。ただし、利用には、Felica/パソリのカードリーダーが必要です。

Suicaインターネットサービス

 首都圏だけじゃない!全国で使える!

SuicaはJR東日本のサービスです。ただし、今では日本各地の交通系ICカードと連携しています。そのため、Suicaエリアでなくても相互利用できる交通系ICカードの地域内で、使用可能です。また、この中には電子マネーとして使えるものも多くあります。

Suicaと相互利用できる交通系IC
発行元 名称 電子マネー
JR北海道
札幌圏私鉄・バス
仙台市交通局
関東圏私鉄・バス
JR東海
東海圏私鉄・バス
JR西日本
関西圏私鉄・バス
JR九州
九州圏私鉄・バス
福岡市地下鉄

※2016年12月現在

つまりは日本の各主要都市で電子マネーとしても利用できるわけです。ただし、オートチャージなどのサービスが制限される場合があるので、注意が必要です。

メモ:紛失をしても安心!
カードを紛失した場合は、VIEWカード紛失盗難デスク(03-5334-1199)に電話をしましょう。
連絡すると緊急停止して、悪用を予防してくれます。また、紛失した時点のチャージ残高を補償もしてくれるので、もしもの時でも安心です。

ビックカメラの買い物が還元率最大11.5%になる方法とは?

ポイントが現金支払い以上!?

ビックカメラSuicaカードで買い物をすれば、現金払いと同じ10.0%のポイント率が適用されます。実は、これって特別なことだったりします。

ビックカメラは、普通のクレジット払いだとポイント率が8%です。現金より2.0%も低くなってしまいます。ただし、ビックカメラSuicaカードは、現金と同じポイント率が10%のままです。これだけでも、クレジットで買い物する方にはオトクです。

更にお得にする方法

さらにポイント率を上げる方法があります。それはSuicaで払うこと。これをすると…

Suicaチャージで1.5%のビューサンクスポイント
+
ビックカメラの買い物で10.0%のビックポイント

合計11.5%のポイント付与

と、現金払い以上の高い還元が受けられるわけです。他のカードでクレジット払いは8.0%ですが、この方法だと11.5%。つまり、実質クレジット払いでも3.5%のアップに!

だから、ビックカメラの買い物はSuica支払いがオススメです。クレジットでSuicaチャージをしてから支払えば、ポイント二重取りにできます。ただし、チャージの上限額は2万円なので、11.5%になるのは2万円分のお買い物までなので注意してください。

メモ:2万円以上はリボ払いで!
ビックカメラSuicaカードだと、実はリボ払いでもポイントが上がります。
通常は利用金額の10%なのが、リボ払い・3回以上の分割払いでは11%に!
2万円以上の買い物ではこちらの方法がオトクです。

 ビックカメラ以外でもポイントが貯まる

ビックカメラSuicaカードだと他の店でのお買い物や公共料金のクレジット払いでも、0.5%のビックポイントが付きます。つまりは…

0.5%のビューサンクスポイント
+

0.5%のビックポイント

合計1.0%のポイント付与

と2重取りになるので、ビックカメラ以外のお買い物でも、オトクに使うことができます。

 ビックポイントのお得な使い道

貯まったビックポイントは、1ポイント=1円で、ビックカメラのお買い物に利用できます

家電だけはなく、お酒や食品から、化粧品、スポーツ用品、インテリア用品、メガネまで取り扱っています。日用品も買えるから、けっこう使い勝手はいいですよ♪

近くに店舗が無くても大丈夫。「ビックカメラ.com」でも使えるから、ムダになることはありません。店舗同様のショッピングが楽しめます。むしろ、ネット限定特価などがある分、店舗で買うよりもオトクになることも。

ビックカメラ.com

また、ビックカメラグループの家電量販店コジマ、Sofmapでもビックポイントは利用可能です。しかも、1ポイント=1円で使えます。ただし、その際にはコジマポイント、ソフマップポイントへの交換が会計前に必要です。

メモ:Amazonより配達が速いことも…

ビックカメラ.comで買い物をすると、お住まいの地域によっては、Amazonプライムより配達が速いことがあります。
理由は、多くの店舗を持っているから。また、会員登録は必要ですが、Amazonプライムとは違い会員費用はかかりません。ネットショッピングとしてもオススメです。

 ビューサンクスポイントのお得な使い道

ビューカードの方のビューサンクスポイントは1ポイント2.5円相当で利用できます

ポイントは、チャージ残高に1000円相当から交換可能。また、ルミネ商品券、びゅう商品券などJR東日本グループの商品券とも交換可能なので、いろいろな使い方ができます。

他にも、ポイント交換商品と替えることもできます。和牛などのお取り寄せグルメや、キッチングッズがあるので、東日本以外の人でもポイントの価値は十分ありますよ。

あのペンギンや、鉄道のデザインのオリジナルグッズなどもあります。中には、店舗では買えないレアなものも。キャンペーンなどの特典中には、さらにオトクに利用できます。

メモ:明細書をネットで見ると…

VIEWカードでは、利用明細書を郵送からネットでの確認に切り替えると、ボーナスポイントがもらえます(Web明細ポイントサービス)。
もらえるポイントは年間600円分(毎月の発行ごとに50円分)。
サービスの利用には、会員サイト「VIEW’s NET」の登録が必要となります。

国内・海外旅行傷害保険が付帯

海外旅行もカバー!

各種ビューカードには、旅行傷害保険が付帯しています。対象は死亡保障と、障害、治療保障です。国内は最高1,000万円まで、海外は最高500万円まで補償が受けられます。

旅行傷害保険の条件
付帯条件 担保内容 最高補償額
国内 切符や旅行商品を購入 傷害 1000万円
海外 自動付帯 傷害・疾病 500万円

国内旅行は、クレジット払いで切符などを買うと、改札を入ってから出るまで補償されます。

さらに、海外旅行では自動的に保険付きになります。しかも、両方とも出発前に手続きする必要はありません。

年会費は実質かからなくても、この内容の充実です。手軽な旅行保険を目当てにカードを作るのもアリですね♪

メモ:旅行傷害保険は必要?

旅行傷害保険とは、旅行中の事故やトラブルなどの被害を補償する保険のことです。
特に海外旅行では、いざ病院などにかかると、治療費が数十万円以上になることも十分あります。もしもの時に備えて、旅行傷害保険も旅行の用意に入れておきましょう。
ビューカードなら自動付帯なので、手続きもいりません。ただし、補償や適用の条件には限りがあるので、心配であれば別途保険にはいることもオススメします。

オートチャージで移動がラク!

急いでる時ほど助かるサービス!

Suica利用は便利ですが、困るのが毎回の入金が面倒なこと。しかも、急いでる時に限って、残高がなかったりします。通勤時間帯なんかに改札に引っかかると、ぶつかった後ろの人の視線が…。

Suicaオートチャージ機能があれば、そんな心配もいりません。これで、いきなり改札機で止められることも、入金のたびに自動券売機や精算機の列に並ぶこともなくなります。

利用できる地域は、首都圏、仙台と新潟の一部です。相互利用できる他のICの地域では対応していないので注意してください。

 オートチャージの仕組み

オートチャージ機能は、残高が一定金額を切ると、自動的に残高に入金されるサービスです。入金した分の支払いは、サービスに登録しているカードから、クレジットで決済されます。

便利なサービスですが、気をつけなければいけないのがクレジットカードの有効期限。これが切れると決済できずに、サービスも停止されてしまいます。そのため、更新されたらSuicaも忘れずに延長手続きをしましょう。

メモ:設定の変更は駅のATMで

VIEWカードなら、JR東日本の駅にある「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」のATMで、オートチャージの設定が簡単に変更できます。
入金金額の変更や延長手続きなどが、最寄りの駅のATMでできるので便利です。

駅などにある青と緑のATM=VIEW ALTTE

モバイルSuicaが当面の間、年会費無料に!

1030円が当面は…

モバイルSuicaとは、対応しているAndroid端末やケータイ端末にSuica機能を付けられるサービスです。

サービスを利用するには、クレジットカードの登録と、年会費が1030円(税込)が必要です。ただし、登録するのが、各種のビューカードだと年会費が当面の間はかかりません。ただ、あくまでも「当面の間」ということなので、具体的な期間は明かされていません。

モバイルSuicaはカード型Suicaとほぼ同じ機能を備えています。Suicaオートチャージも対応、Suica定期券としても使えます。つまり、モバイルSuicaの定期券にすれば、オートチャージ対応のSuica定期券がオトクに買えるわけです。

メモ:iPhoneユーザーは?

iPhoneではモバイルSuicaの代わりに「ApplePay」が利用可能です(iPhone7/Apple Watch Series2以降)。使える機能もほぼ同じ。決済用にビックカメラSuicaカードを登録すれば、オートチャージなどでポイント獲得もできます。

ApplePay公式サイト

また、モバイルSuicaを利用すると、JR東日本の特急券がケータイ・スマホから、予約も駅での手続きもなしで買えます(モバイルSuica特急券)。しかも、出発前なら何度変更しても手数料はかかりません。定期券購入もネットから可能。もう、駅の窓口や自動券売機に並ぶこともなくなります。

メモ:実は、新幹線の料金が…

 JR東日本の新幹線には、「スーパーモバトク」というモバイルSuica限定の特別料金があります(ApplePayも適用)。割引はなんと最大約30%!(東京~新函館北斗)。ただし、特定区間のみ、乗車日の前日までの購入、変更不可能などの条件があります。

「ビュー・エクスプレス特約」(年会費1080円)に申し込むと、東海道・山陽新幹線も同じように乗ることができます。

スーパーモバトクの詳細

ビックカメラSuicaカードの欠点は?

欠点も確認してから申し込みを

次は、デメリットについて紹介していきます。後悔しないためにも、申込の前に確認してみてください。

定期券がカードに付けられない

Suica定期券機能が付けられないので、カードと定期券をまとめることは不可能です。

ただし、別にSuica定期券を作れば、クレジットでオートチャージもできて、それでポイントがもらえます。

枚数を増やしたくない人には、モバイルSuica、ApplePayがオススメ。対応するケータイ・スマホがあれば、ICの代わりになるので、IC定期券をオトクに使うことができます。

また、ビュースイカカードなどは、クレジットカード自体を定期券にすることもできます。

ETCカードに維持費がかかる

ビックカメラSuicaカードは、ETCカードが追加発行できますが、年会費515円(+税)が必要です。

維持費がかからないETCカードが欲しい方は、ETCが無料付帯になるカードがオススメです。

※詳しく知りたい方はこちらへ
「ETC無料付帯」のクレジットカード

ポイントチャージで損することも

ビックポイントからSuica電子マネーへのポイント移行では、同じ金額分は交換できません。

Suica残高1000円分に必要なポイント
ビューサンクスポイント 400ポイント
(1000円相当)
ビックポイント 1500ポイント
(1500円相当)

ビックポイントはビックカメラで使う方がオトクです。ちなみに、ビューサンクスポイントからビックポイントへのポイント移行は同じ金額分交換できます。

比較されやすい「Suica付帯カード」3枚!

ここでは、ビックカメラSuicaカードと比較されやすい、3枚のクレジットカードについて説明します。

ビュースイカカード

ビュースイカカードは、JR東日本が発行するSuica付きクレジットカードです。

 カード機能はビックカメラSuicaカードと似ている

Suicaのチャージや切符、定期の購入でポイントが3倍になるなど「ビックカメラsuicaカード」と良く似たカードです。

大きな違いは、定期が付けられるのと、家族カードが作れるということ。これは3つの中ではビュースイカカードだけの特長です。

ビュースイカカードの内容
国際ブランド ① VISA
② MasterCard
③ JCB
年会費 477円(+税)
還元率 0.5%〜1.92%
Suicaチャージ還元率 1.5%
定期券機能 あり
家族カード 477円(+税)
ETCカード 515円(+税)
旅行保険

① 最高1,000万円の国内旅行傷害保険

② 最高500万円の海外旅行傷害保険

ポイント名 ビューサンクスポイント

 ビューカードの注意点・年会費が必要

ビュースイカカードでは、年会費がタダになる条件がありません。このため、毎年の年会費が有料となります。

また、ポイント付与もビューサンクスポイントのみになるので、還元率はそれほど高くありません。

※詳しく知りたい方はこちらへ
定期にもなる!ビュースイカカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードは、通常のイオンカードに、Suica機能が付帯したカードです。このため、ビューサンクスポイントが付きません。

 ETCカードも年会費が無料

イオンSuicaカードのメリットは、カード自体とETCカードの年会費がかからないところです。

イオンSuicaカードの内容
国際ブランド ① VISA
② MasterCard
③ JCB
年会費 永年無料
還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 0.5%
定期券機能 なし
家族カード なし
ETCカード 無料
旅行保険

① 最高1,000万円の国内旅行傷害保険

② 最高500万円の海外旅行傷害保険

ポイント名 ときめきポイント

 イオンカードの注意点・ビューサンクスポイントが付かない

ビューサンクスポイントが付かないため、残念ながらポイントの二重取りは出来ません。付与されるのは、イオングループの「ときめきポイント」だけとなります。そのため、Suicaチャージでも還元率は0.5%のままです。

※詳しく知りたい方はこちらへ
ETC年会費がタダに!イオンSuicaカード

JALカードSuica

JALカードSuicaは、JALカードにSuica機能が付いたカードです。

 JALマイルとビューサンクスポイントが付く

JALカードSuicaのメリットは、ビューサンクスポイントとJALのマイルの二重取りができるところです。ビックポイントの代わりにJALマイルが貯まると考えてください。

100円~200円のクレジットの利用分につき1マイルが付与されます。貯まったマイルは航空券などに交換可能です。

JALカードSuicaの内容
国際ブランド ① JCB
年会費 2000円(+税)
還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5%
定期券機能 なし
家族カード なし
ETCカード 515円(+税)
旅行保険

① 最高1,000万円の国内旅行傷害保険

最高1000万円の海外旅行傷害保険

ポイント名

①ビューサンクスポイント

②JALマイル

 JALカードの注意点・年会費が必要

JALカードSuicaは、ビュースイカカードと同様、年会費がかかります。しかも、2000円(+税)とお高めです。多く使わないと、オトクにはならないカードなので注意しましょう。

※詳しく知りたい方はこちらへ
JALマイルが貯まる!JALカードSuica

Suica付帯・どのカードを選ぶべきか?

どれが良いかは使い方しだい

Suica付帯カードは、年会費やETC付帯条件、チャージ還元率がそれぞれ異なります。

 交通費の管理を簡単にしたい方には…

定期や切符、チャージの利用が多ければ、還元率の高いビュースイカカードを選択しましょう。カード自体がIC定期券になり、財布のスペースが節約できます。

また、家族カードを作れば、家族の交通費の管理もしやすくなります。

 ETCカードもタダがいい方には…

ETCカードを無料にして、カード年会費も安く抑えたい方には、イオンSuicaカードが便利です。チャージ還元率が低いのですが、年会費が永年無料で利用できます。

また、イオングループのお店の買い物がオトクになります。

 旅行をよくする方には…

電車や飛行機でよく旅行を楽しむ方には、JALカードSuicaがオススメです。チャージでもJALマイルが貯まります。

JR東日本のポイントと、JALのマイルが貯まるので、新幹線も、飛行機もオトクに乗ることができます。さらに旅行傷害保険もより充実しています。

 買い物をオトクにしたい方には…

買い物をする機会が多い方は、ビックカメラSuicaカードを取得しましょう。

Suicaの利用が無くても「買い物目当て」で取得する価値は大アリです。

現金と同じ還元率が受けられるほか、年会費実質無料なので、無駄なくカードが利用できます。

また、ビックカメラ.comを利用すれば、自宅に居ながらビックカメラの商品が便利に購入できます。他の3枚とくらべると、一番生活に身近で、オトクで使い勝手も良いです。

自分の生活スタイルにあったカードを選択しましょう。

回数券 vs Suica・どっちがオトク?

回数券の方が得する場合も…

ビックカメラSuicaカードやビュースイカカードのように「チャージでポイント還元率がアップする」カードは、交通費が節約できます。

貯まったポイントでチャージをすれば、切符や定期をそのまま買うより、電車代が安くなります。

ただし、同じく区間を何度も往復するのなら回数券の方が割安です。もちろん、ほぼ毎日通うようなら定期券の方がオトクですが、それほどでもない場合は回数券を買うと安くすみます。

例えば、JR東日本で回数券を購入すると、10枚分の値段で11枚が手に入ります(=割引率は9.1%)

ビックカメラSuicaカードやビュースイカカードでチャージ還元を受けたとしても、割引は1.5%です。

あちこち移動せず、あらかじめ利用する区間が決まっている方は、Suicaではなく、回数券を上手に活用しましょう。

JR東日本「きっぷあれこれ」

メモ:回数券もオトクな方法が!?

ビューサンクスポイントは回数券の購入でも付きます。
しかも、VIEWプラスなのでポイント率1.5%!枚数分9.1%と合わせると、割引率は10.6%にもなります。
回数券もクレジット払いでよりオトク買いましょう♪
ちなみに、自動券売機ではSuicaでも切符を買うことができるので、チャージを利用することも可能です。

ビックカメラSuicaカード まとめ

最後に「ビックカメラSuicaカード」のおすすめポイントをまとめてみました。

ビックカメラSuicaカードの内容
国際ブランド ① VISA
② JCB
年会費 477円(+税)
年1回以上の利用で無料
還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5%
定期券機能 なし
家族カード なし
ETCカード 515円(+税)
旅行保険

① 最高1,000万円の国内旅行傷害保険

② 最高500万円の海外旅行傷害保険

ポイント名

①ビューサンクスポイント

ビックポイント


ビックカメラSuicaカードはここがおすすめ!

① 年会費が実質タダ!
② 切符や定期の購入、Suicaチャージでポイント還元率は1.5%!
③ ビックカメラで最大11.5%の還元が受けられる
④ 貯まったポイントは、Suicaチャージやビックカメラの買い物に利用できる!
⑤ 最高1,000万円の国内旅行保険、最高500万円の海外旅行傷害保険が付帯
⑥ モバイルSuicaの年会費が当面タダ!

このほか、カードの盗難や紛失に遭った場合も「届け出時のSuicaチャージ額が補償」されるので、誰でも安心して利用できます。

ビックカメラSuicaカードはSuica付帯カードの中では、とてもオトクなカードです。維持費もかからないので、複数持ちにも向いています。Suica付きのクレジットカードをお探しなら、ぜひオススメします!

 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.