UCカードでETCカードを作る5つのメリット:ETCつきクレジットカード100選

UCカード有効期限のない「永久不滅ポイント」が貯められるクレジットカード。株式会社クレディセゾンとUCカードグループが発行している銀行系の伝統クレジットカードです。

UCカードのメリット6点とデメリット4点を徹底解説します!

【20秒でわかる!】UCカードのメリット10選

  • ポイントの有効期限なし
  • ETCカードの発行手数料無料!
  • ETCカードの年会費永久無料!
  • 銀行系プロパーカードのブランド力
  • 「永久不滅.com」経由の買物でポイント最大30倍
  • サイン不要で便利なICチップ搭載
  • UC会員限定!演劇・コンサートの人気チケット先行予約・優待割引
  • 10種類以上のポイント移行先
  • ネット上の不正使用に備えたオンライン・プロテクション
  • 専業主婦・学生も申し込みOK!
UCカード/ETCカード
【目次】

UCカードの基本情報
年会費・還元率・国際ブランド
ポイント交換先(提携先)一覧

UCカードの6つのメリット
1. ポイントの有効期限がない!
2. 年会費1,350円で手に入る伝統クレジットカードのステイタス
3. ETCカードは年会費永年無料!
4.「永久不滅.com」経由の買い物でポイント最大30倍!
5. 劇団四季、宝塚、コンサート・・・ファンクラブに入らずに人気チケット先行予約!
6. 4つの不正利用防止システムでネットショッピングのリスク軽減!

UCカードの4つのデメリット
1. 年会費が1,350円で無料ではない
2. 還元率が0.45~0.5%と「普通」
3. 電子マネーチャージではポイントが貯まらない!
4. 国内・海外旅行保険が付帯していない

まとめ~UCカードはこんな人にオススメ!3つのポイント~

UCカードの関連ページ

UCカードの基本情報

年会費・還元率・国際ブランド

まずはUCカードの基本情報を簡単にご案内します。

年会費 本人会員: 1,250円(税抜)
家族会員: 400円(税抜)
ポイント還元率 0.4~0.5%
国際ブランド VISA/ MasterCard
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし

ポイント還元率は0.4~0.5%と普通で、旅行傷害保険は付帯していません。

UCカードは専業主婦や学生(18際以上) でも申し込み可能ですが、家族カードなら年会費が半分以下の400円(税抜)になります!

家族カードを使ってそれぞれ「永久不滅ポイント」を貯め、ポイント合算で更なる高額アイテムと交換したりTポイントやJAL・ANAマイル交換できます。

ポイント交換先(提携先)一覧

UCカードで獲得できる「永久不滅ポイント」は10種類以上のポイントに移行可能です。

ポイント移行対象 還元率
Amazonギフト券 0.500%
JTB旅行券 0.500%
Tポイント 0.450%
nanacoポイント 0.460%
dポイント (ドコモプレミアクラブ) 0.500%
auポイント (auポイントプログラム) 0.500%
UCギフトカード 0.400%
出光キャッシュプリカ 0.500%
SEIYUショッピングカード 0.500%
スターバックスカード 0.450%
WebMoney 0.500%
ANAマイル 333円 =1マイル
JALマイル 400円 =1マイル

携帯電話の料金もポイントで!

ドコモポイントやauポイントにも移行できるので、貯めたポイントで、毎月の携帯料金の支払いもできちゃいます。
ポイントを使うために商品を選んだり買物をするのは本末転倒。生活費として自然に使えるのが強みです。

ポイントをお金に換えられる!

UCカードの「ポイントdeお買物」というサービスを使うと、貯めた「永久不滅ポイント」をクレジットカード利用料金の支払いに充てられます。実質的キャッシュバックですね。
「ポイントからポイントへ移行作業も面倒だしマイルも貯めてない・・・」
そんな人に最適な合理的なサービス。ただし、「200ポイント=900円」なので、還元率は0.045%です。

UCカードの6つのメリット

UCカードのメリットはこの6つ!

順番に解説してゆきます。

1. ポイントの有効期限がない!

UCカードで貯めることのできる永久不滅ポイントは、その名の通り有効期限がありません
クレジットカードのポイントがいつの間にか失効していた・・・なんて損することなく、期限を気にせずポイントが貯められます。

※紛らわしいのですが、UCカードにはこの「永久不滅ポイント」と有効期限が1年の「UCポイント」、二種類のポイントプログラムが並存しています。

今回ご紹介するUCカード(一般カード)は、有効期限のない「永久不滅ポイント」が貯まるカードです!

ポイント確認や利用方法など不明の点は、UCコミュニケーションセンターポイントデスクで対応してもらえます。

UCコミュニケーションセンター
東京:03-6893-8222
大阪:06-7709-8520

永久不滅ポイントの賢くお得な貯め方・使い方【完全ガイド】

年会費1,350円で手に入る伝統クレジットカードのステイタス

スーパーやコンビニで発行している流通系のクレジットカードに対して、UCカードはみずほ銀行系の伝統を誇るクレジットカード

元を辿れば、1969年に都市銀行6行で共同のクレジットカードブランドが作られ、ユニオンクレジット株式会社が誕生しました。これがUCカードの母体です。

UCカードは、年会費1,350円(税込)で手に入れられる銀行系プロパーカードなんです。

信用やステイタスを重視する人には、リーズナブルで最適な一枚です。

ETCカードは年会費永年無料!

ETCカードは発行手数料も無料、年会費も永年無料です!

高速道路でのETC通行料金の支払いでも永久不滅ポイントが貯まります。

もちろん、ETC利用代金に応じて、ETCマイレージサービスのポイントも貯められます。(別途登録が必要)

料金所をキャッシュレスで通過できて便利ですし、発行費用も0円ですから、申込しておいて損はないですね。

ETCマイレージサービスの本当の還元率、知らないと損する利用方法

「永久不滅.com」経由の買い物でポイント最大30倍!

UC永久不滅ポイントは無期限だけど、還元率は約0.5%とイマイチ・・・そんなUCカードの第一印象を覆すポイントサイトが、「永久不滅.com」です。

画面を開くと、「30倍」「15%OFF」「21倍」・・・凄まじい数字が踊っています。UC会員なら、このサイトで買物するだけで、永久不滅ポイントが最大で30倍貯まります

たとえば今なら富士カラーの写真年賀状が13倍、ノートンのPCセキュリティが30倍です。

経由するだけでいい!

いくらポイントが貯まると言われても、知らないサイトより、いつものショップで買物したいですよね。

楽天、amazon、Yahoo!ショッピング、ベルメゾンネット、nissen・・・

「永久不滅.com」を経由して、普段通りのネットショッピングをするだけで最大30倍の永久不滅ポイントが貯まります。

ショッピングだけじゃない!

 ●「じゃらん」や「エクスペディア」での国内・海外旅行の予約
 ●「ホットペッパービューティー」からの美容室の予約
 ●「食べログ」への口コミ投稿

サイト内のアンケートやゲームなど、ショッピング以外でも永久不滅ポイントを貯めることができます。

劇団四季、宝塚、コンサート・・・ファンクラブに入らずに人気チケット先行予約!

さすがは老舗クレジットカードのUCカード。UC会員限定のチケットサービス「イープラス」を持っています。

劇団四季の「アラジン」「リトルマーメイド」、宝塚、オペラ、バレエ、シルク・ドゥ・ソレイユ、大相撲に、伍代夏子や藤あや子のコンサート・・・

ファンクラブ等の会員になっていないとチケットがなかなか取れないエンターテイメントも、UCカード会員限定の先行予約や優待サービスが用意されているのです。
「イープラス」は、個人的にも最もお得だと思う付帯サービスです。

各種ファンクラブの会費を払ったり、結局ヤフオクで高額になったチケットを買うしかなかったり・・・
無駄な出費や手間とも、このカード一枚で決別です!

4つの不正防止システムでネットショッピングのリスク軽減!

UCカードのセキュリティーシステム
1.本人認証サービス
2.オンライン・プロテクション
3.サイン不要!ICチップ搭載カード
4.紛失・盗難は年中無休で対応

1.本人認証サービス

ネットショッピングでクレジットカードを使うとき、一般的なクレジットカード情報だけでなく「アットユーネット」のパスワードも入力することで、不正利用を二重に防止できます。

アットユーネットとは?
UCカード会員限定サイト。貯まったポイントのアイテム交換や他ポイントへの移行、その月の利用明細の確認などがインターネット上でできます。

2.オンライン・プロテクション

インターネットショッピングは便利だけど不安もあります。「本人認証サービス」での防止策に加え、UCカードなら、万一ネット上での不正使用があった場合も、損害を補償してくれるので、安心して使えます。

3.サイン不要!ICチップ搭載カード

インターネット上だけでなく、実店舗での不正利用対策も万全です。
ICカード対応端末が設置されている店舗であれば、カード決済はサインではなく暗証番号入力となります。必ず暗証番号を入力するので不正利用のリスクを減らすことができます。

4.紛失・盗難は年中無休で対応

国内・海外ともにクレジットカードの紛失・盗難には、年中無休24時間体制で対応してもらえます。

年会費無料カードでは得られないセキュリティシステムと万全の補償は、UCカードのメリットといえます。クレジットカードを持つのに抵抗がある・・・という人にも心強いですね!

UCカードの4つのデメリット

UCカードのデメリットはこの4つ!

年会費が1,250円(税抜)で無料ではない

年会費が1,250円(税込で1,350円)かかる上に、この後述べますが還元率は「普通」、付帯保険はつきません。

 ● 銀行系プロパーカードとしての信頼やブランド力
 ● UC会員限定チケットサービス「イープラス」でのエンターテイメントチケット先行予約

これらの強みにメリットを感じられなければ、1,350円の年会費は割高といえます。

逆に、例えば劇団四季のチケット先行予約のために「四季の会」に入ると、入会費1,500円+年会費2,000円で、初年度だけで3,500円(+税)かかります。

そう考えると、オペラやバレエの先行予約もできる「イープラス」を持つUCカードの年会費1,250円は「格安」なんですよね。

2.還元率が0.4~0.5%と「普通」

前にもご紹介しましたが、ポイント交換先と還元率の表です。

ポイント移行対象 還元率
Amazonギフト券 0.500%
JTB旅行券 0.500%
Tポイント 0.450%
nanacoポイント 0.460%
dポイント (ドコモプレミアクラブ) 0.500%
auポイント (auポイントプログラム) 0.500%
UCギフトカード 0.400%
出光キャッシュプリカ 0.500%
SEIYUショッピングカード 0.500%
スターバックスカード 0.450%
WebMoney 0.500%
ANAマイル 333円 =1マイル
JALマイル 400円 =1マイル

「永久不滅ポイント」の還元率は最大で0.5%と、決して高いとはいえません。

1,000円で1ポイントなので取りこぼしが出てしまう!

たとえば楽天カードなら100円ごとにポイントがつきます。
UCカードは1,000円に達しない端数は換算されないのでポイントの取りこぼしが発生します。

電子マネーチャージではポイントが貯まらない!

UCカードにはnanaco、楽天Edy、iD、クイックペイの4種類の電子マネーを搭載することができます。
発行手数料も年会費も無料です。

ただし、UCカードからこれら電子マネーにチャージしたときにはポイントが貯まりません。チャージと支払での「ポイント二重取り」ができないんですね。

電子マネーで支払ったときにはクレジット決済と同じ「1000円で1ポイント」の還元率で永久不滅ポイントが貯まります。言い換えれば、1000円以下はポイント加算の対象にならないわけですから、電子マネーを使うような少額決済とUCカードは相性が良くないんですよね。

電子マネーは他のカードに任せよう!

電子マネー用には他の年会費無料クレジットカードを持つのがおすすめです。

リクルートカードなら4種類の電子マネーを搭載できて、チャージと支払いで合計1.7%の還元率、しかも100円単位でポイント加算されます。

クレジットカードは賢く使い分けて「いいとこ取り」しちゃいましょう。

リクルートカードの詳細ページはこちら

国内・海外旅行保険が付帯していない

年会費 本人会員: 1,250円(税抜)
家族会員: 400円(税抜)
ポイント還元率 0.4~0.5%
国際ブランド VISA/ MasterCard
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし

UCカードは旅行傷害保険もショッピング保険も「なし」です。

付帯保険が全く無いと、旅行の度に保険に入ることになり出費がかさみます。

旅行保険は他のカードに任せよう!

楽天カードやエポスカード、リクルートカードなど、年会費無料で旅行傷害保険が充実したカードを一枚作っておくことで、この問題は簡単に解決できます。

例えば・・・旅行中最も重要となるケガ・病気の治療費用の項目をチェックしてみましょう。

ケガ・病気の治療保障
楽天カード 200万円
エポスカード 200万円
リクルートカード 100万円
合計 500万円

ケガ・病気の治療費用や携行品損害などは、自分が持っているクレジットカード付帯保険の合計が支給されるので、複数枚作っておいて強化しておくと安心です。

楽天カードの詳細ページはこちら
エポスカードの詳細ページはこちら
リクルートカードの詳細ページはこちら

まとめ~UCカードはこんな人にオススメ!3つのポイント~

こんな人にオススメ

★ポイント期限の管理が面倒だと思う人
無数のポイントカードにクレジットカード・・・それぞれのポイント期限を管理するのが面倒くさい。そんな人には、有効期限のない「永久不滅ポイント」が貯まるUCカードは分かりやすくて安心です。ポイント移行先は10種類以上、キャッシュバックも可能なので使いそびれの心配なしです!

★ 社会的信用・ブランド力のあるクレジットカードを格安で持ちたい人
UCカードはみずほ銀行系の伝統あるクレジットカード。スーパーやコンビニで発行している流通系のクレジットカードとは違う、銀行系プロパーカードです。信用やステイタスを重視する人にとっては、年会費も1,250円(税抜)とリーズナブルな一枚です。

★ 演劇、バレエ、コンサートやスポーツ観戦のチケットを先行予約・優待割引で手に入れたい人
UC会員限定「イープラス」では、これらのチケットの優待サービスが受けられます。複数のファンクラブ会費を払ったりヤフオクで高額チケットを探したり・・・そんな時間とお金の無駄遣いをせずにエンターテイメントを楽しみたい!という人に最適のクレジットカードです。

年会費やポイント還元率、付帯保険・・・近年クレジットカードに期待されるこれらのスペックは、正直、UCカードの得意分野とはいえません。

逆に、UCカードという伝統あるクレジットカードならではのブランド力や優待チケットサービス、期限に振り回されない「永久不滅ポイント」・・・これらに価値を感じる人には、1,250円(税抜)の年会費もむしろ格安といえます。

ETCカードも発行手数料・年会費ともに無料なので、試しに作っておくのもおすすめです。



 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.