JAL CLUB-AカードとETCカードを作る5つのメリット

JAL CLUB-AカードとETCカードを作るメリット
JAL CLUB-Aカードの公式サイトはこちら

JAL CLUB-Aカードは、年会費をできるだけ抑えつつフライトによるマイルを獲得したいJALマイラーにとってコスパ最強のクレジットカードです。

マイル還元率「100円=1マイル」
入会後初搭乗のボーナスマイルが5,000マイル
毎年初回搭乗で2,000マイル
憧れのビジネスクラスチェックイン
今なら入会キャンペーンで最大7,500マイル(2016年3月22日まで)

年会費が10,800円と決して安くはないのになぜコスパ最強のJALマイレージカードといえるのか?
4つのメリットと2つのデメリットを解説してゆきます!

【20秒でわかる!】JAL CLUB-Aカードのメリット10選

  • 「100円=1マイル」の高還元率(ショッピングマイル・プレミアム入会)
  • 入会初搭乗で5,000マイル獲得
  • 毎年初搭乗で2,000マイル獲得
  • 搭乗ごとにフライトマイル25%増し
  • 最もコスパよく空マイルを獲得
  • ETCカードの新規発行手数料が無料
  • 家族カード年会費がCLUB-Aゴールドの半額以下
  • ビジネスクラス・カウンターが使える
  • 最も低コストでJALグローバルクラブ(JGC)入会を目指せる
  • 成田・羽田空港での免税店10%OFF
JAL CLUB-Aカード/ETCカード
【目次】

JAL CLUB-Aカードの基本情報
 カード基本情報
 7,500マイルがもらえる入会キャンペーン

JAL CLUB-Aカードのメリット4点
 1.入会後最初のフライトでボーナス5,000マイルを獲得
 2.JAL上級カードの中で最もコストを抑えてボーナスマイルが獲得できる
 3.家族カード利用で、CLUB-Aカードのコスパは更にアップ
 4.ビジネスクラス・カウンターでスマートチェックインが可能
 5.上級会員のJALグローバルクラブ(JGC)入会の第一歩

JAL CLUB-Aカードのデメリット2点
 1.ゴールドカードではないのに実質的年会費が14,040円
 2.「傷害・疾病治療保険」は150万円と年会費の割りに金額が低い

まとめ~JAL CLUB-Aカードはこんな人にオススメ!3つのポイント~

「JAL CLUB-Aカード」の関連ページ

JAL CLUB-Aカードの基本情報

まずは、JAL CLUB-Aカードの基本情報を、ETCカード発行まで含めてご紹介します。

JAL CLUB-Aカードの基本情報

年会費 本会員:10,800円
家族会員:3,780円
ボーナス マイル 入会搭乗ボーナス
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
2,000マイル
搭乗後とのボーナス
25%プラス
マイル 還元率 100円=1マイル
(ショッピングマイル・プレミアム入会)

マイル還元率は、JAL普通カードと同じ「100円=1マイル」。(ショッピングマイル・プレミアムに入会の場合)

・JAL普通カード
・CLUB-Aカード
・CLUB-Aゴールドカード

3カードともにフライト以外でのマイルの貯まりやすさは実質同じです。
(フライトで獲得できるマイルの差は後ほどご紹介します!)

ETCカード発行にかかる費用は?

     ETCカードの新規発行手数料、年会費ともに永年無料!

JAL普通カードの場合は新規発行手数料として1,080円がかかりますが、JAL CLUB-AカードならETC発行費用は無料。年会費も永年無料です。

7,500マイルがもらえる入会キャンペーン

今なら、JAL CLUB-Aカードを作り、ショッピングマイル・プレミアムに加入するだけで2,500マイルがプレゼントでもらえます。
さらに、入会後最初の搭乗では5,000マイルのボーナスポイントがもらえるので、合わせて7,500マイル

JALカード入会 2,000マイル
ショッピングマイル・プログラムへの入会 500マイル
入会搭乗ボーナス 5,000マイル
合計 7,500マイル

7,500マイルでどんなことができる?

7,500マイルあれば、東京から大阪までの特典航空券に交換することができます!(片道/1区間。一つの例です)

旅行するとさらに無料で旅行できる・・・WEB限定入会キャンペーンは2016年3月22日まで!

JAL CLUB-Aカードのメリット4点

ここでは、JAL CLUB-Aカードのメリットとして特にお伝えしたい5点をご紹介してゆきます。

JAL CLUB-Aカードのメリット5点
1.入会後最初のフライトでボーナス5,000マイルを獲得
2.JAL上級カードの中で最もコストを抑えてボーナスマイルが獲得できる
3.家族カード利用で、CLUB-Aカードのコスパは更にアップ
4.ビジネスクラス・カウンターでスマートチェックインが可能
5.上級会員のJALグローバルクラブ(JGC)入会の第一歩

1.入会後最初のフライトでボーナス5,000マイルを獲得

CLUB-Aカードは、JALグループ便に搭乗すると、以下のボーナスマイルがもらえます。

ボーナス マイル 入会搭乗ボーナス
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
2,000マイル
搭乗ごとのボーナス
25%プラス

一方、JAL普通カードの場合,JALグループ便利用でもらえるボーナスマイルは以下のとおりです。

ボーナス マイル 入会搭乗ボーナス
1,000マイル(ー4,000)
毎年初回搭乗ボーナス
1,000マイル(ー1,000)
搭乗ごとのボーナス
10%プラス(ー15%)

括弧内の赤い数字がCLUB-Aカード以上の上級カードとの差です。

では、実際にどれだけ差が出てくるかを徹底検証してみましょう!

JAL普通カードを作り、JAL国際線で東京からハワイに行ってみた場合

東京→ハワイの通常区間マイルは3,831マイル、搭乗ごとのボーナスが10%プラスなので、

3,831マイル×1.1(搭乗ごと10%)
4,214マイル

ここに、入会搭乗ボーナス1,000マイルが積算されるので、

4,214+1,000(入会搭乗ボーナス)
5,214マイル

どんな特典航空券に交換できる?

実は、国内での特典航空券交換は7,000マイルからです。そのため、この場合はまだ交換できるものがありません。

では、CLUB-Aカードの場合を検証してみましょう。

JAL CLUB-Aカードを作り、JAL国際線で東京からハワイに行ってみた場合

東京→ハワイの通常区間マイルは3,831マイル、搭乗ごとのボーナスが25%プラスなので、

3,831マイル×1.25(搭乗ごと25%)
4,789マイル

ここに、入会搭乗ボーナス5,000マイルが積算されるので、

4,789+5,000(入会搭乗ボーナス)
9,789マイル

どんな特典航空券に交換できる?

獲得した9,789マイルのうち、7,000マイルを使えば、東京から大阪、名古屋、秋田や山形へ。

8,500マイルを使えば、なんと札幌や那覇への特典航空券と交換できます!

2.JAL上級カードの中で最もコストを抑えてボーナスマイルが獲得できる

先ほどお話したとおり、CLUB-Aカードは、JALグループ便に搭乗すると、下記のボーナスマイルがもらえます。
ボーナス マイル 入会搭乗ボーナス
5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス
2,000マイル
搭乗ごとのボーナス
25%プラス

実は、一つ上級のJAL CLUB-Aゴールドカードやプラチナの場合でも、獲得できるボーナスマイル全く同じです。

ただし、CLUB-Aゴールドカードは、年会費が17,280円
CLUB-Aゴールドカードはショッピングマイル・プレミアムが自動入会(年会費込み)となっているため、CLUB-Aカードとの実質的な差は、

17,280ー(10,800+3,240)
3,240円

また最上級のプラチナは年会費が33,480円(ショッピングマイル・プレミアム入会費)なので、CLUB-Aカードとの実質的な差は、

33,480-(10,800+3,240)
19,440円

余計な付帯サービスは不要なので、とにかく年会費などのコストを抑えてフライトでマイルを貯めたい!という人にとって、CLUB-Aカードは一番お得な価格設定=コスパ最強の一枚といえるのです。

メモ:CLUB-Aゴールドカードの場合は、海外旅行保険の補償額アップ、空港のカードラウンジ利用、ゴルファー保険やショッピング保険など、付帯サービスが充実しています。
逆に、これらに魅力を感じない場合、マイルのためやすさは同じなので、CLUB-Aカードが最適といえます。

3.家族カード利用で、CLUB-Aカードのコスパは更にアップ

上で話したとおり、本会員の場合、CLUB-AカードとCLUB-Aゴールドカードのコスト差は3,240円でした。

17,280ー(10,800+3,240)
3,240円

正直、「そんなたいした差でもないな」と思った方も多いかもしれません。

ところが、家族カードの年会費も合わせて考えるとその差は広がります。
二人家族の場合と四人家族の場合で計算してみましょう。

カード種類 家族カード 年会費
CLUB-Aカード 3,780円
CLUB-Aゴールドカード 8,640円

《家族二人の場合》
CLUB-Aカードなら、
10,800+3,240+3,780=17,820円

CLUB-Aゴールドカードなら、
17,280+8,640=25,920円

したがって、
25,920ー17,820=8,100円

家計全体としては、マイルの貯まりやすさは全く同じにもかかわらず、8,100円の差が生じるのです。

ちなみに・・・

《4人家族の場合》
CLUB-Aカードなら、
10,800+3,240+3,780×3
25,380円

CLUB-Aゴールドカードなら、
17,280+8,640×3
43,200円

したがって、
43,200ー25,380=17,280円

4人家族の場合、CLUB-AカードとCLUB-Aゴールドカードの場合で、17,280円の差となります。

CLUB-Aカードは年会費にショッピングマイル・プレミアム入会費が含まれていないため、本会員一人の条件で考えると一見「ゴールドカードにしてもいいかな?」という気になります。

ただし、家族での加入を考えている人、ゴールドカードのステイタスや付帯サービスは重視していない人には、CLUB-Aカードが最適といえます。
また、迷う人が多いようですが、搭乗機会が少ない家族であっても、普通カードよりCLUB-Aカードの「家族カード」を作るのがオススメです!

例:出張などでJALグループ便搭乗機会の多い夫がCLUB-Aカードを作った。妻はJALグループ便に乗る機会がほとんどないので、年会費も安いし、「家族カード」ではなくJAL普通カードを作った。

「妻は普段のショッピングなどフライト以外でマイルをためる」という場合、JAL普通カードの方がお得なのではないか?と思ってしまいますよね。

なぜなら・・・

JAL普通カード
年会費
2,160円
CLUB-Aカードの
家族カード年会費
3,780円

このとおり、JAL普通カードの年会費は2,160円と、CLUB-Aカードの「家族カード」年会費よりも安いのです。

でも実際には、ショッピングマイル・プレミアムに加入しなければ「1マイル=100円」の還元率になりません。それを含めて考えると・・・

JAL普通カード 5,400円 (2,160+3,240)
CLUB-Aカードの
家族カード
3,780円 (年会費のみ)

実は、CLUB-Aカードの「家族カード」を作るほうが安く済みます
カード発行の審査が不要なのも大きいですね。

また、搭乗ボーナスマイルやビジネスクラス・チェックインカウンターの利用などJAL普通カードにはないCLUB-Aカードの特典も、「家族カード」なら利用できます。

4.ビジネスクラス・カウンターでスマートチェックインが可能

CLUB-Aカードを作ると、JALビジネスクラス・チェックインカウンターが使えます!

これはJAL普通カードにはない、CLUB-Aカード以上の上級カードで利用できるサービスです。

エコノミークラスの普通運賃、割引運賃、また特典航空券を利用するときにも、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができます。

簡単に言うと、ビジネスクラスに乗るわけじゃないのに、CLUB-Aカードを提示すれば、ビジネスクラスのカウンターでチェックインできてしまうということです!

空港での手続きは、けっこう負担になるもの。余裕のある旅をしたい人に最適のサービスといえます。

ただし、このビジネスクラス・カウンターのチェックインはCLUB-Aカードを持っている本人しか利用できません。(家族会員ならもちろん利用可)

当たり前ともいえますが、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナを持っていない同伴者は利用することができません。
また、パッケージツアーのときにも利用できません。
自分の旅行スタイルで活用できるかチェックしておきましょう。

5.上級会員のJALグローバルクラブ(JGC)入会への第一歩

JALグローバルクラブ(JGC)への入会には、CLUB-Aカード以上のカードを持っていることが必須となります。

言い換えれば、CLUB-Aカードを持つことで、JAL上級会員への第一歩を踏み出すことができるのです。

JALグローバルクラブ(JGC)っていったい何?

JALグローバルクラブ(JGC)とは、JALマイレージサービスの上級会員組織
CLUB-Aカード以上の上級カードを持っていて、搭乗回数が多く一定のステイタスを獲得すると、入会することができます。(年会費有料)

JALグローバルクラブ(JGC)の年会費を別に払ってでも会員資格を目指す理由は、その優遇サービスにあります。

JALサクララウンジの利用(食事やアルコールも
無料で提供
JALグローバルクラブ(JGC)専用カウンターの利用(国内線)
JALファーストクラス・チェックインカウンターの利用(国際線)
● 受託手荷物の許容量アップ
国際線の優先搭乗
● 手荷物の優先引き渡し
● 携帯電話無料レンタル(14日間)

CLUB-Aカード以上の上級カードを持ち、搭乗回数などの資格を満たせばこのJALグローバルクラブ(JGC)に入会することができます。

CLUB-Aカード、CLUB-Aカードゴールドカードでマイルの貯まりやすさは同じですから、JAL CLUB-Aカード最も低コストで上級会員を目指すことができるカードといえます。

JAL CLUB-Aカードのデメリット2点

どんなカードにもデメリットがあります。ここではJAL CLUB-Aカードのデメリット2点についてご紹介します。

JAL CLUB-Aカードのデメリット2点
1.ゴールドカードではないのに実質的年会費が14,040円
2.「傷害・疾病治療保険」は150万円と年会費の割りに金額が低い

1.ゴールドカードではないのに実質的年会費が14,040円

CLUB-Aカードの年会費は10,800円
「1マイル=100円」のマイル還元率にするためには、ショッピングマイル・プレミアム(年会費:3,240円)への入会が必要です。

したがって、最低限必要なコストは、
10,800+3,240=14,040円

これは正直「ゴールドカード」並みの年会費といえるでしょう。
とはいえ、CLUB-Aカードはゴールドカードではありませんので、一般にゴールドカードに付帯する空港ラウンジの利用もできません。

CLUB-Aカードは「JAL便回数が多くJALマイルを最大限にためたい」という場合に持つべき一枚といえます。

2.「傷害・疾病治療保険」は150万円と年会費の割りに金額が低い

JAL普通カードの場合、海外旅行保険の補償内容は以下のとおりです。

《JAL普通カード》
海外旅行保険項目 補償内容
傷害死亡・傷害後遺障害 1,000万円
傷害・疾病治療費用 なし
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 100万円

「傷害・疾病治療費用」「賠償責任」「携行品損害」の3項目が「補償なし」なんです。
これに対して、JAL CLUB-Aカードは海外旅行保険の全項目をカバーしています。

《JAL CLUB-Aカード》
海外旅行保険項目 補償内容
傷害死亡・傷害後遺障害 5,000万円
傷害・疾病治療費用 150万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 1旅行につき50万円程度 (年間100万円)
救援者費用 100万円

そのため、「CLUB-Aカードにすれば保険は安心」と思ってしまいがちですが、細かい保険項目を見る必要があります。

海外旅行保険で最も重要なのは、病気やケガのときの「傷害・疾病治療費用」。その次に利用するのが盗難に遭ったときの「携行品損害」です。

JAL CLUB-Aカードの「傷害・疾病治療費用」補償額は150万円
ところが年会費無料の楽天カード200万円、同じく年会費無料のエポスカードは「疾病治療費用」で270万円、「障害治療費用」で200万円です。

年会費無料のカードに一番重要な保険項目が負けてしまっています。年会費の割りには補償額が少ないといえるでしょう。

解決策
JAL CLUB-Aカードだけでは海外旅行保険は弱いので、楽天カードエポスカードなど、年会費無料で「傷害・疾病治療費用」が充実した一枚を作っておくと安心です。

「家族特約」がついていない!

JAL CLUB-Aカードはゴールドーカードに匹敵する年会費ですが、「家族特約」がついていません。

メモ:「家族特約」がついていると、一枚のカードで妻(夫)、子ども、親も海外旅行保険の補償を受けることができます。

クレジットカードを持つことのできない18歳未満の子どもにも適用され、家族で旅行に行くときには非常に助かります。

ただし、配偶者や18歳以上の子どもであれば、こちらの方法で解決できます。

解決策
CLUB-Aカードの家族カードを作る
家族もそれぞれ年会費無料で「傷害・疾病治療費用」が充実したカード(楽天カードエポスカードなど)を自分で作る

もちろん、すでにゴールドカードや「家族特約」のついたカードを他に持っているのであれば、何の問題もありません。

まとめ~JAL CLUB-Aカードはこんな人にオススメ!3つのポイント~

CLUB-Aカードのメリット5つとデメリット2つをご紹介してきました。
最後に、CLUB-Aカードがどんな人に向いているのかまとめてみました。

こんな人にオススメ

✔ 余計な付帯サービスなしで、コストを抑えてJAL空マイルをためたい人
CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナ。三つのカードでJAL便搭乗のボーナスマイルは同じでありながら、CLUB-Aカードは実質年会費が最も安い14,040円です。
空港でのラウンジ利用やゴルファー保険など余計な付帯サービスはいらないから、とにかく最も低コストでJAL空マイルをためたい!
そんな人にぴったりの一枚です。

✔家族でJALマイルをためたい人
CLUB-Aゴールドカードとのコスト差は本人だけなら3,240円でも、家族4人なら17,280円
CLUB-Aカードの「家族カード」年会費はCLUB-Aゴールドカードの半額以下
CLUB-Aカードは家族で持つとき、更にコスパを発揮します

✔ JAL上級会員もちょっと目指してみたい人
JALサクララウンジ、ファーストクラス・カウンターの利用ができるJALグローバルクラブ(JGC)への入会には、CLUB-Aカード以上のカードを持っていることが必須です。
CLUB-Aカードなら、JALカードの中で最も低コストで上級会員を目指せます。

CLUB-Aカードの実質的年会費は14,040円とゴールドカード並みで決して安くはありません。(ショッピングマイル・プレミアム年会費含む)

JALグループ便への搭乗機会が多く、JAL空マイルを最も低コストでためたいというJALマイラーのメインカードとして、最大の力を発揮する一枚です。

逆に、JALグループ便への搭乗機会が少なく、ショッピングや電子マネーチャージなどフライト以外でマイルをためたい、という場合には初年度年会費無料JAL普通カードがオススメです。



このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
代表的なETCカード比較

ETCカード徹底比較・・・目的別・ポイント比較
楽天 ETCカード
イオンETCカード
三井住友ETCカード
オリコUPty iD【ETCカード】
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
P-oneFLEXY
東急カード
NEXCO中日本プレミアムドライバーズカード
NTTグループカード
コスモ・ザ・カード オーパス
JCB ドライバーズプラスカード
ライフカード
MUFGカード
JCB EITカード
セゾンカードインターナショナルでETCカードを作る3つのメリットと3つのデメリット
エポスカードを申し込む前に確認したい7つのポイント(ETCカード無料付帯)
VIASOカード(+ETCカード)を徹底検証 –4つの強みと3つの弱み
セブンカードプラスでETCカードを申し込むべき3つの理由―nanacoポイントがお得!
レックスカードでETCカードを発行する前に絶対押さえておくべきメリットとデメリット~4枚のカードと徹底比較!
オリコカード・ザ・ポイントを申し込む前に。5つの長所と3つの短所(ETCカード無料)をアップしました!
【必見】漢方スタイルクラブカードを申し込む前に確認したい3つのポイント(ETCカード無料)をアップしました!
JMBローソンPontaカードVISA(ETCカード無料)の3つのメリットと1つのデメリットをアップしました!
ファミマTカード(ETCカード無料)8つのメリットと2つのデメリット!


年会費無料のETCカード・・・結局どれがイイの!!???
「ETCカードまるわかりガイド」がオススメする 年会費無料ETCカード 徹底比較はこちら


>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.