ETC法人カードの領収書について

ETC法人カードの領収書について

領収書は道路会社が発行している「利用証明書・明細書」での代用が可能

わざわざ料金所で止まることなく通過できるのでとても便利なETCシステム。でも...ETCカードを使って高速道路を利用すると領収書を受け取ることができません。これは、ETC法人カードでも同じです。
後日送られてくるクレジットカード会社の利用明細書が領収書がわりになりますが、「経理処理の都合上それでは遅すぎるから、その場で領収書をもらうために現金で高速代金を支払っている。」という社長さんもいるようです。とくに自営業や個人事業主さんにその傾向が見られます。
ここでは、そんな社長さんに有効な対処方法をお教えします。

ETC法人カードを利用して通行料金を支払った直後は、まだ利用料金が引き落とされていないため、その場で「領収書」をもらうことはできません。つまり、領収書は出ない、発行できないということです。
そこで一般的に領収書の代用として利用されているのが、有料道路会社が発行している「利用証明書・明細書になります。高速を降りる時に一般レーンを使って、係員にETC法人カードを手渡しして精算すればその場で利用証明書を発行してもらうことができます。とくにその場で発行する必要がなければ、ETC利用照会サービスを利用して家や会社のプリンターで後から印刷することも可能です。
プリンターをお持ちでない場合は、パーキングエリアやサービスエリアに設置されているプリンターを利用してください。
ETC利用照会サービスの提供事業者

この利用証明書が領収書として認定されるかどうかについては「国土交通省」が「国税庁」に対して確認したところ、「取引の当事者間で作成した証憑書類について、税務上の問題が発生することはない」という回答をもらっているので心配はありません。実際に、税務処理で領収書として代用できたという事例もたくさんあります。個人事業主さんなどが確定申告をする場合は、合わせてクレジットカード会社が発行する利用明細書を提出するとよいでしょう。

ただし、会社によっては規定が違う可能性があるので、仕事上で高速道路を利用する場合は、事前に経理担当者や旅費規定等を確認しておいてください。

ETCカードを手渡しして精算する場合、割引きは受けられるの?
NEXCO3社(NEXCO東日本/中日本/西日本)が管理する「深夜割引・休日割引・平日朝夕割引」などは入口料金所を無線通行すれば割引きが適用されますが、首都高など一部の道路では割引きの適用条件が出入口ともに無線を利用して通行した場合のみに限定されています。

ETC法人カードの作り方
おすすめのETC法人カードはどれ?
ETC法人カードの経費精算ってどうすればいいの?





このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.