ETC法人カードの作り方

ETC法人カードの作り方

社員には「年会費無料のETC専用カード」を配布して、会社でまとめてポイント利用
運送業など高速道路を頻繁に利用する会社では、法人用のETCカードを作成して社員に利用してもらうことが一般的となっています。ETCを利用すれば高速料金の割引きが適用されますし、法人カードなら経費の精算がとても楽なので当然ですよね。
法人用ETCカードとは? メリットと種類。選ぶ基準とは?

ETC法人カードには、
・クレジットカードとしても利用できるETCカード
・クレジット機能は利用できないETC専用カード

という2つのタイプがあります。

ETC法人カードの導入を検討されている社長さんや経理担当者の話を聞いてみると、「社員にETCを使ってもらいたいけど、クレジット機能はつけたくない。」というものが多いようです。
確かに、「高速代の精算以外でカードを利用してほしくない」という場合、クレジット機能は無駄(邪魔)になってしまうのかもしれません。でも、それだけの理由でクレカなしのETCカードを選ぶのはもったいないってことをご存知でしょうか?

というのも、法人用クレジットカードにはサブカードとしてクレジットなしのETC専用カードを複数枚発行し、社員に配布できるものがあるのです。これなら、社員は高速代の精算以外でクレジットカードを使えないから安心です。しかも、これを使えば、社員が利用した高速代金に付与されるポイントは全てメインのカードに貯まっていくので、社長さんが全て使えてしまうという嬉しいおまけまでついてきます。ポイントを利用して、福利厚生を充実させることもできそうですね。
まずはメインの法人カードを申し込んで、届いたら即ETC専用カードを複数枚発行
社員配布用のETC専用カードを作るためにはまず、メインのETC法人カードを作る必要があります。申込方法は簡単で各社のウェブサイトから申し込むことができるようになっていますが、ここでは私も使っている「JCB/ETC法人カード」を例にとって説明していきます。

JCB/ETC法人カード
年会費無料のETC専用カード「ETCスルーカードN」が複数枚発行できる!!
※発行枚数に制限はありません

特長:「ETCスルーカードN」は複数枚数発行することができます。
ETCスルーカードNは、ETC専用カードのためクレジット機能はついていません。
利用代金は、メインのETC/JCB法人カードに一括で請求されます。

Step1:「ETC/JCB法人カード」を作る
ETC/JCB法人カードを新規で申し込む場合、同時にETCスルーカードNを申し込むことはできません。

(1)ウェブサイトの専用フォームに必要事項を記入して申し込みを行います。
このとき、MyJCBに入会しておくとETCスルーカードNが簡単に発行できます。
申込みはこちらから

(2)申し込み完了メールが送られてきます。

(3)審査が行われ、結果が通知されます。

(4)入会申込書が届くので、必要書類を同封して返送します。
【必要書類】
・支払いに利用する口座の通帳番号を確認できるもの
・代表者(個人事業主)本人を確認できる書類(運転免許証などの写し)
・法人確認書類(登記簿謄本、登記事項証明書などの写し)

(5)法人カードが発行され登録住所に郵送されます。
Step2:ETCの精算にのみ使える「ETCスルーカードN」を作る
(1)MyJCBに入会している場合は、公式サイトの専用フォームに必要事項を記入するだけで申し込むことができます。未入会の場合は「ETCスルーカードN 入会申込書」を請求します。
申込書の請求はこちらから

(2)入会申込書が送られてきたら、必要事項を記入して返送します。

(3)ETCスルーカードNが郵送されるので、社員に配布してETCシステムを利用します。
JCB/ETCゴールド法人カード
JCBゴールド法人カードなら、さらに上のサービスが受けられます。
年会費無料のETC専用カード「ETCスルーカードN」が複数枚発行できる!!
※発行枚数に制限はありません

特長:ゴールド法人カードでも、もちろん複数枚の「ETCスルーカードN」が発行可能です。
ゴールドカードでは、カード利用枠がぐっと広がりますが、付帯の旅行保険が格段にパワーアップします。海外の場合、最高1億円というビッグな補償は他にはありません。



おすすめのETC法人カードはどれ?
ETC法人カードの領収書について
ETC法人カードの経費精算ってどうすればいいの?




このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.