電子マネーのメリットと魅力について

今さら聞けない電子マネーのメリットと魅力について

みなさんは、いま話題の「電子マネー」をご存じでしょうか?

スーパーやコンビニ、デパートのレジや飲食店で必ず目にするのが、Edyやnanaco、WAONなどに代表される電子マネーの存在です。

ここでは、電子マネーの仕組み、それぞれのメリットや魅力、電子マネーの「賢い活用術」について詳しく解説したいと思います。

電子マネーを正しく使って、増税分の負担を一気に取り戻してみましょう!


そもそも電子マネーとは?

電子マネーとは、貨幣を使わずに「電子データを使って決済する仕組み」のことをいいます。電子マネーを利用するためには、現金やクレカを使ってチャージするか、クレジットカードの自動チャージ(オートチャージ機能)などを利用して決済を行います。

他に、後払い方式(ポストペイ)の電子マネーもあります。

電子マネーのメリット

ここでは、電子マネーのメリットについて詳しく説明したいと思います。

なぜ、電子マネーを使うべきか?

電子マネーを使う2つのメリット

1. 支払いがスマートになる
電子マネーを使うと、毎日の支払いがスマートになります。レジでの支払いの際、細かな小銭を取り出す必要が無くなるからです。また(支払いの際に)受け取る小銭を、財布にしまう必要がないので大変便利です。

どの電子マネーにも共通して言えるのは「少額決済に向いたサービス」という点です。

2. ポイントが二重取りできる!
実は、電子マネーを使うことで通常の二倍、ポイントを多く獲得(二重取り)できます。

電子マネー・二重取りの仕組み
○ チャージでポイント付与
○ 決済でポイント付

電子マネー単体の支払いでは、通常のポイントしか貯められませんが、クレジットカードと併用して使うことで、ポイントの獲得率が2倍、3倍と大きくなって行くのです。

なお、ポイントの二重取りについては、本記事の後半で詳しく紹介しています。

オートチャージについて

多くのコンビニやスーパーには、電子マネー専用のチャージ機械が設置されていますが、残高不足の度に現金でチャージをするのは大変です......。そこで、電子マネーに取り入れたいのが「オートチャージ」の仕組みです。

電子マネーに自動でチャージできる設定(オートチャージ)をしておけば、残高が不足する前に、自動で(指定するクレジットカードから)設定金額をチャージをしてくれるので便利です。

また、自動でチャージした利用金額に関しても「クレジットカードのポイントが還元」されるので、二重でお得なサービスと言えるでしょう!

メモ オートチャージでポイント還元率を高める
オートチャージに使うクレジットカードは、利用還元率の高いものを設定しましょう。電子マネーを利用する度にポイントの還元率が2倍、3倍と大きくなるので大変お得です。

電子マネーの種類

電子マネーは、大きく分けて次の4種類に分類できます。

電子マネーの種類
1. 流通系(プリペイド方式) WAON・nanaco・楽天Edy・au WALLET
2. 流通系(ポストペイ方式) iD・QUICPay
3. 交通系(プリペイド方式) PASMO・Suica・ICOCA
4. 交通系(ポストペイ方式) PiTaPa

まず、プリペイドとポストペイ方式について、簡単にご説明しましょう......。

プリペイド方式とは?

プリペイドは「前払い」でチャージをする方法を指します。チャージの金額は2万円や5万円など、それぞれの電子マネーによって限度額が異なります。

ポストペイ方式とは?

ポストペイは、プリペイドの反対にあたる存在で「後払い」で清算をする仕組みを取っています。ポストペイは、クレジットカードに近い感覚で利用できる電子マネーです。

電子マネーの一覧と詳細

次に、流通系・交通系の電子マネーをそれぞれ、詳しく見て行くことにしましょう。

1. 流通系(プリペイド)

WAON

【WAON・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 3,980万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約184,000箇所
ネットで利用できる店舗数 イオンショップ・イオンネットスーパーなど
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 イオン銀行のATM・WAON加盟店のレジ・WAONネットステーション・モバイルWAON(アプリ)
ポイントの使える店舗数 186,000箇所
ネットでポイントが使える店舗 イオンショップ・イオンネットスーパー
ポイント付与の仕組み 200円=1P(還元率0.5%)
ポイント交換率 1P=1円(100%)
チャージ上限額 2万円まで(設定により5万円まで設定可能)

WAONといえば、イオン系列の店舗では欠かせない電子マネーといえます。同じく、イオン系列のクレジットカードと併用することで、お得なサービスが多く受けられます。

nanaco

【nanaco・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 2,877万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約143,000箇所
ネットで利用できる店舗数 セブンネットなど
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 セブン-イレブン・セブン銀行のチャージ端末・nanacoホームページ・nanacoモバイル(アプリ)
ポイントの使える店舗数 約142,000箇所
ネットでポイントが使える店舗 セブンネットなど
ポイント付与の仕組み 100円=1P(還元率1.0%)
ポイント交換率 1P=1円(100%)
チャージ上限額 5万円まで

全国のセブンイレブンで使えるnanacoは、利用ポイントの付きやすい電子マネーとして人気です。nanacoと提携しているクレジットカードを使ってチャージを行えば、より多くのポイントと交換可能です。

楽天Edy

【楽天Edy・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 8,100万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約373,000箇所
ネットで利用できる店舗数 ニッセン・ケータイ de 花キューピッドほか 多数
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 全国のコンビニ・Edyチャージ端末・楽天Edyアプリ
ポイントの使える店舗数 約371,000箇所
ネットでポイントが使える店舗 楽天グループ全体(楽天市場・楽天ブックス・楽天銀行など)
ポイント付与の仕組み 200円=1P〜
ポイント交換率 1P=1円(100%)
チャージ上限額 5万円まで

楽天市場や楽天銀行などの利用者に愛用されているのが、楽天Edyです。楽天Edyで貯めたポイントは楽天グループの企業や店舗はもちろん、全国に広がる加盟店でも利用することができます。また、楽天カードと組み合せることで、更に大量のポイント獲得が見込めるでしょう!

au WALLET

【au WALLET・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数)
利用できる店舗数(実店舗) 約3,810万箇所
(全世界のMasterCard加盟店)
ネットで利用できる店舗数 全世界のMasterCard加盟店
海外で利用できるか?
チャージの仕方 auショップ(現金)・auかんたん決済・auかんたん決済(オートチャージ)・クレジットカード・au WALLETアプリ・WALLETポイント・じぶん銀行
ポイントの使える店舗数 約3,810万箇所
(全世界のMasterCard加盟店)
ネットでポイントが使える店舗 全世界のMasterCard加盟店
ポイント付与の仕組み 200円=1P(還元率0.5%)
ポイント交換率 1P=1円(100%)
チャージ上限額 10万円まで

au WALLETは、全世界のMasterCard加盟店で使えるという大きな魅力があります。加盟店の多さはもちろん、チャージの上限額でもクレジットカードに迫る勢いの電子マネーです。

2. 流通系(ポストペイ)

iD

【iD・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 1,800万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約48万箇所
ネットで利用できる店舗数 amazon・タワーレコード・Joshinほか
海外で利用できるか?
チャージの仕方 チャージ不要(後払い)
ポイントの使える店舗数 iD加盟店ほか
ネットでポイントが使える店舗 amazon・タワーレコード・Joshinほか
ポイント付与の仕組み 登録したクレジットカードにポイントを付与
ポイント交換率 登録したクレジットカードの交換率を適用
チャージ上限額 利用するカードによって、上限金額が異なる

iDは、さまざまなクレジットカードにおいて、他の電子マネー(Edyなど)と平行して搭載されているのが特徴です。ここでは、ポストペイ方式を採用しているので、クレジットカードに近い使い方が可能です。

QUICPay

【QuicPay・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 196万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約49万箇所
ネットで利用できる店舗数 amazon・タワーレコード・Joshinほか
海外で利用できるか?
チャージの仕方 ポストペイ(後払い)
ポイントの使える店舗数 QuicPay 加盟店ほか
ネットでポイントが使える店舗 Yahoo!ショッピングほか、QuicPay加盟店
ポイント付与の仕組み 登録したクレジットカードにポイントを付与
ポイント交換率 登録したクレジットカードの交換率を適用
チャージ上限額 2万円まで

QuicPayは、iD同様、他の電子マネー(Edyなど)と平行して搭載されているのが特徴です。ここでもポストペイ方式を採用しているので、クレジットカードのような使い方が行えます。

3. 交通系(プリペイド)

PASMO

【PASMO・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 720万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約2万箇所
ネットで利用できる店舗数
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 駅・バス車内・加盟店にてチャージ可
ポイントの使える店舗数 首都圏をはじめ、全国の鉄道・バス・PASMO加盟店
ネットでポイントが使える店舗
ポイント付与の仕組み 登録したクレジットカードにポイントを付与。またバスの利用で 10円=10バスポイントを付与
ポイント交換率 1P=1円(100%)ただし、1%の交換手数料が必要
チャージ上限額 2万円まで

PASMOは、他の交通系カードに比べてバスのポイントが貯められるなど、ユニークなサービスで人気を集めています。PASMOはチャージができる場所も多く、交通系の中では利用範囲の広い電子マネーということができます。

Suica

【Suica・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 2327万枚
利用できる店舗数(実店舗) 約26万箇所
ネットで利用できる店舗数
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 クレジットカード(SF入金)
ポイントの使える店舗数 首都圏をはじめ、全国の鉄道・バス・Suica加盟店
ネットでポイントが使える店舗 amazon・楽天市場など、Suicaと提携するネット店舗
ポイント付与の仕組み 登録したクレジットカードにポイントを付与。
ポイント交換率 登録したクレジットカードの交換率を適用
チャージ上限額 2万円まで

首都圏の交通に欠かせないのがSuicaです。ネットで使える店舗数も多く、クレジットカードとの組み合わせによっては大量のポイント獲得も可能です。

ICOCA

【ICOCA・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 342万枚
利用できる店舗数(実店舗) 15万箇所
ネットで利用できる店舗数 ICOCA加盟店
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 駅のチャージ機・入金機・自動券売機・のりこし精算機・ICOCA加盟店にてチャージ可
ポイントの使える店舗数 JR西日本をはじめ、全国のICOCA利用エリア
ネットでポイントが使える店舗
ポイント付与の仕組み Smart ICOCA 200円=1P付与
J-west カードの場合 1,000円=5 ポイントを付与
ポイント交換率 1,000P=1,000円
チャージ上限額 2万円まで

JR西日本でおなじみの電子マネーICOCAは、smart ICOCAとの組み合わせで、効率良くポイントが貯められます。

4. 交通系(ポストペイ)

PiTaPa

【PiTaPa・電子マネー詳細】
発行枚数(会員数) 245万枚
利用できる店舗数(実店舗) 24,000箇所
ネットで利用できる店舗数
海外で利用できるか? ×
チャージの仕方 ポストペイ(後払い)
ポイントの使える店舗数 関西の私鉄をはじめとした、PiTaPa加盟店
ネットでポイントが使える店舗
ポイント付与の仕組み 0.5%の乗車ポイント(LiTEカードは0.1%)
ポイント交換率 500P毎に50円を交通料から割引
チャージ上限額 設定したカードの上限額

関西エリアの方におなじみPiTaPaは、500P=50円で交通料金から値引きのできるユニークなシステムを採用しています。利用毎に0.5%の乗車ポイントが付与され(電子マネーを)使う楽しみの大きな一枚と言えるでしょう。

専用アプリのある電子マネー

電子マネーの多くは、FeliCaと呼ばれる非接触ICを内蔵しています。FeliCaは、携帯電話やスマートフォンとの相性が良く、電子マネー専用のアプリも数多くリリースされています。

専用アプリのある電子マネー一覧
nanaco WAON Suica PASMO 楽天Edy

それぞれの専用アプリでは、残高照会、クレジットカードのチャージ機能、ポイントからマネーへの交換、取引明細の確認などが行えます。

携帯やスマートフォンにインストールすれば、電子マネーをより便利に活用することができます。

電子マネー選びの三大原則

電子マネーを賢く使いこなすには、以下の三大原則を参考に「自分に合う電子マネー」を探してみることが大切です。

電子マネー選びの三大原則
1. オートチャージを上手く活用する
2. 買い物系か交通系か、どちらか一枚に絞る
3. チャージでポイントを多く獲得する

通勤や通学でチャージをする機会が多い方は交通系の電子マネーを、それ以外の方は買い物系の電子マネーを選択してください。

もちろん、両方の特徴を兼ね備えた電子マネー(クレジットカード一体型)があれば、それらのカードを選んでください。

チャージの仕方で、還元率は大きく変わる!

チャージの設定方法によって獲得出来るポイントは大きく変わってきます。

オートチャージやポストペイを利用する方は、なるべく還元率の高いクレジットカードを利用するようにしてください。電子マネーを利用する度に、大量のカードポイントが還元されるので大変お得です。

● 電子マネー+クレジットカード=一体型カード
クレジットカードと電子マネーが一体になったカードを利用すれば、より効率よく、利用ポイント(カードの還元)が獲得できます。

電子マネー一体型・還元率の良いカード(一例)
○ 楽天カード(楽天Edy)
○ イオンカードセレクト(WAON)
○ ライフカード(Edy・nanaco・Suica・iD) 
○  ANA Visa Suica(Suica)
○ オリコカード ザ ポイント(iD・QuicPay)
○ オリコカードiB(iD・QuicPay)

続いて、大評判の電子マネー「楽天Edy」をモデルに、ポイントを大量ゲットする方法をご紹介したいと思います。

楽天Edyでお得度倍増・ポイントの大量獲得を可能に!

楽天カード(高還元率クレカ)には「いつでもEdyチャージ」と呼ばれている、自動チャージサービスが用意されています。

この方法でチャージを行えば「最大2%という大きな還元」が受けられるため、電子マネー利用者には見逃せないサービスと言えます。

楽天カード『いつでもEdyチャージ』利用手順
1. 楽天カードの会員サイトe-NAVIにて「いつでもEdyチャージ」のチャージ金額を設定する(3,000円・5,000円・10,000円から選択)。

2. サークルK(カルワザステーション)または、ファミリーマート(Famiポート)の専用端末でチャージの受け取りを行います(チャージは1日1回のみ利用可能)。

3. 受け取りをした金額のみ楽天カードにて決済され、200円につき2ポイント(ファミリーマートは1ポイント)の楽天ポイントが付与されます。

2%を越える!楽天Edy

「いつでもEdy」を使い、コンビニでEdyの受け取りをするだけで大きな還元率が得られます。

利用手順でも説明しましたが、200円で2ポイント、楽天カードのポイントと合算すれば、計200円=4P分(ファミリーマートは3P)還元率に換算すれば、なんと2%の還元率に相当します!

このように(一般的な電子マネーと比べても)楽天Edyの還元率は、一際大きいことで有名です。

電子マネーの利用で注意したいこと!

電子マネーの利用で注意したいことは、以下の通りです。

利用前に必ずチェック!電子マネーの意外な落とし穴
1. チャージに、一部ポイントが付かない(非対応の)カードがあるので注意!
2. ショッピングと交通系を併用できるカードがあれば利用すること!
3. 提携モールを利用して、ポイントの三重取りができるか確認すること!

せっかく還元率の高いクレジットカードを選んでも、ポイントの付かないカードが一部にあるので注意しましょう。

また、ショッピングと交通系が併用できるカードもあるので、ライフスタイルに合わせて、ピッタリ合う電子マネー(一体型クレジットカード)を選択することが大切です。

三重取りのできる・電子マネーの利用法も存在する?

クレジットカードの提携モールを介することで、ポイントの三重取りが可能なカードも存在します(例:楽天Edyもらえるモール+楽天Edyの決済)。

せっかく電子マネーを利用するのであれば、獲得率の高い方法を実践するべきです。

まとめ

いかがでしたか?
ここまで見てきたように、電子マネーにはさまざまな魅力と大きな可能性が秘められていることが、良く判りました。

また、それぞれの電子マネーは 還元率の高いクレジットカードと併用することで、さらに大きなキャッシュバックが受けられることも分かっています。

電子マネーのサービスエリアは、ますます拡大!

それぞれの電子マネーは、利用可能な場所や対応するサービスをどんどん拡大してきています。ポイント獲得率を高めるためにも、電子マネーやクレジットカードは分散させず、電子マネー一体型のクレジットカードを使うなど「賢い利用方法」を実践していきましょう!





 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.