「ETCパーソナルカード」を作る前に

クレジット機能はいらない、クレジットカードを持てないという人のための「ETCパーソナルカード」

「ETCパーソナルカード」 とは、クレジット機能なしでETCシステムを使うことができるカードです。一般的なETCカードは、カード会社が発行するクレジットカードなので、ETC料金の精算の他にショッピングなどの支払いにも使えます。

それに対してパーソナルカードの場合は、高速道路6社が共同発行しているETC専用カードなので、ETCは使いたいけれど事情があってクレジットカードを契約できない、もしくは持ちたくないという方には適したカードです。

たとえば、信用機関にブラックとして登録されていたとしても基本的には持つことができます。クレジット機能とひも付けされておらず、審査も行われないので信用機関に登録されている情報は関係ないということです。

利用料金の支払いは銀行引き落としだけど、発行のためには最低20,000円のデポジット(保証金)が必要!

ETCパーソナルカードの通行料金支払いは、一カ月単位で銀行口座から自動的に引き落としされる仕組みです。
通常のカード会社が発行するETCカードと同じように、ETCマイレージサービスや深夜割引などの割引対象となるので安心してください。(ETCマイレージサービスを利用するには、事前にETCマイレージサービスに登録する必要があります。)

カード利用から引き落としまでの流れは下記の通りです。
ただ、このカードを使うには少し手間がかかります。
お申し込み後にデポジット(保証金)を預ける必要があるんです。デポジットは解約時に返金されますが、あくまで保証金なので、通行料金には使えないんですね。
利用料はデポジットから引き落とされていくのではなく、引き落とされる分は自分の口座に別に用意しておかなくてはいけません。

下記の金額のうち、いずれか高い方をデポジットとして預けなくてはいけません。

(1)平均利用月額に5,000円単位で切り上げを行った金額(10,000円未満の場合は10,000円)×4
(2)年間最高利用月額に20,000円単位で切り上げを行った金額
■説明■
(1)平均利用月額に5,000円単位で切り上げを行った金額(10,000円未満の場合は10,000円)×4
⇒「10,000円未満の場合は10,000円」として扱うということは、極端に言うと利用金額が1円である場合(そんな通行料金はありませんが)でも、10,000円として計算するということです。
そして5,000円単位での切り上げということは、1円の場合は5,000円、10,001円の場合は15,000円、15,001円の場合は20,000円…という計算になります。
「×4」というのは、その額をさらに4倍するということです。
つまり、(1)は最低でも40,000円になる(=10,000円×4)、ということですね。

(2)年間最高利用月額に20,000円単位で切り上げを行った金額
⇒こちらも極端に言うと、利用額が1円であっても、19,999円までなら20,000円として計算するということです。
それ以上の額は20,000円単位で切り上げなので、20,001円の場合は40,000円、40,001円の場合は60,000円…という計算です。
つまり、(2)は最低でも20,000円になるということになります。

【2016.10月追記】
2016年7月よりデポジット金額は最低20,000円に引き下げられました。
金額の算出方法も「平均利用月額(5,000円未満の場合は5,000円)の4ヶ月分」のみに変更されています。

以下の計算シミュレーションは改定以前のものとなっております。

■保証金シミュレーション■
■1年間(1月をスタートとした12か月間)のうち11か月は5,000円/月、5月に1か月だけ45,000円利用したと仮定します。(下図の通り)
(1)(55,000円(11か月分)+45,000円(1か月分))÷12か月
8,333円<平均利用月額>
→10,000円未満なので、10,000円として計算

その額をさらに4倍するので・・・
 10,000円×4=40,000円

(2)45,000円<年間最高利用月額>
 →20,000円単位で切上げなので
 60,000円

⇒(2)の60,000円の方が高いので、この場合の保証金は60,000円ということになります。

つまり、年会費(1,234円)と保証金(60,000円)だけで61,234円かかるということです。
これに加えて通行料金も支払うわけですから、その年の通行料金が上で仮定した金額とまったく同じだった場合…
100,000円(1年間の利用合計額)+61,234円(年会費+保証金)=年間合計161,234円
支払うということになります。

次に、ETC利用料金がもっと安く、平均月額と最高月額にもあまり差がないパターンでもシミュレーションしてみましょう。

■1年間(1月をスタートとした12か月)のうち11か月は3,000円/月、5月に1か月だけ5,000円利用したと仮定します。(下図の通り)
(1)(33,000円(11か月分)+5,000円(1か月分))÷12か月
3,166円<平均利用月額>
→10,000円未満なので、10,000円として計算。

その額をさらに4倍するので・・・
 10,000円×4=40,000円

(2)5,000円<年間最高利用月額>
 →20,000円単位で切上げなので
 20,000円

⇒(2)の40,000円の方が高いので、この場合の保証金は40,000円ということになります。

パーソナルカード申込時には、保証金を算出するために直近の平均利用月額と年間最高利用月額を自己申請するのですが、実際に利用し始めて申請額よりも利用額が高かった場合、預ける金額を増額するように言われます。もちろん自己申告による増額も可能です。

そして、利用月額が予想できない場合は、最低ラインの40,000円で申請します。これはパーソナルカード事務局(044-870-7333)に確認済み(※2015年2月)です。

ETCパーソナルカード利用上の注意

このカードは、下記の点に注意しておかないと利用停止になってしまう場合があります。

◆ ETCパーソナルカードが利用停止となってしまうケース
・支払い前の合計利用金額がデポジットの80%を超えてしまった
・口座から、利用金額を引き落とせなかった
・デポジットの増額依頼に応じなかった

利用停止になると、ETCレーンの開閉バーが開かなくなってしまうので、十分に注意してください。

ネット申し込みは不可!『ETC パーソナルカード』の申し込みは郵送で

本カードは、現在申込書をダウンロードするなどしてネットで申し込むことができません。
以下の申し込み方法にて事務局までお申込みください。

(1):郵送での申し込み
SA・PAのコンシェルジュで用意されている「ETCパーソナルカード利用申込書」に、必要事項を記入して郵送します。ここで、有料道路の平均利用月額や年間最高利用月額も記入するので、過少申告をしないように注意してください。支払い前の合計利用金額がデポジットの80%を超えると月の途中でサービスが停止してしまい、不便な思いをしてしまいます。

(2):デポジットの振り込み
申込書の内容の確認が取れると、デポジット振込用の払込取扱票が送られてきます。郵便局の取扱窓口もしくはコンビニエンスストアで振り込んでください。

(3):カードの到着
デポジット振り込み後、2週間程度で郵送にてETCパーソナルカードが届きます。手元に届いたらすぐに使用することができます。

『ETCパーソナルカード』 の残念なところ

クレジットカード機能を持たないという点が大きなメリットではありますが、逆に言ってしまえばメリットはそれだけ。
最低20,000円の保証金と1,234円の年会費がかかる他に、申込み用紙がサービスエリアにしか置いていない(またはETCパーソナルカード事務局に電話して郵送依頼)など、発行・使用にあたってデメリットの方が多いのは確かです。

保証金は最低20,000円で預けっぱなし、その間は増えることはおろか触ることもできない、おまけにETC利用でポイントが付いたりするわけではない…
となると、私(管理人)ならまず、ETCカードを作る際の選択肢には入れません。
このカードが必要な人は、
 ・高く付いてしまうとしても、どうしてもクレジットカードを作りたくない人
 ・信用情報に問題がありクレジットカードが作れない人

…ですが、同時に
 ・最低20,000円の保証金を払うことが出来る人
です。

クレジットカードならネットからの申込みが可能ですし、年会費やETCカード発行が無料なカードも豊富にあります。
なんとなくクレジットカードを作るのに抵抗がある…という程度でパーソナルカードを選択すると、思わぬ損をしてしまうかもしれません。

もしETCカードをどうやって作るか悩んでいるなら、クレジットカードからETCカードを作る方法も学んでから考えてみてくださいね!

ETCカードを作るために(失敗しない作り方を解説)
年会費無料の人気ETCカードはこちら

『ETCパーソナルカード』 についての問い合わせ先
ETCパーソナルカード事務局:(044)870-7333
(土・日・祝日および年末年始を除く 9:00~17:00)
※インターネットでの申込みはできません。

 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.