【年会費が安いだけ?】MUFGカード ゴールド・プラチナ ホントの実力&活用術

MUFGカードのゴールドとプラチナ本当の実力は

ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードは、世間一般でも持ち主の格付けが1つ上がるアイテムです。クレジットカードを持つ者にとっての憧れでもあります。

しかし、「ステータスが高い」代わりに高額の年会費や発行が招待制など「敷居も高い」というのもまた事実…。

でも、ご安心を。MUFGカードならステータスカードでも無理なく持つことができます。しかも、サービスは高品質です。

手頃なステータスカードをお探しの方にはMUFGカードゴールド

ゴールドカードなのに年会費が1905円+税と手頃な値段です。ETCカード、家族カードも1枚目までは年会費がなんと永年無料。

また、手頃な年会費でも、国内・海外ともに旅行保険も最高2000万円まで、ショッピング保険は最高100万円と付帯保険がしっかり付いてきます。

即日発行も可能で、まさにゴールドカードデビューにピッタリの1枚です。

本格的なステータスカードがお求めの方には、ゴールドより上のMUFG カード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード

あのアメリカン・エキスプレスのプラチナカードがおよそ85%OFFの年会費20000円+税で持つことができます。コレ、実は本家アメックスのゴールドカードよりも安い金額なんです。

もちろん、国内は最大5000万円、海外は最大1億円の旅行保険、ショッピング保険は最高300万円までと付帯保険が大充実。

加えて、年中無休の専用コンシェルジュやプライオリティ・パス、ホテル・レストランの優待サービスなどのプラチナカードならではの付帯サービスもバッチリ付いてます。

ゴールドカードがあふれてきている現在、周りと差を付けるならこの1枚です。

ここでは、そんなMUFGカードのステータスカード2枚について詳しく紹介していきます。「ステータスカードを持ちたいけど、重い負担はちょっと…」なんて迷ってる方は必見ですよ。

この記事で分かること

★ MUFGカードのメリットとデメリット
★ MUFGカード ゴールドのおすすめポイント
★ MUFG ゴールドと他のゴールドカードをくらべると?
★ MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント
★ MUFGカード プラチナ アメックスと他のプラチナカードをくらべると?



MUFGカード ゴールドの公式サイト



MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト

【目次】

MUFGカードとは
 NICOSカードの後継
 発行元は三菱UFJニコス

MUFGカードのメリット
 最短で翌営業日に発行
 旅行保険は国内外とも最高2,000万円
 ショッピング保険は年間最高100万円まで
 後からリボ・分割に変更できる
 盗難・紛失にも年中無休で対応

MUFGカードのデメリット
 ポイントの還元率が低い
 ポイントの有効期限が2年間
 電子マネーに非対応

銀聯カードを追加できる
 銀聯カードは中国の地方部では必須
 追加で作ることができる
 MUFGなら簡単に発行できる

MUFGカードゴールドのメリット
 ゴールドなのに年会費が安い
 ゴールドでも18歳から申し込める
 付帯カードの年会費無料
 空港ラウンジサービスが無料で利用できる
 国内線の飛行機トラブルを補償
 三菱東京UFJ銀行のATM手数料が無料に

お得な使い方
 還元率1.5倍の1ヶ月間を有効利用
 年間利用金額で還元率を上げる
 長く使ってボーナスポイントを獲得
 登録型リボにして年会費を半額にする

他の人気ゴールドカードと比較
 ゴールドカードといってもいろいろ

楽天ゴールドカードと比較
 楽天ゴールドカードも手頃
 ポイント還元、電子マネーは楽天
 付帯保険、ステータスはMUFG
 まとめ

MUFGカード ゴールドプレステージ
 MUFGカード ゴールドをサービス充実

MUFGカード プラチナ アメックス
 アメックス プラチナの年会費がお手頃に
 年中無休の専用コンシェルジュ
 海外は最大1億、国内は最大5千万の旅行保険
 年間300万円までのショッピング保険
 海外でも遅延補償が付帯
 犯罪に最大1,000万円の補償
 130ヶ国の空港ラウンジが利用できる
 レストラン・ホテルで優待サービス
 自宅と空港の間の荷物を無料で配送
 世界的にレンタカーも優待サービス

ほかのプラチナカードと比較
 プラチナカードはサービスで選ぶ
 申込めるプラチナカードは少ない

まとめ
 1分でわかるMUFG ゴールド
 1分でわかるMUFG プラチナ アメックス

MUFGカードの詳細情報

ゴールドカードの詳細情報

プラチナカードの関連記事

MUFGカードってどこから発行されてるの?

MUFGカードの前身はNICOSカード

MUFGカードはNICOSカードの後継版として発行されたカード。NICOSカードをご存知の方もいるでしょう。

名前は変わりましたが、その歴史を受け継いだ安心のクレジットカードがMUFGカードです。

○NICOSカード

三菱UFJニコスの前身の1つ旧日本信販が発行していたクレジットカードブランドです。2012年にMUFGカードに切り替わりました。

1966年に始まった「信販カード」から数えると、およそ半世紀続いたことになり、今はMUFGカードにその歴史が流れています。

MUFGカードは三菱UFJニコスから発行

「MUFG」とは「三菱(=M)UFJ(=U)フィナンシャル(=F)グループ(=G)」のアルファベットの頭文字をつなげたもの。

実際に発行するカード会社はグループの「三菱UFJニコス」となります。三菱UFJニコスは、ニコスカードとDCカードを合わせた会社。MUFGカードのほかにもVIASOカードやDCカード Jizileなども発行しています。

MUFGカード自体は比較的新しいクレジットカードですが、しっかりした歴史を持っています。

MUFGカードのココがすごい!

最短翌営業日発行!

MUFGカードのメリット、それは…

最短翌営業日発行!申し込んでから(早くて)翌日にはカードが手元に届くのはすぐに使えて便利です。しかもゴールドカードにも対応しています。

"何日も何週間も待たずにカードを手に入れられる"というのは、急ぎでなくてもちょっとうれしいサービスです。

国内・海外旅行傷害保険最高2,000万円

MUFGカードの旅行損害保険は国内・海外とも最高2000万円まで補償旅行中の病気やケガはもちろん、スーツケース等の携帯品の損傷にも使えます。

MUFGカードの旅行保険の内容
保険 条件 補償内容
海外旅行傷害保険 自動付帯 傷害・疾病による治療など、賠償責任、携行品損害、救援
国内旅行傷害保険 利用付帯 傷害による治療など

※スマート・ゴールドの場合

ショッピング保険は年間最高100万円まで

MUFGカードでは、ショッピング保険も最高100万円まで補償してくれます。

MUFGカードで購入した商品の破損や盗難等の損害を、購入日から90日以内なら補償してくれるサービスです。

期間内にMUFGカード側に損傷や盗難を報告すると最大100万円までの補償がつきます。

年会費が2000円以下のカードでこの補償はなかなか手厚い補償です!

支払方法をあとから変更できる

MUFGカードは利用の後からでもリボ払い、分割払い(3回以上)に変更できます。1ヶ月の請求額が膨らみすぎた時に利用すれば、返済遅れをせずにすむので安心です。

三菱東京UFJニコスの会員専用WEBサービスにログインすると変更ができます。ただし、手数料の発生や利用可能額を超えないように十分注意しましょう。

盗難・紛失の対応も年中無休で万全

MUFGカードでは、盗難や紛失に年中無休で対応してくれるコールセンターがあります。

MUFGカードコールセンター
0120-107-542(24時間受付・国内)

MUFGカードのココが残念

ポイント還元率が高くない

MUFGカードのグローバルポイントは1000円につき1ポイントの付与。1ポイントは5円相当なので基本的に還元率は0.5%となります。

ただし、獲得ポイントは交換で目減りすることが…。移行先によっては0.4%、0.3%まで還元率が低くなることもあります。

ポイント交換
移行先ポイント 移行前(ポイント) 移行後(円分) 実質還元率
ビックカメラ 500 2500 0.5%
Amazonギフトカード 1000 4000 0.4%
キャッシュバック 500 2000 0.4%
楽天スーパーポイント 200 800 0.4%
Tポイント 200 800 0.4%
dポイント 200 800 0.4%
WAONポイント 200 600 0.3%
Suicaポイント 200 600 0.3%

キャッシュバックやポイント移行を使うと還元率があまりよくないのがわかります。基本の「還元率の悪さ」がMUFGカードの残念なところの1つです。

獲得ポイントの目減りが気になる方は、多くのポイント交換がそのままの価値でできるオリコ・ザ・ポイント」がおすすめです。

ポイントの有効期限が2年

MUFGカードのポイント有効期限は2年その後は失効してしまい、なかったことになってしまいます。

2年間でカード利用が多く、ポイントが貯まっていくならいいのですが、あまりカードを使わない方にとってはMUFGカードのポイントプログラムには期待はできないでしょう。

ポイントの有効期限が気になる方は、ポイントが永久不滅の「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

PASMOやnanaco等の電子マネーに非対応

MUFGカードは、セブンイレブン等で使える人気の「nanaco」や交通系電子マネーの「PASMO」へのチャージが非対応

Suica楽天Edyにはチャージは可能ですがポイントは貯まりません

電子マネーの利用者が増えている中、チャージができなかったり、ポイントが貯まらないのは残念な点です。

電子マネー対応のカードを求めている方は、Suica機能がついてマイルも貯まるANA VISA Suicaカード」がおすすめです。

銀聯カードを追加で発行できる

銀聯は中国の全域で使える決済方法

銀聯(ぎんれん)」は中国の決済サービスのブランドです。中国国内の決済を共通にするため、中国人民銀行が中心になり設立されました。

以前は、中国では銀行の仕組みがバラバラで全土で使える決算サービスがない状況でした。これを一気に改善したのが銀聯カードというわけです。

今では銀聯カードがあれば中国全域で現金を持たずに買い物ができます。出張などで中国の地方部へ行く際の必須アイテムと言えるでしょう。

中国ではアプリの支払いも…

近年、中国では「Alipay」などのアプリでの支払いも急速に普及しています。もはや、個人間のやりとりにも使われているぐらいです。

ただし、ダウンロードや設定などは日本人にとって敷居が高いものでもあります。銀聯カードをとりあえず持っておくことは保険にもなります。

銀聯カードを付帯カードで持てる

銀聯カードはデビットカードやプリペイドカードでも発行できますが、チャージや中国の銀行に口座開設が必要となります。

日本では三井住友カードのみが銀聯ブランドでのクレジットカードを発行しています。ただし、これだとMasterCardやVisaなどの主要な国際ブランドではなくなるので、中国以外では使いにくくなってしまいます。

MUFGカードの銀聯カードはショッピング専用の付帯カードとしての発行。他の国際ブランドのカードを持ちつつ銀聯カードを追加で持つことができます。

日本で発行できる銀聯カード
カード方式 種類
クレジット(本体) 三井住友銀聯カード
クレジット(付帯) MUFG銀聯カード・ANA銀聯カード・九州銀聯カード
プリペイド 銀聯キャッシュパスポート・上海トラベルカード
デビット 中国銀行銀聯デビットカード・中国工商銀行デビットカード

三菱UFJニコス以外にはANAカード(VISAワイドゴールドなど)も付帯カードとして銀聯カードを発行できます。

MUFG銀聯カードの発行方法

MUFGカードを持っていれば、WEBサービスか申込書で申込むと発行することができます。

新規発行、更新時には発行手数料が必要となります。有効期限は原則5年間です。

また、本会員だけでなく家族会員も申込みができるので、家族での転勤にもピッタリです。

MUFG銀聯カードの発行手数料
本会員 1,000円+税
家族会員 300円+税

手の届きやすいゴールド MUFGカードゴールド

ゴールドカードなのに手頃な年会費

MUFGカードはゴールドカードではありえないほど年会費が安いのがポイントです。

他社ではゴールドカードの年会費が約1万円ほどですが、MUFGカードはなんと…

1905円(税別)で持てます。しかも初年度は年会費が無料

ゴールドカードでこの年会費は破格の安さです。

ゴールドなのに18歳から申込可能

ゴールドカードは申し込み条件に、20~30代以上が多いですが、MUFGカードは18歳以上から申し込めます

ゴールドカードの申し込み年齢
保険 申込年齢
MUFGカード ゴールド 18歳以上
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 25歳以上
JCBゴールド 20歳以上
三井住友VISAゴールドカード 30歳以上
楽天ゴールドカード 20歳以上
dカードゴールド 20歳以上

付帯カードの年会費が無料

MUFGカードゴールドは付帯カードの年会費がかかりません。

三菱UFJニコスだとETCカードは本来、新規発行手数料がかかります。ただし、ゴールドだと無料。家族カードも1枚目は年会費が無料です。

残念ながら銀聯カードは新規発行手数料が必要です。ただし、年会費は無料。充実の付帯カードを維持費なく持つことができます。

MUFGゴールドカードの付帯カード
付帯カード 発行手数料 年会費
ETCカード 無料 無料
家族カード 無料 1枚目は無料、2枚目以降は400円+税(初年度無料)
銀聯カード 1000円+税 無料

国内主要6空港とホノルル空港でラウンジの利用が無料

MUFGカードゴールドの会員は無料で空港のラウンジを利用できます

国内では、全国の主要6空港、海外ではハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料で利用可能です(※いずれも国際線利用時のみ)。

利用できる空港ラウンジ
対象空港 設置場所
新千歳国際空港 国際線ターミナル 1ヶ所
羽田空港 国際線ターミナル 2ヶ所
成田国際空港 第1ターミナル・第2ターミナル 2ヶ所
中部国際空港 出発ロビー 2ヶ所
関西国際空港 本館・北ウイング・南ウイング 4ヶ所
福岡空港 国際線ターミナル・国内線ターミナル 2ヶ所
ダニエル・K・イノウエ国際空港
(ホノルル空港)
空港内ガーデンコート 1ヶ所

利用には当日の航空券とカードが必要です。また、同伴者は有料となります。

国内の飛行機トラブルが補償される

MUFGカードのゴールド会員には国内渡航便遅延保険が付帯します。搭乗する航空便や手荷物の遅れなどによる損害を2万円程度まで補償。もしもの飛行機のトラブルも、これがあれば安心です。

国内渡航便遅延保険の内容
補償内容 補償金額
乗継遅延(宿泊・食事) 2万円程度
出航遅延(食事) 1万円程度
手荷物遅延(衣料購入等) 2万円程度
手荷物紛失(衣料購入等) 1万円程度

三菱東京UFJ銀行のATM手数料が無料に

三菱東京UFJ銀行の「スーパー普通預金口座」で引落しをすると、口座のATM手数料が無料になります。スーパー普通預金は普通預金とは違うので注意してください。

ATM手数料の優遇内容
ATM 回数
三菱東京UFJ銀行ATM 無制限
コンビニATM(セブン銀行・ローソンATM・E.net) 3回まで

MUFGカードでコンビニATMの手数料が無料になるのはゴールドから。三菱東京UFJ銀行を使ってる方にはうれしいサービスです。

お得な使い方はコレ

アニバーサリー月に集中して使う

MUFGカードゴールド、MUFGカードプラチナ アメックスだと毎年還元率が上がる月(アニバーサリー月)を指定することができます。

ゴールド会員だと、この1か月間は還元率が1.5倍にアップ

ゴールド会員 プラチナ会員
基本ポイント(1P)
+
アニバーサリーポイント(0.5P)

合計ポイント(1.5P)
基本ポイント(1P)
+
アニバーサリーポイント(1.0P)

合計ポイント(2.0P)

アニバーサリー月は入会時に自由に決定できます。買い物が多くなる時期を選ぶことができてお得に使えます。

年間の利用金額で還元率を上げる

グローバルポイントには年間ショッピング利用額によって翌年の還元率が上がる特典があります(グローバルPLUS)。

ゴールド会員だと、最大1.5倍に上がります

グローバルPLUS(ゴールド会員)
年間の利用額 ポイント優待
50万円以上100万円未満 +0.2P
100万円以上 +0.5P

○利用額を上げるコツ

家賃や公共料金、ケータイ料金をカード払いにすると年間100万円の利用分をクリアできます。

一括払いなら口座引落とほぼ同じ。カード払いのほうが、サービスも受けられてお得になりますよ。

カードを愛用してボーナスポイント獲得

MUFGカードにはプレミアムスタープログラムという優待制度が適用されます。これはカードを愛用すると、ボーナスポイントが特典としてもらえるもの。

カードの利用状況によって優遇マーク(★)が貯まり、5つ以上になるとボーナスポイント(プレミアムBONUS)がスタート。最短で4年目からポイント付与が始まります。

プレミアムスタープログラムの条件
利用内容 付与数
A.年会費の支払い
B.年間利用額が50万円以上
AとBに該当 ★★

ボーナスポイントは前年獲得した基本ポイントを基準に、前年の年間利用額によって割合が変わります。最大で20%がボーナスとポイント付与されます

プレミアムBONUSの付与
前年の年間利用額 ポイント優待
50万円未満 なし
50万円以上100万円未満 前年の基本ポイントの10%分
100万円以上 前年の基本ポイントの20%分

「楽Pay」登録で年会費の半額が割引

MUFGカード ゴールドは事前登録型リボの「楽Pay」に登録すると年会費半額の優遇を受けられます

ただし、登録すると支払方法は自動的にリボ払いとなるため注意が必要です。

○リボ払いの注意点

リボ払いは翌月以降に繰り越した分には「手数料」がかかります。また、リボ払いは利用残高が分かりにくいので、利用する際は十分注意しましょう。

他の人気ゴールドカードと比較

ゴールドカードはけっこう違う

年会費や付帯サービスなどで見た場合…

他のゴールドカードの特徴
カード名 主なサービス 年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード ・《旅行傷害保険》最高1億円
プライオリティパスが付帯
トラベルサービスの充実
29,000円+税(初年度無料)
JCBゴールドカード ・ポイント還元率が最大2.5%
・《旅行傷害保険》最高1億円
・ディズニーやUSJで貸切イベント
10,000円+税
三井住友VISAゴールドカード ・登録制リボなどで最大年会費50%OFF
・年中無休の無料医療電話相談
・電子マネー対応
10,000円+税
dカード ゴールド ・ポイント還元率最大10%
・最大1億円の《旅行傷害保険》
・ 最大10万円の携帯修理補償
・ ローソン、マクドナルドで支払いが3%OFF!
10,000円+税
ゴールドカード セゾン ・最短即日発行
・国内・海外旅行保険は最大3千万円まで・nanacoポイントとの二重取りが可能
・毎月5・20日は西友で5%OFF
10,000円+税
楽天ゴールドカード ・ポイント還元率1.0%~6.0%
・電子マネーEdyの機能付き
・国内空港ラウンジが利用可能
2,000円+税

このように見てみると同じ「ゴールドカード」と言っても、各社で年会費、サービス内容ともかなり違うのが分かります。

○ゴールドカードは似てる!?

機能はさまざまですが、ゴールドカードは見た目がどれも金1色でパッと見似ています。つまり、手頃なゴールドカードでもステータスがある程度高く見えるということ。ココが一般カードと違うところです。

楽天ゴールドカードと比較

楽天ゴールドカードも手頃なゴールドカード

MUFGカードゴールドと同じく手頃なゴールドカードとしては「楽天ゴールドカード」もあげられます。

年会費は2000円+税と、MUFGカードゴールドとほぼ同じ。ゴールドカードの年会費としては格安です。

還元率は楽天カード

ポイントの還元率は楽天カードが上。基本ポイントの還元率が1%で十分高いですが、楽天市場で使えばさらに5倍に

キャンペーンも盛んに行っているので、ポイントがより貯めやすくなっています。楽天市場をよく使う方にとっては超お得なカードです。

また、「楽天Edy」機能もあり、電子マネー対応も楽天カードの方に分があります。

付帯サービスはMUFGカード

一方、付帯サービスはMUFGゴールドカードのほうが充実。保険の場合、楽天ゴールドカードは最大2000万円の海外旅行保険のみ

MUFGなら国内旅行保険、ショッピング保険、国内渡航便遅延保険も付きます。

また、「三菱東京UFJ」という看板があるため、MUFGのほうがステータスも上と言えます。

まとめると…

楽天ゴールドカードはポイントで得したい方におすすめ。楽天スーパーポイントは使い勝手も良いので、ムダにせずに活用できます。

一方、MUFGカード ゴールドは手頃にしステータスカードを持ちたい方におすすめ。クレジットカードとしてのサービスは一通り付帯しているので、安心して使えます。

サービス重視のMUFGカード ゴールドプレステージ

MUFGカード ゴールドから、さらにサービスを充実

ステータスだけではなく、サービス内容も充実したゴールドカードを求めている方におすすめなのが「MUFGカード ゴールドプレステージ」です。

年会費は1万円+税と上がりますが、その分サービスがより充実。

海外・国内旅行傷害保険が最大5000万円、ショッピング保険が最大300万円までと、付帯保険の金額が大幅アップ

また、24時間対応の健康・介護相談サービスも無料で付いてきます。

ただ、充実のステータスカードを求めているならゴールドの上、「MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード」もおすすめです。

ひとつ上のステータス MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスのプラチナカードが年会費が格安

MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は2万円+税。高いような気もしますが…

プロパーの「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」だと年会費はなんと13万円!これとくらべれば、MUFGの方は年会費が約15%です。

サービスは一部違いますが、MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードも十分お得なカードと言えます。

コンシェルジュサービスが24時間365日使える

レストラン、チケットの手配や緊急事態の支援まで使える、専用コンシェルジュサービスを年中無休で利用できます

しかも、アメックスの「プラチナ・コンシェルジュサービス」だからクオリティは当然バッチリです。

海外・国内旅行保険がより充実

海外旅行傷害保険は最大1億円まで、国内旅行傷害保険は最大5,000万円までに補償が拡大。旅をする時のの安心感が違います。

MUFGプラチナの旅行保険
保険 補償額 条件
海外旅行傷害保険(自動付帯のみ) 最大5,000万円 自動付帯
海外旅行傷害保険(自動+利用付帯) 最大1億円 利用付帯(+最大5,000万円分)
国内旅行傷害保険 最大5,000万円 自動付帯

ショッピング保険は年間最大300万円

プラチナカードなら購入後90日間の破損、盗難の補償が年間300万円まで上がります。ここまでの金額ならば大抵のものは安心して使えます。

海外線でも遅延補償が適応

国内線だけでなく、海外線でも飛行機トラブルの補償が適用。フライト、手荷物の遅延などが最大2万円まで補償されます。

飛行機トラブルは日本よりも外国の方が起きやすいもの。それに補償が適用されるのは助かりますね。

日常の犯罪被害も最大1,000万円の補償

プラチナならカード付帯保険として第三者の加害行為による被害も最大1,000万円まで補償されます。

犯罪の賠償は時間がかかり、されるかは不確かです。もしもの時には確実な補償が受けられます。

MUFGプラチナの犯罪被害傷害保険
内容 補償額
死亡・後遺障害 最大1,000万円まで
入院保険金 日額7,500円
手術保険金 1件最大30万円まで
通院保険金 日額5,000円

世界130ヶ国の空港ラウンジが利用可能

世界130ヶ国、500都市の空港VIPラウンジが利用できる「プライオリティ・パス(スタンダード)」が無料。VIP空港ラウンジを有料ですが利用ができるようになります。

これは本来、年会費が99ドル以上するサービスです。これがタダになるので、利用すると年会費の半分は元が取れてしまいます。

ただ、利用するにはMUFGカードWEBサービスか、カードデスクからの登録が必要となります。

国内外のレストラン・ホテルで優待サービス

加盟店の中から厳選された一流レストラン・ホテルで優待サービスを受けることができます。

MUFGカード プラチナの主な優待サービス
サービス 対象 特典内容
スーペリア・エキスペリエンス 国内外の一流ダイニング・ホテル・スパ・ショップなど 優待特典
プラチナ・グルメセレクション 国内の厳選レストラン 2名以上で指定のコースの1名分が無料
ダイニング・トレンド 食に関する情報 最新トレンドやおすすめ店を紹介
Relux for Platinum 国内の厳選ホテル 最低保証価格から5%OFF
Premium Hotel Privilege 国内有名ホテル 優待特典
Expedia 海外人気ホテル 掲載価格から8%OFF

海外へは空港まで手ぶらで行ける

海外線の利用の際には予約すると、自宅から空港までスーツケース1つ分の荷物を無料で配送してくれます。

しかも、JALを使えば到着空港まで運んでくれるので、手ぶらで乗るだけ(一部例外路線あり)。

もちろん、帰国時も空港から自宅まで同じサービスを使えます。帰りは予約の必要がなく、窓口に預けるだけで手ぶらで帰宅できます。

また、冬には防寒着も空港で30日間まで無料で預けられます。行き先でジャマな荷物が減るので助かりますよ。

対応の空港 成田国際空港・羽田国際空港・中部国際空港・関西国際空港

世界的なレンタカーでも優待サービス

アメリカを中心に展開するレンタカー会社「Hertz」の「ハーツGoldプラス・リワーズ」の会員制度を無料で利用できます。

MUFGカード プラチナ アメックスならアフォーダブル料金(車両補償付き料金)が10%OFF。オプションのカーナビも25%OFFで使えます。

しかも、Hertzなら日本語対応のカーナビが利用できるので慣れない土地の運転でも安心です。自動車社会のアメリカではこのサービスは重宝しますよ。

また、Hertzはトヨタレンタカーと提携しているので、このサービスは国内でも利用もできます。

○Hertzとは

アメリカではシェアが1位の大手レンタカー会社です。世界中でも展開をしています。一般車の他にも、シェルビー・マスタングなどの高級車のレンタルができることが有名です。

ほかのプラチナカードと比較

プラチナカードは"サービス"で選ぶ

プラチナカードの場合、最高5,000万円以上の海外・国内旅行傷害保険、最高300万円以上のショッピング保険が付帯するのはほぼ当り前。

そのほか、ゴールドカードのサービス、コンシェルジュ・サービスや空港ラウンジの付帯も標準と言えます。

それ以外の特徴は…

他のプラチナカードの主な特徴
カード名 主な追加サービス 年会費
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード ・旅行などのキャンセル、自宅の電化製品、個人賠償責任など、手厚い補償が付帯
シャングリ ラやヒルトンなどの上級会員に無条件で登録可能
130,000円+税
ダイナースクラブ・プレミアムカード ・ポイント還元率が2%、1P=1マイルで交換可能
国内名門ゴルフ場の予約を代行、プレー代が50%OFF
・高級料亭の困難な予約を代行
130,000円+税
JCB ザ・クラス ・年1回、およそ2~3万円相当の商品をプレゼント
ディズニー、USJの専用ラウンジが利用可能
・付帯のプライオリティ・パスが最上位クラス
50,000円+税
三井住友プラチナカード ・10の国内一流ホテルでスイートが50%OFF
・最大500万円のショッピング保険
50,000円+税
楽天ブラックカード ・誕生月は楽天市場などで還元率6%
楽天市場で商品未着の場合補償
・付帯のプライオリティ・パスが最上位クラス
30,000円+税
セゾン プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード JALマイルが還元率1%が追加で貯められる
・付帯のプライオリティ・パスが最上位クラス
20,000円+税

実は、プラチナカードこそ、年会費と自分に合うサービスで選ぶことが大事

プラチナカードはインビテーション(招待制)が多い

プラチナカードは持ち主だけではなく、カード会社のステータスを表すものでもあります。このため、プラチナカードからは簡単に発行しない会社も少なくありません

多くが会社側からの招待で発行するインビテーションカードになっています。

プラチナカードの発行
カード名 発行
MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード 申込可能
三井住友プラチナカード 申込可能
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード 招待制
ダイナースクラブ・プレミアムカード 招待制
JCB ザ・クラス 招待制
楽天ブラックカード 招待制
セゾン プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード 招待制

新規で申し込めるプラチナカードは珍しい方です。ゴールドカードの種類が増加している今だから、プラチナカードの持つ意味は増しています

○招待制をクリアするには?

ステータスカードの招待の基準はカード会社によって違い、しかもほとんどが非公開。ただ、利用状況の良いことが会社に好印象を与えるのは確かです。

もし、招待制のステータスカードを狙うなら、申し込める一番上のクラスのカードを手に入れて、普段使いすることが近道になります。

まとめ

1分でわかるMUFGカード ゴールド

おすすめポイント

 MUFG発行のゴールドカード
 手頃な年会費
 十分な付帯保険
 付帯カードが充実

MUFG発行のゴールドカード

三菱東京UFJグループ(MUFG)が発行するゴールドカードだから安心。しかも、ステータス・信用も十分

手頃な年会費

ゴールドカードなのに年会費が1,905円+税とお手頃価格。しかも、付帯カードもほとんど年会費がかからないので負担になりません。一般カードの代わりとしてもオススメです。

十分な付帯保険

最大2,000万円までの国内外の旅行保険と、最大100万円までのショッピング保険、そして最大2万円までの国内遅延便保険まで付いています。補償のために作ってもいいですよ。

付帯カードが充実

ETCカード、家族カードはもちろん、銀聯カードも付帯カードして追加発行できます。しかも、1枚目は年会費はすべて無料です。

MUFGカードゴールドの詳細

MUFGカードゴールドの詳細
申込み資格 原則として18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入があること(高校生は除く)
国際ブランド ・Master Card
・VISA
・JCB
限度額 10万円~200万円 (審査結果による)
審査時間 VISA・MasterCardは最短翌営業日、JCBは最短2営業日
発行時間 Visa・MasterCardは最短翌営業日、JCBは最短2営業日
入会金 無料
年会費 1,905円(税別)(初年度年会費無料)
支払い方式 一括払いやボーナス一括払い、分割払いやリボ払い
分割払い(年率) 12.250% (3回払いの場合)
リボ払い(年率) 15.000%
キャッシング(年率) 18.230~28.500%
遅延損害金(年率) 14.600~29.200%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか

1分で分かるMUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

 すぐに手に入るプラチナカード
 プロパーの約15%の年会費
 充実の付帯保険
 至り尽くせりのサービス

すぐに手に入るプラチナカード

招待制が多いの中、数少ない新規申込みを受け付けているプラチナカード。ゴールドカードが珍しくない今、 ステータスで周りに差をつけられる1枚です。

プロパーの約15%の年会費

アメックスのプロパーだと13万円+税の年会費のプラチナカードが提携とは言え、2万円+税で持てますゴールドカードの代わりにもできます

充実の付帯保険

最高1億円までの海外旅行保険、最大5千万円までの国内旅行保険、最大300万円までのショッピング保険国内外の遅延便保険と補償が拡大、 さらに安心が広がります

至り尽くせりのサービス

コンシェルジュ・サービスや各種トラベルサービスなどプラチナカードらしい至り尽くせりのサービスが付いてきます。

MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードの詳細

MUFGカード プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
申込み資格 原則として20歳以上で本人に安定継続収入があること
国際ブランド American Express
限度額 50万円~500万円 (審査結果による)
審査時間 最短3営業日
発行時間 最短3営業日
入会金 無料
年会費 20,000円(税別)(初年度年会費無料)
支払い方式 一括払いやボーナス一括払い、分割払いやリボ払い
分割払い(年率) 12.250% (3回払いの場合)
リボ払い(年率) 15.000%
キャッシング(年率) 18.230~28.500%
遅延損害金(年率) 14.600~29.200%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなどのいずれか
三菱UFJニコスの詳細
金融機関名 三菱UFJニコス株式会社
住所・所在地 東京都文京区本郷3-33-5
電話番号 03-3811-3111
貸金業登録番号 関東財務局長(8)第00115号

MUFGカードの関連記事

VIASOカード(ビアソカード)完全解説!

ラブライブVIASOカード(ビアソカード)の完全解説!

おすすめゴールドカード5枚。年会費以上の価値のカード比較(年会費無料もあり)ゴールドカード人気ランキング

ゴールドカードの関連記事

楽天ゴールドカードは人を選ぶ?楽天プレミアムカード・楽天カードとの違い

エポスカードを無料でゴールドカードにする方法とインビテーション条件

三井住友VISAゴールドカードの保有メリットと、年会費を4千円にする《確実な》裏技

オリコゴールドカード8種類の年会費・メリット比較!1位はどれ?

ライフカードゴールドのメリットと年会費。他のカード候補も!

アメックス・ビジネスゴールドカードの条件と保有メリット

プラチナカードの関連記事

エポスカードプラチナの特典(完全ガイド):インビテーション条件からグルメクーポンまで

ダイナースクラブカードの《驚愕の》特典メリットと使い手を選ぶ4つのデメリット


>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ


 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.