ETCの利用履歴の必要性

ETCの利用履歴が必要な時とは

ETCを利用した場合、料金所での支払いがなく、ETC限定の割引なども適応されるため、効率が良い上にとてもお得です。
その一方、ETC利用時はその場で領収書がもらえないというデメリットもあります。
ETCを利用せず料金所で清算した場合はその場で領収書がすぐに発行されますが、ETC利用の場合はクレジットカード会社から利用明細が届くまで、高速道路を走行したことを証明するものがありません
ビジネスマンが会社に通行料金を申請しなくてはならない場合など、領収書がすぐに必要となる際にこれは大変不便です。


ETC利用照会サービスってどんなサービス?

そんな時、利用したいのがETC利用照会サービスです。
ETC利用照会サービスを使用すると、利用明細と利用証明書が発行されます。
利用明細、利用証明書はプリンターで印刷することも、データとして保存することも可能です。
また、利用履歴はインターネットのシステム上に記録されるため、過去の利用履歴も閲覧することができ、とても便利です。

利用証明書ってどんなもの?

利用証明書には乗車IC、降車IC、利用年月日や日時、通行料金、車種など確認項目として必要とされる情報は一通り記載されています。
会社で経費処理を行う場合においては領収書と同等に扱われることが大半です。
すぐに領収書の提出が必要とされる場合はこの利用証明書を発行、提出すると良いでしょう。

また、ETCカードを利用していてもその場ですぐに利用証明書を得る方法もあります。
乗車はETCレーンから、降車時に一般レーンに行き、料金所にいる係員にカードを手渡しします。
そうするとその場で利用証明書が発行され、受け取ることができるのです。
状況に応じてETC利用照会サービスと使い分けてみるのも一つの方法です。

まとめ

・一般レーンの料金所にて現金で支払いをした場合→その場で領収書が発行される。
・ETCレーンを利用してETCカードで支払いをした場合→その場では何も発行されない。クレジットカード会社から利用明細の到着を待つかETC利用照会サービスを利用して利用証明書を発行する。
・乗車はETCレーン、降車は一般レーンでETCカードで支払いをした場合→その場で利用証明書が発行される。

以上のように、ETC利用履歴の必要性に応じ、柔軟な対応ができるよう、各道路事業者側でサービスを提供しています。
サービスを上手く活用することで、より快適に高速道路を利用することができます。

備考

ETCカードで支払いをした場合、利用者は道路事業者ではなく、あくまでクレジットカード会社へ利用料金を支払うという形になります。
道路事業者と利用者の間で直接的な金銭の授受がないため、道路事業者側で領収書を利用者に発行することができません
クレジットカード会社から届く利用明細書が利用者にとっての領収書となります
そのため、道路事業者社側からは領収書ではなく、利用証明書という形で提供しているのです。
勤め先の会社などで領収書の提出が必要と言われた際は、念のため利用証明書の提出でも問題ないか、前もって確認しておくと良いでしょう。



>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ


 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.