ETC専用レーンとは

前の車が急停止する場合も!ETC専用レーンでも車間距離には注意が必要です

ETCシステムが利用できる料金所レーンには、ETC専用レーンとETC/一般共用レーンの2種類が存在しています。
そのうちの一つ「ETC専用レーン」は、その名が示すとおり、ETC搭載車しか通行することができないレーンです。
ETC車載器を装着していない車両は、このレーンを通過することが出来ませんがETC搭載車でETCカードが正しくセットされていれば、料金の支払いのために一旦停止することなくノンストップで料金所を通過することができます。
通行レーンの見分け方

ただし、ETC非装着車が誤ってこのレーンに進入してしまうケースがあります。また、ETC搭載車であってもETCカードが挿入されていなかったり、有効期間が切れているなどといった様々なトラブルが発生する可能性があります。
この場合、車を停止させて通行券を受け取ったり係員に対応してもらったりします。ETC専用レーンだからといって油断して速度を落とさずに通行してしまうと、こうした先行車に追突してしまうといった事故も起こり得ますので、車間距離には十分注意して運転しましょう。

ETC専用レーンは、ETC無線課金エラーを検知すると自動的に赤信号が点灯し通行不可となります。この時、数秒間の切り替えフラグがありますが、それに気付かずに進入してしまうとトラブルの原因となりますので、レーン表示をしっかり確認してから通行するように心がけて下さい。
もし誤って進入してしまった場合は危険ですから車をバックさせずに、後続車のためにハザードを点灯させて係員に連絡しましょう。自己責任で開閉バーを破損させてしまった場合は、物損事故として修理代が請求されるので注意してください。

一旦停止しなければいけないETC専用レーンがあるって本当?

はい。本当です。
一般的にETC専用レーンでは、ノンストップで料金所を通過することができますが、稀に「一旦停止型ETC専用レーン」といって開閉バーの手前で一旦停止が必要なETC専用レーンがあります。
例えば、岐阜県高山市にある安房峠道路のインターチェンジ「平湯料金所」などに設置されているETC専用レーンがそれにあたります。ゲート上の案内に「一旦停止型ETC」と表示されているので、こういったレーンでは開閉バーの手前で一旦停止を行い、開閉バーが開いてから通行するようにしてください。料金は通常のETCと同様に無線通信でETCカードから支払われます。

また、スマートインターチェンジも、バーの手前で停止する必要があります。
スマートICの利用方法と注意点


>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.