ETCのメリット(2) 地球環境への配慮

ETC利用で地球の温暖化をストップ!年間170000トンのCO2を削減

ETCのメリット(1)で、ノンストップ走行による料金所渋滞の軽減などを挙げましたが、現在ではETCを利用することで地球環境問題に貢献できるという二次的なメリットにも注目が集まっています。ノンストップ通行から発生するメリットを以下にあげてみました。

1.料金所渋滞を避けられるので、走行時間自体が短縮される。
2.料金所での停車・発車といった無駄な動作がなくなったことで、道路上に排出される排気ガスが軽減される。
3.スムーズな走行の実現が可能となり、料金所付近の騒音が軽減される。

なかでも、地球温暖化を促進すると言われるCO2(二酸化炭素)の排出が軽減されるという点は大きなポイントです。
ETCを利用すると、1台あたり11kgのCO2を削減することができるので、日本全体で見てみると年間約17万トンものCO2を削減することが可能です。
この数字を具体的に表してみると、山手線の内側いっぱいに植えられたどんぐりの木が吸収できるCO2の2倍の量ということになります。これだけの木を植えるとしたら途方もない費用がかかることは言うまでもありません。

ETC車載器の設置にはそれなりにコストがかかってしまいますが、一人ひとりの配慮が地球の環境破壊をくいとめる第一歩になることは間違いないので、まだETCを導入していない方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。
料金所でのドタバタがなくなって快適なドライブが楽しめるうえに、地球環境に貢献できるなんて素敵じゃありませんか。

ETCの導入のために必要なもの

年会費無料のETCカードはこちら

ETCを利用するとガソリンは節約できるの?

車の停車・発車といった行為には通常の走行以上にガソリンが必要です。
ETCを利用した場合、多少減速する必要があるものの車を停止させる必要はありません。そのため、2L CVT車(15km/L)を例にとると、ETC10回利用で0.2リットルのガソリンを節約することができます。

「たかが0.2L?」と思うかもしれませんが、ちりも積もれば山となります。限りある資源を無駄にしない為にもETC導入は現代人にとってマストですね。

ちなみに燃費をあげるためには、無駄な荷物(ゴルフバックや重たい工具など)をトランクにいれっぱなしにしないこと。
実はこれ、かなり効果があるんです。10kg相当の荷物を積んだまま、500km走行すると0.1L以上のガソリンを余計に消費してしまうことになります。
たまにはトランクを開けてお片付けをしてみてください、ガソリンの節約はもちろんですが車の軽さを実感できますよ。


>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.