ETC車載器の登録セットアップ方法と料金

ETC車載器の登録セットアップ方法と料金

車載器を取り付けただけでは高速道路等のETCサービスは利用できません。必ずカー用品店などでセットアップという作業を行ってください。しかし、そう言われて「ああセットアップね」と言える方はそう多くありません。
ETC車載器導入にあたり必ず行う割にあまり知られていない「セットアップ」について、頭に入れておきたい知識とノウハウをここにまとめました。

メニュー
ETC車載器について
ETC車載器のセットアップとは?
セットアップ時に利用される情報
ETCセットアップの手順
ETC車載器のセットアップ方法
オンラインセットアップ店とは
オフラインセットアップ店とは
ETC車載器を交換した場合
ETC車載器をほかの車両に移したとき
ナンバープレートなどを変更した場合
ETC車載器の搭載された車両を入手したとき
ETC車載器の再セットアップ方法:料金は?どこに頼むの?

ETC車載器の選び方
ETC車載器の種類(1) 2ピースタイプ
ETC車載器の種類(2) 3ピースタイプ
ETC車載器の種類(3) ビルトインタイプ
ETC車載器の種類(4) その他の高機能な車載器
ETC車載器の代表的メーカー
DSRC(ITSスポット、ETC2.0)とは
ETC車載器について

ETCを利用するためには、まず自動車にETC車載器を装着し、ここにETCカードを挿入します。ETC車載器は料金所のETCレーンを通過する際、料金所に設けられたアンテナとの間で料金情報を無線で交換するという機能を持っています。
 車載器には、車内のどこに取り付けるかによって大きく分けて2ピースタイプ、3ピースタイプ、そしてビルトインタイプの3タイプがあり、カー用品店などで自分の好みのものを選ぶことができるようになっています。
続きを読む


ETC車載器のセットアップとは?

 ETCを利用して有料道路の料金を清算するためには、あらかじめETC車載器を自動車に設置しなくてはなりません。この車載器が料金所のアンテナと無線による通信を行い、料金情報を交換するようになっているのです。
 このETC車載器は、カー用品店などで販売されているそのままの状態ですぐに使えるというものではありません。なぜなら、どの自動車でも自由に利用できるETCカードとは違い、車載器の方はそれぞれの自動車とセットで使われるもので、あらかじめ設置する自動車の情報をETC車載器にインプットしておく必要があるのです。この作業は認可を受けた専門の業者(ディーラー、カー用品店など)が行います。
続きを読む


セットアップ時に利用される情報

 ETC車載器はそれぞれの自動車の情報をあらかじめ記憶させておかなくては、利用する事ができません。これは、ETCシステムを利用する車両を特定しなければ、通行料金を自動的に算出することができなくなるためです。
 セットアップ時に車載器に登録される情報としてはナンバープレートや車両番号などがあり、こういった取付車両の識別情報を暗号化した形でETC車載器に記録させます。
続きを読む


ETCセットアップの手順

 一般的には、車載器を購入したときに購入店舗でセットアップおよび取付までの一連の作業を実施してもらえるので細かいことまで理解している必要はありません。また申込書は、セットアップ店に用意されているので自分で入手する必要はありません。ただし、セットアップ作業が行われていないと、ETCレーンを通過するときに開閉バーが開かないといったトラブルが発生しますので、必ずカー用品店などでセットアップ作業を行ってもらって下さい。中古車を購入して車載器が搭載されていた場合、そのままでも開閉バーは開きますが、不正利用で通報されるケースもありますから必ず再セットアップを行って下さい。
続きを読む


ETC車載器のセットアップ方法

 ETC車載器に車両情報をインプットするときには、なりすまし等の不正行為を防止するため、暗号処理を施した上で行わなくてはなりません。こうした高度かつ重要な技術が求められる作業のため、車載器のセットアップは信頼の置ける専門のセットアップ店が行います。現在、ETC車載器のセットアップ店は登録制になっており、2005年9月の時点で約2万店存在します。
続きを読む


オンラインセットアップ店とは

 ETC利用に欠かせない車載器のセットアップですが、大まかに分けて2種類の方法があります。一つはオンラインセットアップ、もう一つはオフラインセットアップです。
 このうちオンラインセットアップとは、セットアップに必要な情報を、情報発行元(ORSE、財団法人道路システム高度化推進機構)とセットアップ店との間でオンラインで送受信するという方法です。車両情報を暗号化した状態でETC車載器にインプットするためには、必ずこの操作を一旦行わなくてはなりません。
 オンラインセットアップ店とはこのような操作を行うことができるセットアップ店のことであり、オンラインで情報の送受信ができるぶん、より短時間でセットアップが可能となり、ETCカードさえあれば申し込み当日にETCが使用できるようになります。
続きを読む


オフラインセットアップ店とは

 ETC利用に欠かせない車載器のセットアップですが、大まかに分けて2種類の方法があります。一つはオンラインセットアップ、もう一つはオフラインセットアップです。
 このうちオフラインセットアップとは、セットアップに必要な情報を、情報発行元(ORSE、財団法人道路システム高度化推進機構)とセットアップ店との間でFAXや郵送でやりとりするという方法です。車両情報を暗号化した状態でETC車載器にインプットするためには、必ずこの操作を一旦行わなくてはなりません。こうした操作を行うセットアップ店のことを、オフラインセットアップ店と呼びます。
 オンラインでこれらの情報を送受信する「オンラインセットアップ」と比べ、当然、こちらの方が時間がかかります。申し込みから完了まで、およそ1週間程度かかります。
続きを読む


ETC車載器を交換した場合

 ETC車載器購入の際に必要な手続きは、販売店やセットアップ店での新規手続きのみ。個人情報はセットアップでは登録されないので、普通車であれば古い車載器に対して登録情報の消去や登録解除などの手続きは要りません。ただし二輪車用車載器の譲渡や廃棄の際にはバイク用ETCの登録変更/解除の手続きが必要です。
続きを読む


ETC車載器をほかの車両に移したとき

 中古ETCの購入時など、車載器を従来装着していた車両から外して別の車両に取付けする場合は、そのままの状態では車載器を使うことはできません。車載器にはナンバープレート情報など、各車両を識別するための情報がセットアップ時にインプットされているためです。そのため、このような場合には再度販売店またはその他のセットアップ店で再セットアップを施す必要があります。なお、この再セットアップ作業は有料となります。
続きを読む


ナンバープレートなどを変更した場合

 ETC車載器には、セットアップ時に車両を識別するための情報がインプットされますが、この車載器情報の中に、ナンバープレートの情報が含まれています。ですので、転居などの事情によってナンバープレートを変更した場合には、ETC車載器はそのままでは使えない状態になってしまいます。その際には新しいナンバープレート情報を車載器にセットアップする必要がありますので、販売店かその他のセットアップ店で再セットアップの手続きを有料で行わなくてはなりません。
続きを読む


ETC車載器の搭載された車両を入手したとき

 他人からETC付きの中古車を譲り受けたというケースです。この場合は、幾つかのパターンが考えられます。
 一つのポイントとしてはナンバープレートをそのまま継続して利用するかまたは変更するかというものがあります。車載器にはナンバープレート情報がインプットされていますので、ナンバープレートが変更されれば車載器もそれに合わせて再セットアップする必要があります。
 また、自動車の名義人の変更についても、同様のことが言えます。
 総じて有料の再セットアップが必要となる可能性が高いと言えますが、念のために販売店等に相談してみるのが良いでしょう。
続きを読む


ETC車載器の再セットアップ方法:料金は?どこに頼むの?

 セットアップ店登録されている店舗がどこにあるのかは簡単に調べることができます。ただし、ETC2.0/DSRC対応車載器はETC2.0に対応したセットアップ店でないと受付できません。また、来店の際は車載器本体だけでなく車検証と車載器管理番号の控えを忘れずに持参しましょう。
 セットアップの料金は一律ではありませんが、だいたい相場は2,500~3,000円というところです。中には2,000円というお店も現れました。
続きを読む




ETC車載器の選び方

 10を超えるメーカーから発売されていて、機能も価格も様々なため迷ってしまうETC車載器。コスパで選ぶなら3ピースタイプ、使い勝手のよさならカーナビ連動型とタイプ別にそれぞれの特長を紹介しています。
続きを読む


ETC車載器の種類(1) 2ピースタイプ

 ETC車載器には大きく分けて2ピースタイプ、3ピースタイプ、そしてビルトインタイプの3種類があります。
 このうち2ピースタイプとは、最もシンプルなタイプの車載器です。
 2ピースタイプの車載器は、名前の示すとおり、ETC利用のために必要なものが2つの物によって構成されているものです。簡単に言うと、ETCを使うために必要な要素の一つとはETCカードのことですので、車載器自体は一つの装置で成り立っていることになります。
 2ピースタイプの社債きでは、アンテナとETCカード挿入部などの本体部分が一体化しているものです。これをダッシュボードの上にとりつけることによって、ETCを利用することができます。
続きを読む


ETC車載器の種類(2) 3ピースタイプ

 ETC車載器には2ピースタイプ、3ピースタイプ、ビルトインタイプの3種類があります。
 このうち3ピースタイプとは、ETC車載器の本体部分から、アンテナだけ分離したものです。ダッシュボード上の電波状況の良い場所に小型アンテナを取り付け、カードの挿入や操作を行う本体部分は車内のどこにでも置くことができます(もちろん、通常は利用上ETCカードの挿入しやすい場所となります)。
 ETC車載器の本体部分とアンテナ、そしてETCカードという三つの要素からシステムが成り立っていることから、3ピースタイプと呼ばれています。
続きを読む


ETC車載器の種類(3) ビルトインタイプ

 ETC車載器には、2ピースタイプ、3ピースタイプ、そしてビルトインタイプの3種類があります。
 このうちビルトインタイプとは、自動車本体とETC車載器とが販売当初から一体化されているものを指します。車載器の設置場所は自動車メーカーによってさまざまです。
 また、ビルトインタイプも厳密に言えばさらに2種類に分類することができます。アンテナと本体部分が一体化しているものは2ピースタイプ、そしてそれらが一体化しているものは3ピースタイプと呼ばれます。
続きを読む


ETC車載器の種類(4) その他の高機能な車載器

 ETC車載器には、大きく分けて2ピースタイプ(アンテナと本体が一体化しているもの)、3ピースタイプ(アンテナと本体とが分離しているもの)、ビルトインタイプ(自動車本体と車載器とが一体化しているもの)の3種類がありますが、近年ではETC機能だけにとどまらない、さらに高度な車載肝登場しています。特に急速に普及しているカーナビゲーションが備わった高機能な車載器が多く見受けられるようになっているのが現状です。
続きを読む



>>> ETCカードまるわかりガイド のTOPへ
 
Copyright (c) 2006-2017 ETCカードの比較・申込み・割引・取付・お得な情報ならETCまるわかりガイド All rights reserved.